So-net無料ブログ作成

サンデー宮ケ瀬ロングライド(その335) [ロードバイクロングライド]

10日は午前中から用事がありましたが天気が良く、先週と同じく無理やり宮ケ瀬ロングライドを行ってきました。 しかしながら・・・・休みを入れて平均速度20km/hに拘った影響で、完全にマニアックツーリングになってしまいました。

 

区間別平均.JPG
▲このグラフは2013年に区間別の平均速度と平均消費を測定。半年分の結果なので、それなりに
精度はあると思います。この中でヒルクラは600kcal/hr 弱です。今回記録した638kcal/hrは
ずっとヒルクラ並みの体力を支払っていたことにあります。もちろん最高記録です。 

 

1. ソニーNW-ZX100をゲット。

 

年に2回奥様の財布の紐が緩むタイミングがあります。 

私は定額小遣い制には違いありませんが、労働のインセンティブを助長させる奥さんの方策(?)として、年に2回会社から頂く賞与の5%を貰うルールとなっています。 

といいながら、この資金で大きな買い物をした経験がなく、少しづつ貯まっています。

 

しっかりと奥様の収支表には、ボーナス時に(+)として入金され、AMAZON等の自転車用品の買い物はチマチマ、出勤(-)が続いている状態が数年続いています。 最近貯まると、食事や旅行のお金をここから出す時も珍しくなく、ある意味実体のない資金です。これは主婦としての立派な戦略であることに気が付きます。(泣)

 

0000_35℃の東京.JPG
▲7月3日に久しぶりに東京にクルマで行きました。この日は最高気温が都内で35℃まで上昇。
奥さんも私も元都民ですが、「もう住めない」で一致しました。場所は環八の瀬田ですが
この後、この暑さでローディが大森方面に走り抜けます。また・・・刺激貰います。 

 

この資金と自己資金で、F85に替わるカーボンバイクをゲットするべく一時期、マジになって調査したことありましたが、まだ子供に脛を齧られている状態が、あと最低2年続くのと、FELT F85があるのにもう一台買おうなどと言う発想は、家族にないのが現実のようです。

まあ、自分のお金なのに何をしても勝手ですが、内心、無二の戦友のF85を埃を被らせる・メンテ代/自転車用品代が、倍以上になることは間違いなく、自転車以外の楽しみを見つけたい・・・と言う気持ちがあり逡巡しています。

 

0001_F85のドキッとする映像.JPG
▲夏はバイクがある部屋に、布団持参で避暑します。LEDデスクライトで照らされた愛車に
一瞬ドキッとしました。それにしても・・・・ちょっと「危ない」方向です。 

 

そんな中で、このお金をずっと資金として持っていても、墓場に持って行けるわけないので、今年の夏のボーナスは、自転車以外の分野にも投資しようと考えだします。

今までデジタルポータブルプレイヤーは、ソニーのハイレゾウォークマンを使っており、何ら不自由は感じませんでしたが、今回はワングレード上のモノを狙いました。

奥さんは、「エッ、ウォークマンでこの値段?」と絶句していましたが、やっとオヤジの道楽として諦めてくれたようです。

 

0002_A16とZX100の比較.JPG
▲右がボーナスのバックで買ったNW-ZX100のウォークマンです。 左が去年購入したNW-A16
で機器の大きさ・厚みが全く違います。内蔵メモリは32GBから128GBに増量
しており、圧縮したMP3だったら20,000曲ストレージ出来ます。 

 

2015年の4月に買った普及型のNW-A16は、ハイレゾ市場にユーザーを引き付けたきっかけを作ったのが非常に大きいと思います。しかし、ものすごく頑張って音を出しており、まるで機械全体に余裕がない印象で、少し音が貧相だとレビューしています。

また、他のレビュワーも高音・中音・低音が「音が下品であり脳ミソ突き刺さる」印象で、かつ「音が薄っぺら」という市場の評判です。私はもちろん書いていることがわかりません。今回ゲットしたNW-ZX100は、ソニー最高峰ウォークマンNW-ZX1の後継機器であり大型投資です。 

 

0004_NW-ZX100のイメージ.JPG
▲ソニーサイトより引張りました。ソネブロでもお世話になっているのは事実ですが、デジタル
オーディオプレイヤーはウォークマンが2歩も3歩も先んじているのは紛れもない事実です。
アップル社は、i-PODクラッシクを生産中止したようで、その難民がソニーに流れ込んでいます 

 

ソニーのユーザーの囲い込みは姑息な企業戦略でセコイの一言ですが、1980年代から続いている百花繚乱のデジタルプレイヤー市場の先駆者であり、ある意味日本のトップランナーなのです。やはり、音の仕上げは素晴らしい。今回も同じような価格帯のオンキョーの「DP-X1」にも選択範囲でしたが、NW-A16の資産をそのまま使えるので、全く迷いませんでした。

 

0005_ゾクゾクするJPG.JPG
▲この映像もソニーのサイトから引用させてもらいます。ハイレゾに恍惚の表情にノックアウト
喰らいます。ZX100の購入動機が、この写真も要因に入っているのは事実です。(笑) 

 

さらに・・・、ソニーの「あっ、ヤバイ、ゾクゾクする」の広告にノックアウト喰らいます。 女優の松岡モナさんが、夜のネオン街をクルマで颯爽と走り抜けている映像ですが、喧騒の街をシャットアウトしたハイレゾの世界に、まさに恍惚の表情で一点を見つめています。

このポスターで簡単に中年オヤジは「脳ミソ」がとろけ始めます。金曜日に退社後すぐに、横浜ヨドバシに行ってお買い上げです。

 

土曜日は、雨でツーリングは中止となりました。早速、ドキドキしながら開梱し、パソコン内部の音楽ライブラリー1500曲転送しましたが、終わったのが夜中の12時を過ぎていました。

早速聞いてみると・・・前のNW-A16に毛が生えた程度しか音の広がりと言うか深さは感じられません。これには流石に「やらかしちゃったかな~」と深いため息つくも、操作が間違っていないか、ZX100の取扱説明書やネットの記事を読み始めます。

 

原因が直ぐわかりました。 内部のデジタルアンプは、高機能のアナログ機器のため、使い始めは音がこもったり、伸びない可能性がある。 決して故障ではなく本領発揮するまでは、製品個差によりますが、100時間程度のエージング(慣らし運転)が必要とのこと。 

この説明はNW-A16の取説では見ることなく、NW-ZX100で初めて見ました。ZX100が、いかに特別に設計されたか、その一端を触れることができます。

 

0003_金メッキの端子.JPG
▲ZX100の底面ですが、イヤホンジャックが金メッキしています。まさにやる気満々です。
ZX100は重量もあるので、これを落下させて故障すれば大型投資がぶっ飛びます。
一番効果的なのは、ストラップホール(右)で首から垂らすのが一番!!
これでは、「鍵っ子」の小学生ですが、背に腹は代えられない! 

 

100時間はいかにも長く本領発揮するまで最低2か月必要ですが、鳴らし始めて3時間でしょうか、ある曲が始まると、A16とは比較ができないほど、音が広がり深くなっていることに気が付きます。なんというか、高音は伸び・低音は深く沈んでいます。

 

初めてA16でハイレゾを聞いた時以来でしょうか、腕の肌がざわつき始めます。

しばらく、ZX100の音の深さを聞いていました。 クラッシク・ロック・J-POP・ボーカル等のジャンルに得手・不得手はないようです。いつのまにか白々夜が明けてきます。 いつもならこの時間は、自転車走っているのですが、雨が降り続く外を見て安心したのか、少し寝ることにしました。

 

2か月後に何処まで音がグレードアップするのか楽しみですが、机の前にある、ヤマハのハイレゾスピーカーセットがいかにも貧相に映ってしまいます。これも来年のボーナスでグレードアップしたろうか? 

ハイレゾのミニコンを導入したのが昨年9月でした。1年も経つうちに、この結果です。オーディオ趣味の最大の難敵の「さらなる物欲」に立ち向かうには、自転車で走りまくって溜飲を下げるしかありません(笑)。 

 

2. 目を三角に釣り上げた実験ツーリング

 

10日は家族の用事が10時からあるので、とても自転車には乗る状況ではなかったのですが、来週は3連休であり、天候さえOKであればタフルートに行けますので、どうしても少しでも練習しておきたい。 午前3時に出れば、朝の8時には帰れる胸算用です。シャワー浴びて着替えれば、楽勝に10時から出発できます。 少々強行気味ですが、自転車のロングライドを予定に組み込むことにします。

 

2-1. 休憩時間を含めて20km/hの追試

 

今回のツーリングのお題は下記の2点です。

(1) 8時までに横浜に戻る 

(2) 休憩時間を含めて20km/h (先週の追試)

 

休憩を含めて20km/hは、先週24.5km/hを達成しながら、数分の差で失敗しております。 今回、平均速度がさらに上げられことができれば、休憩を3回できますが、向かい風や体調等で平均速度が上げられなかったら、「休憩をすっ飛ばす」作戦しかありません。

 

20160702_ルート図.JPG
▲先週とまったく同じ地図です。 今回かなりバカな結果となりました。しかし、こんなことも
自転車でチャレンジすることができます。 でももう一回やるか?という問いには
「もう、遠慮します」と即答します 

 

100kmを無休憩で走り抜くのはほとんどムリ。 それでも休憩できる時間が取れなければ、最低は宮ケ瀬湖畔のいつものベンチ1回で完走させるしかありません。 

最近、意識して休みをすっ飛ばす傾向が続いていますので、休憩の重要性を再確認するゲーム感覚の側面を感じつつ、ウォークマンの半徹作業が効いて8時半には眠りに落ちます。

 

2-2. 結局休憩1回で走り通した100kmツーリング

 

もう限界の午前2時半に起きます。 ボソボソのジャムパンとアンパンを喰らって眠気を飛ばそうとしますが、できるわけなく、無表情にバイクを担いで静かな戸外に出ます。

空は予報通り星が出ています。 結構空気がクリアーのようで星の数が多いのは、この時期は珍しい。

 

今年の晩秋の目玉と言ってはオーバーですが、宮ケ瀬中央公園で星座写真ツーリングを予定しています。この時は、午前1時ぐらいに出ようと思っています。遅いと、朝の光で星がかき消されてしまいます。 星座写真だけならクルマで行けば十分ですが・・・、バカな企画でも、男の子が一旦決めたことなので、是非達成したいと思っています。

 

0316_独り占めの国道16号.JPG
▲3時16分:西谷を通過しました。街路灯を見ればわかりますが、なんとなく煙っているのが
良くわかります。いつの間にかジトッと湿度が上がり、汗が遠慮なく出てきます。 

 

宮ケ瀬の街路灯もない、真っ暗な道を走り抜ける企画になりますが、今回の宮ケ瀬行きは、「向かい風が強かった」言い訳と、「体調がイマイチ」で休憩をすっ飛ばす作戦を採用。

結果的には100km4時間台で走り抜けることができましたが・・・・、常時無酸素領域の140拍中盤で、ツーリング終了後は歴代一位タイの142拍でツーリング終了です。

下表が、今回のツーリングのデータとなります。平均心拍・平均消費が異常に高い。相当キビシイツーリングでした。

 

表1;今までの宮ケ瀬ツーリングの平均データと今回の比較

項目

距離

(km)

平均速度(km/h)

平均ケイデンス(rpm)

最大心拍

(bpm)

平均心拍

(bpm)

平均消費(kcal/h)

消費カロリー(kcal)

過去平均

101.7

24.10

75

165

131

552

2,333

先週

101.4

24.53

80

171

138

612

2,528

今回

101.7

24.31

80

172

142

638

2,672

 

ツーレポに戻ります。10日は31分に出発。

先ほどの星が多かった空は、いつのまにか薄い雲が出始めており、また湿度もかなり高めの印象で、すぐ汗がポタポタ落ち始めます。 

いつものように国道16号に入りますが、本当にこの時間は車が全くいないということよりも、見渡す限りの独り占め状態で走れる事が出来ます。 しかし、鶴ヶ峰を通過するときは、なぜか霧が深くなります。

 

0338_霧の粒子.JPG
▲3時38分:LEDライトに霧の粒子が乱舞します。手振れで申し訳ありませんが、霧の粒子は
霧雨よりさらに細かい。 体がいつの間にか濡れてきます。

 

神奈川で霧の中を走った経験は、これで2回でしょうか。 かなり視界が悪くなったのでスピードを落としたいのですが、今日はある意味100kmTTが始まっていますので、スピードをいったん落としても、いつのまにかいつものスピードに戻っています。

 

突然読まれている方に質問です。

霧の粒子を見たことありますか? 霧の中を夜間に走り抜けた経験は、自動車や歩行で何回もあるかと思いますが、自転車ではもちろん初めてです。 高輝度LEDライトの光の束で、霧の小さな水の粒子が乱舞しています。

霧雨の半分以下のサイズだと思いますが、何とか写真に収めるべく何枚もシャッターを下ろしますが、既にTTの時計が回り始めているので諦めます。

 

0339_霧が深くなる国道16号.JPG
 ▲3時39分:卸センターの先で撮影。ますます霧が深くなってきました。TTやっている割には
自転車を止めてシャッターを切ります。 幻想的な一枚となりました。

 

霧は町田を過ぎて成瀬まで続きますが、霧の塊が抜けたように、突然視界がパアッと明け、いつのまにか東の空が明るくなってきています。今回は変化の激しさに驚きます。

 

0404_霧がいつの間にか晴れる.JPG
▲4時4分;霧の塊を抜けたのか、いきなり景色がクリアーとなり、東の空が明るくなっています。
この突然の変化に驚きました。 
 
0421_そろそろ向かい風に苦しみだす.JPG
 ▲4時21分;全く車が居ない日曜日の早朝です。土曜日に苦労するより
日曜日に走る方が正解。月曜日が休みになれば最高です。 

 

この辺でマイナートラブルが発生。 無線のスピード・ケイデンスセンサーの電池が弱くなり、いつのまにか「スピード表示」が点滅始めます。 

もうこのサイコンを使い始めて4年目を迎えるはずですが、耐久性・正確さ・使いやすく全く問題ありませんが、いかんせん電池交換後の操作がメンドクさい。 

電池交換するとサイコンがリセット動作に入るようで、継続して使う場合は手続きが必要。 この手続きをしたのが2015年春でしょうか? 分厚い取説通りにすれば簡単ですが、もう覚えているわけありません。

 

0421_平均心拍142拍は新記録.JPG
▲4時22分:平均速度・平均ケイデンスは先週と変わらず。でも平均心拍は
143拍で先週より5拍高い。向かい風と闘っている証拠です。 

 

少なくとも明るくなってから作業するしかありませんが、心静かにこの手順を思い出すしかありません。 国道413号線に入ったところで、電池を交換しますが、なんとか作業もうまく行ったようで、すぐに継続使用可能でホッとします。

 

向かい風が、4~5m/sと強めでスピードが上げられませんが、予定より2~3km稼いでいる感じ。しかし休憩すれば簡単に吹き飛ぶ貯金なので、この前休んだ津久井湖の先のファミマを通り過ぎて、何時もの三ケ木の登りで体調を確認しますが、先週よりスピードが遅い上に最大心拍は同じで、体調・モチベーション共にイマイチの状態です。

 

0423_橋本から東の空.JPG
▲4時23分:朝焼けを望みます。この時よりサイコンのバッテリートラブルが発生。手順を整理します。
高機能はいいのですが、ユーザビリティーがイマイチです。 

 

さすがに宮ケ瀬湖畔では撮影も兼ねて休みたい。 ここまで自宅から50km弱ですが、ここまで走り切ることとします。 少しバテ気味ですが、予定通り鳥居原駐車場に530分前に到着。 やっぱり、いつのまにか登りで貯金を使い果たしています。 

写真を数枚撮って、ボトルのスポドリだけで数分で再出発。 厚木までは下りが続くので、とにかく足を回して平均速度を稼ぐしかありません。 

 

0529_宮ケ瀬湖の遠望.JPG
▲5時29分:宮ケ瀬湖に到着。水不足で地肌が見えますが、相変わらず景色は楽しめます。
 
0529_鳥居原に到着.JPG
▲5時29分:まだ朝日はここまで来ません。それにしても青空が美しい。この鳥屋原で唯一の休憩。
今回は時間との勝負に明け暮れました。 この最たるものがレースやイベントでしょうか?
軟弱モノの私には敷居が高そうです。 
 
0530_奇麗な青い空.JPG
▲5時29分:鳥屋原ふれあいの館の特徴的な建物です。まだ6時前なのでツーリング族、マイカー族
はゼロです。補給することもなく数分で、後半戦の仕事に着手します。 

 

下りでスピードを乗せるには、独特のテクが必要です。 私も下りは得意な方ではありませんが、オートバイ時代に培ったテクがあります。 

視線をバイク元ではなく遠方を凝視することで、カチッとバイクが安定します。 土山峠は速度抑制用道路塗装でガタガタなのですが、できるだけ遠くを見て40km/h以上をキープします。とにかく下りは自転車を安定させ、早めのブレーキと足を止めないことがポイントです。

 

0548_厚木への帰路.JPG
▲5時48分:土山峠への道が力強く伸びています。この橋からの景色は大のお気に入りです。
この後ローディーとすれ違いますが、気持ちよく挨拶貰いました。 
 
0552_向山トンネル.JPG
▲5時42分:向山トンネルで撮影。土山峠は19℃と表示。暑くもなく寒くもなく最高のコンディション
でツーリングが出来そうです。  
 

 2週連続のデジャブよろしく厚木で246号に到着。ここで、4~5kmの貯金がいつの間にかできています。自宅から70km走っていますが・・・ほぼ休みなしで粘っています。 

このまま自宅まで休憩なしで頑張ってみようか!と言う、わけのわからない考えに取り付かれます。

 

0632_国道246号.JPG
▲6時32分:距離計は74kmでおそらく4km程度でしょうか貯金が出来ています。まだ気が抜けませんが
先週休んだ大和のコンビニを飛ばして、そのまま横浜に帰ることを考え始めます。 

 

国道246号は、先週と同じく弱い追い風で、あっという間に30km/hに戻すことができますが、さすがに国道16号に入るぐらいの85km地点では、水分以外無補給で走っているのか、カラダに力が入りにくい。 また大腿に乳酸がたまり始めているのが分かり、リスタートでないのに、ダンシングで気分転換するケースが増えます。

途中、クロスバイクに乗るノーヘルの奇麗なお姉さんに煽られる始末で、それでも自宅前で100kmを通過し時間は754分でした。

 

0754_100km通過.JPG
▲7時54分:100km通過しました。3時1分スタートですから100kmを4時間
53分で走り切ります。 久しぶりに合格貰いました。

 

それにしてもマニアックに攻めただけで、2週連続「安全に帰る」という基本から大きくかけ離れていることに反省。 それでも目の上のたん瘤だった、「休憩を入れた平均速度20km/h」は何とか達成できました。 「よく頑張りましたね、だけど、それってどういう意味があるの?」と聞かれたら。回答は「・・・・・・・」なのは間違いありません。(笑)

 

2-3. 珍記録だらけのツーリング・・・ 

 

まさに100kmTTを行った感覚ですが、今回は休憩1回で走り通した結果となりました。思い出すと右足のクリートを外したのは1回、さらに財布を開けることがありませんでした。 過去のツーリングを思い出しながら下表に纏めてみました。

 

2:過去5年間の珍記録ランキング

 

項目

今回の記録

過去記録

1

ヘルメットを脱がなかった

0

普通脱ぎますよね?

2

右クリートをリリースした回数

1

記録なし。

3

最低金額

0

無銭ツーリングは過去2

4

グローブを脱がなかった。

0

これは、多数あります。

 

No.4は結構経験ありますが、No.2の「クリートつけっぱななし」は経験がありません。

一瞬折角だから、「右クリート解除=0回」をやってやろうかと考えましたが、自転車乗りのピナロ君に話したら、「目が点」になるだけです。もうこのようなツーリング止めようと心に誓います。

来週3連休は、天気がイマイチのようですが・・・、なんとかチャンスをつかんで平常営業のツーリングに戻したいと思います。   

 

・体重データ (体重が0.6kg一挙に減りました。)

体重=74.0g, 体脂肪率=14.0%, BMI=21.2内脂肪=5%

 

・ツーリングデータ(平均消費は歴代一位を塗り替えます。)

距離=101.7km、時間=4Hr11Min、平均速度=24.31km/hr、消費カロリー=2,672kcal平均消費=638kcal/hr、獲得標高=837m最大標高=329m最高速度=54.0km/hr平均心拍=142bpm最大心拍=172bpm平均ケイデンス=80rpm、最高ケイデンス=121rpm


nice!(29)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 29

コメント 8

creeker

今週もロングライドお疲れ様です。
8時までに帰宅するというかなりストイックなライドに驚いております。
この季節の100km走行で「休憩」、「クリート外し」共に1度というところも、大型中年さんのストイックさが想像できますが、自分にはとても真似できません(微笑)
深夜の夜霧もとても幻想的で、思わぬ光景を目にすることも出来るところが自転車の楽しみだと思います。
早朝の静かな宮ヶ瀬湖畔も訪れる価値がありそうですね。

自分もオーディオ好きでしたが、最近のウォークマンはとても高価過ぎて手が出せないです(笑)
まさに「さらなる物欲」に立ち向かうには、自転車で走っているのが心身ともにプラスに働くのでとてもいいことなのかなと感じております。
特に最近は様々なスタイルの自転車乗りが増えている様な気がして、いろいろと勉強にもなります。
今夏は例年と趣向を変えて自転車での遠出を画策しておりますが、候補があり過ぎて悩ましいところです(苦笑)


by creeker (2016-07-11 20:29) 

喫茶こじろう

先の日曜は私も時間縛りがある中でのロードバイクに乗りましたが、大型中年さんのように100km超のロングライドは初めから頭になく無難な近場で済ませてしまいましたので、ブログを拝見して休憩レス&無銭で走破というストイックさに驚きました。まさに100kmTTですね!
霧に咽る市街地も幻想的な光景です。まだ日が昇る前という時間帯ゆえか、こういう景色の中をロードバイクで走り抜ける機会はとても少ないですので。何だかとてもカッコいい一枚だと思いました。
今度の週末は3連休ですが、週間天気が少し残念な感じですので、水不足を解消しつつ、ライド日和になるとイイですね。


by 喫茶こじろう (2016-07-11 23:29) 

大型中年

Creekerさま

いつもコメントありがとうございます。
仰る通り、夜間に霧の中を走ったのは初めてでした。その走行で霧の粒子を見たのも初めてでした。 車や歩きで霧に遭遇したことはありますが、霧雨よりはるかに小さい水の粒がフロントライトに照らされているのを見て、非現実的な気分になりました。 こんな風景にも簡単に出会えるのが自転車の特徴です。
本当に日曜日は、いい歳ながら独りよがりなツーリングしてしまいました。もっと楽しめば良いのですが・・・本当に寂しいことですが、なんか社会から外れるカウントダウンが始まって、ここ最近は自分の体に鞭打つようなツーリングが増えてしまったような気がします。やはり、楽しくなければ自転車ではないので普段営業に戻します。
by 大型中年 (2016-07-13 06:16) 

soraneko

不本意ながら「全天候ロングライダー」の自分は(笑)、霧の中を走ることが多いのですが、この「霧の粒」はハイパワーLEDライトに成って初めて認識し始めたように記憶しています。
最初「あれ、誇りが降ってきているのかな?」と思ったくらいで、とても水の粒という感じがしない、まさしく「ブラウン運動」が目の前に広がっているような不思議な風景ですよね。

そうですか、ウォークマンは完全に復活しているのですね。
昔カセット時代の「ウォークマンPro」に、TDKのメタルテープでメタルボディの「MA-XA」に録音した音を聞かせてもらって驚いた事を思いだしました。
僕も場合予算を自転車に集中させるために、大好きな自動車とオーディオの予算を「諦めた振り」をし続けているのですが(苦笑)、時折抑えている物欲に負けそうな時があります。
道交法も有り、自転車で音楽を聞けない状態ですが、もし「合法的に」音楽が効けるように成ったら、そちらの方に散財してしまうでしょうね。
まあ音楽に集中するのは危険な事には間違いないのですが・・・。
by soraneko (2016-07-13 06:20) 

大型中年

喫茶こじろうさま

いつもコメントありがとうございます。
夜の霧に出会えたのは、まさに偶然ですが、このような光景に出会えたのも自転車に乗って6年目ですが初めてでした。 なんとか乱舞する霧の粒を撮りたくで粘りましたが、いい経験になりました。
しかし、無銭ツーリング・クリートを外さないツーリングなんて私も全く予想しませんでしたが、大腿の筋肉痛が昨日まで引っ張っていたのか、本当にストイックなツーリングで反省です。
次回は、もっと楽に走ろうと思います。走っている5時間は、時間のプレッシャーに晒されながら漕いでいました。 
これってレースやイベントを公道で独りよがりに走っていたという事になります。(笑) やはり、レースに出られるこじろうさんや、SORANEKOさんの精神力には驚いてしまいます。
また天気が悪そうですが、そろそろ通常のツーリングに戻しますが、やはり来週は猛暑から逃げられそうですけど、天気が良い方が良いですね? 本当にどこに行くか悩んでいます。
by 大型中年 (2016-07-13 06:29) 

大型中年

SORANEKOさま

いつもコメントありがとうございます。
私も初めてですが、霧が深く・夜間であること・ライトが明るく/束が集中していることが霧の粒子が見える条件ですね。こんな事、まさに自転車以外考えられないことで、条件がそろったので見えたのですが、本当にラッキーではありますが、それ以上に非日常性を感じてしまいます。おそらく、オートバイでも見つけられるかもしれませんが、人力であり視野が広いのも当てはまったのかと思います。 霧の粒子何て話のネタになることないし、人生1回でも見れるか・・・という感覚で思い出に仕舞っておきますが、他の違った体験を期待しています。 この新しい発見も、自転車にハマッテいる理由かもしれません。
「ウォークマンプロ」という単語に、35年前の学生時代を思い出します。保温等に、カーペンターズやビートルズが歩きながら聞ける夢に時代でした。本当に懐かしいデス。
あの頃を思い出すと、今の高音質環境は100万円投資しても聞けないと思っています。本当にいい時代に生まれました。でも、手軽にすばらしい環境を手中にできる反面、霧の粒子に驚く二反性が、今ハマッテイいる趣味の側面ではないかと思います。 

自転車とオーディは、日本では相反するのが残念ですが・・・、SORANEKOさんのアップしたアイデアで、ハンドルにFMラジオを固定し、トランスミッターで曲を飛ばすアイデアを、かっぱらおうと思いましたが、「変なおじさん」になりそうなので止めました。(笑)

by 大型中年 (2016-07-13 19:48) 

fullcon

エージング、、、
昔、システムコンポのスピーカーを新調した時に
ラジオのチューニングをずらして砂嵐音を鳴らし続けて
5日間で終えた思い出があります。
by fullcon (2016-07-14 16:51) 

大型中年

Fullconさま

いつもコメントありがとうございます。
そうなんですか、砂嵐音でエージングが行けるのですか? なんでもならせばいいのかと思っていましたが意外でした。
しかし今度のウォークマンは、FMラジオを撤去してしまったので、地で聞くしかなさそうです。100時間と言うと、毎日30曲を2時間聞いたとして最低2か月ですか? 
聞いていない時も鳴らす方法はありそうですが、やはりずっと聞いていたい。その時は、もう耳が鳴れていそうです。気長にやるしかありません。(笑)
by 大型中年 (2016-07-14 20:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。