So-net無料ブログ作成

宮ケ瀬~厚木ロングライド(その334:闘った残り5km) [ロードバイクロングライド]

2日は出勤の可能性が強かったのですが、金曜日に頑張って土曜日は休みにし、霧雨の宮ケ瀬ツーリングをしてきました。距離が少し短いファンライドなコースなので、ツーリングテーマを決めます。①膝痛が再発しないか、②休憩を入れて1時間で20km走り切れるか、がお題目でした。 結果、前者は合格・後者は不合格でした。 

 

1. 正しいクリートの位置を初めて知る?

 

クリートの位置は、今まで5年間あまり気にすることありませんでした。

持っている知識は、母指球に通る線の中央にクリートの中心を合わせるのが正しい位置と言う事ぐらいでした。

 

20150715_MMの夕焼け.JPG
▲2015年7月15日:夕焼けのMMです。今回写真が少ないので、過去の
写真で埋め合わせします。 ビルに映る夕焼けがきれいです。

 

この位置を全く無視していたわけではありませんが、実際、どちらかと言うとクリートがキャッチしやすいビギナーズ特有な考えで決めていました。 それを決めてから4年以上、ほとんど変えませんでした。 

今回は膝痛の再発対策のため、目いっぱいカカト寄りにセットしました。 これで、クランク中心から踏み込みの距離が数ミリですが短くなり、トルク型より回転型とすることとなり、膝への負担を減らすのが目的でした。

 

表1;今までの宮ケ瀬ツーリングの平均データと今回の比較

項目

距離

(km)

平均速度(km/h)

平均ケイデンス(rpm)

最大心拍

(bpm)

平均心拍

(bpm)

平均消費(kcal/h)

消費カロリー(kcal)

過去平均

101.7

24.10

75

165

131

552

2,333

今回

101.4

24.53

80

171

138

612

2,528

 

恐らくクリート移動量はせいぜい5mm位だと思いますが、カカト寄りに移動したのが要因となったのか、平均ケイデンスが一気に5rpm上がったのは驚きでした。 

私の場合、平均ケイデンス80rpmと言うと、街中ライディングでたまに出すぐらいで、少しアップダウンがある宮ケ瀬ルートでは、上表のように70の前半が平均でした。

 

今回は別の理由で平均速度と平均消費上がったのですが、これはこれで置いておき、心配だった膝痛の再発はありませんでした。 自作スペーサーで脚のカント角の修正・クリートの位置修正は良い結果となったようです。また来週から、山岳タフルートに戻ることが出来そうです。

 

 

クリートの位置.jpg
▲図はNETから拾いました。頭に入っていたものの、実際
位置調整などしたことなく、4年間走っていました。今回の
調整で、この中心位置に近づいた印象でした。

 

上はクリートの正しい位置図ですが、下図のように、母指球・子指球の中心とクリートのセンターが合っている状態が教科書の内容です。 しかし、これだと結構、調べるのが大掛かりとなるので、私のようなモノグサには、メンドクさそうな作業に映ります。

 

下記の寸法表は、スペインのプロチームの指標です。 男性誌の「ターザン」のバックナンバーで自転車特集をやっており、ここより引用させていただきました。 これだと一発で位置決めできるので非常に分かり易い。 しかし、正確に測るためには、ノギスが必要です。気になるので100均やホムセでないか探してみましょう。

 

クリート位置図解.JPG
▲この写真もNETから拾います。A寸法を合わせるだけなので
この指標は非常に分かり易い。SPDペダルも共通です。 

 

表2;A寸法(つま先からのクリートの後退量)の最適値

靴のサイズ

(cm)

24.0

25.0

26.0

27.0

28.0

29.0

30.0

A寸法

(cm)

10.9

11.2

11.5

11.8

12.1

12.4

12.7

 

私はバカの大足で、28.5cmあります。

ノギスでないので完全に目分量ですが、早速コンベックスで測ってみたところ、12.4cmでした。

この指標では、今までのクリートの取り付け位置が「前過ぎ」だったようで、今回の位置の方が正しそうです。

靴がデカいので、クリートの穴の中心で簡易的に合わせれば、位置が前過ぎるという当たり前の結論になり、平均ケイデンスが上がらない理由がこれでも説明できました。ある意味、今回の膝痛トラブルが生んだ怪我の功名です。

 

5月のステム長を30mm近く変更・今月のクリートの位置の修正と言い、仕入れた知識で追い込めば追い込むほど、新たな発見ができるのが驚きでした。この位置で走りまで変わるのか?少し楽しみではあります。

 

2. 結構頑張った宮ケ瀬ロングライド

 

最近は120kmに取り組んでいるせいか、何やかんやいろいろなコースを追加しております。 純粋に、ピッタリ100kmのホームグラウンドコースを走ったのは201411月が最後で、1年半ぶりでした。 3日の日曜日は、家族の用事で東京に行かなければならないので、膝痛の様子見を兼ねて、少し負荷を下げたルートとしました。

 

20160702_ルート図.JPG
▲今回のコース図です。獲得標高870m・距離はピッタリ100kmで私のホームコースです。
最近色気がついて、いろいろなオプションを追加していますが、このコース図通り走ったのは
1年ぶり以上たっていました。 

 

今回は曇り空もありますが、かなり漕ぎまくりましたのでSHOTが少ない。 そこで、BLOG選ばれなかった過去の数枚をUpし、申し訳ありませんが「その場しのぎ」いたします。 次週はもう少し頑張って撮影します。

 

(1) ピナロ君との久しぶりの自転車談義

 

先週金曜日は、土曜日の出勤を避けるべく・・・すこし頑張って会社に残り、なんとか書類を仕上げて会社を出たのが10時前でした。家に帰るのは11時は軽く過ぎますので、明朝の3時起床は諦めています。 

帰る時に、「ピナレロ・ドグマ」に乗る、我が課のホビーレーサーの「ピナロ君」と久しぶりに自転車談義を楽しみました。

 

20141218_直江津の朝.JPG
▲2014年12月18日:昨日は横浜で30℃超えましたが、それ以上に暑く感じました。
日本海側の直江津に出張に行ったときの冬景色ですが、その寒さが通じれば・・と思いつつ
アップしました。 雪国は雪が積もっても交通機関は遅れることない。やはり雪に強い! 

 

 〇ピナロ君:「大型中年先輩、金曜日はいつも早く帰るのに珍しいですね。明日はロングライド行かないのですか?」(内心:ちょっと「グサッ」とした内容にイラつきながら、『いい加減KY止めろよ。また○○先輩と言う言い方、何とかならないの?』)

●私:「明日出勤したくネ~から頑張ったんだよ。ピナロさんも早く帰れよ!」(会社では、「君」と呼ぶのは禁止事項。すぐ「君」と言ってしまう「あぶね~」)

〇ピナロ君:「ということは、またどっか走るんですか? 朝早そうですね!」

(内心:朝早いのは、「中年は遅いから」と言うニュアンスを少し感じイラつく。)

●私:「5時に出る予定だよ。ところで、休憩込みで1時間20km移動は、ピナロ君は簡単に達成できそうだね?」

〇ピナロ君:「センチュリーだったら8時間以内ですか。田舎道だったら楽勝ですね。でも街中は難しいと思います。」(内心;かわいい部下ですが、何で自転車の話になると、こうも「敵対心メラメラ」になるのか理解できない。)

 

20150506_馬堀海岸夜明け.JPG
▲2015年5月6日:馬堀海岸より朝焼けを見ました。 海面の色が何とも言えず美しい。
そういえば最近朝焼けツーリングに行っていません。日が短くなる秋以降のお題目にします。 

 

彼は、最近、高価なカーボンホイールを新調したそうです。 ブランドと価格は不明ですが、Wiggle60%のディスカウントだったようで、「我慢できなかった」と言い訳してました。

それならば「フルクラムレーシングゼロ」が余っているはず、でも・・・これを、下手に出て「安く譲ってくれ!」とは、口が裂けても言えませんでした。(笑)

私の物欲は、彼の足元にも及んでいなそうで少しホッとします。

 

(2) 出発してから5時間に挑戦した100km

 

2日の起床は明らかにピナロ君との会話が頭に残っていました。 

本来リハビリツーリングのつもりで100kmの楽なコースのはずでしたが、膝に問題なければ、くだんの「休憩込みの20km/hr」にチャレンジしようと思いつつ11時半過ぎに就寝します。 

 

目覚ましは4時半のつもりでしたが・・・・、またもやってしまいました。

3時半には起きてしまいます。まだ目覚ましが鳴るまで1時間ありましたが、目が爛々と輝き、頭がスッキリと冴えわたり、「ヤル気」はガチ盛りで寝てられません。

これでは、睡眠時間は4時間ですが、もう構いません。 我が課の若きホビーレーサーのピナロ君に挑戦状を叩きつけるべく、自宅を出たのは4時でした。

 

0403_出発.JPG
▲4時8分:手振れで申し訳ない。枚数が少ないのでアップしてしまいます。ケイデンスを 
少しづつ上げてみましたが全く膝が痛くなったり、引っかかったりすることありません。

 

本来は、膝の調子・新しいビンディングペダルの使用感・クリートの感覚を掴む仕事がありますが、9時までに100km走ってやろうと・・・、すぐダンシングでスタートします。

スピードが、ありがたくも、すぐ乗ってくれました。2週間のブランクは関係なさそうです。

 

環状2号線の長い下りで、本日の最高速の55km/h出します。

最初は恐る々々漕いでいますが、この日の最高ケイデンス110rpmに回しても、膝の痛み・引っ掛かりは全くなく、何時もの調子で暗いスロープを下りることができます。 

後は登りで踏み込んでいる時に問題あるかどうかですが、これは津久井湖の先の三ケ木の登りで判断できそうです。 

 

私の経験で、「平均速度を上げるには、平地の頑張りは必須ですが、下りでも足を止めないこと!」です。この下りのペダリングで大分違うと思います。 西谷から国道16号に入りますが、今回は環状2号線の下りで、足を止めなかったせいか25.0km/h台をキープ出来ています。

この数字を見て、向かい風がなければ、十分に24.0km/h台でツーリングが終わりそうです・・・と簡単に予想できるぐらい、宮ケ瀬に何十回も通っています。ここは、本当にリラックスでき、空気が淀んでいますが、自転車に乗っている喜びさえ感じます。

 

0513_ケイデンス83.JPG
▲5時13分:途中サイコンのチェック入れましたが、平均ケイデンスが「83rpm」と出ています。
これは私の最高記録で、思わず撮影してしまいます。結構普通にペダリングしているつもりでしたが、
脚が良く回っているという事でしょうか? とにかく驚きです。  

 

国道16号の相模大野を通過し、普通だったら交通量増える鵜野森を通過しますが、まだ5時くらいなので全く交通量はなく、北東の向かい風以外は極めて順調です。 

 

相模原市で、平均速度・平均ケイデンスをチェックするため信号待ちでサイコンをチェックしたら「83rpm」と出ています。 この数字には驚きです。東京行きのベタフラットルートで、平均ケイデンスは80rpmを出すことはあっても、プラス3rpmは驚きです。

ケイデンス数を上げる目標はないものの、クリートを数mm動かすだけで、すぐ大きな違いを生むことに、今更ながら驚いてしまいます。

 

0513_この後霧雨.JPG
▲5時13分:交通量がない国道16号線です。しっとり霧雨が降っており、湿度がかなり
高めで、結構汗がポタポタ落ちてきます。その気持ち悪さより、脚が良く回っている
事実に驚きます。やはりクリートの位置はキチンとすべきでした。

 

クリートの位置は、どちらかと言うとキャッチしやすい・しにくいで決まっていたのは前述のとおりですが、先週交換した新しい105ペダルは、モデル名の末尾に「-LA(ライトアクション)」が追加されております。

その名のとおり、前モデルよりキャッチ域がすごく広くなった印象で、クリートの位置変更は全く関係なくキャッチ動作は全く問題はありません。

きわめて順調に橋本を通過し、国道413号線に入りますが・・・・、まだ霧雨が止みません。湿度が結構高いようで、23℃ぐらいの快適な温度でありますが、上半身はしっかり汗まみれになり、アゴから汗がポタポタ落ちます。

 

30km以上で走っていますが、20km/hrが念頭にあるので休みを飛ばします。

平均心拍も普通だったら130拍付近のはずですが138拍です。この数値だと、丁度無酸素運動領域に差し掛かる数値ですが、今回は無視することにします。どこまで持続できるか楽しみです。 

自宅から41kmの津久井湖の先のファミマで休憩。ここでバナナとカフェラテを補給しますが、イートインコーナーがあり、遠慮なく膝に休憩を取ってもらうことにします  

 

0545_第一休憩地点.JPG
▲5時45分:自宅から41kmで休憩。 1時間45分で41km走っているので15分早い。なので、
イートインコーナーで脚を休ませることとしました。 このツーリングはサイコンより
腕時計をストップウオッチ替わりで何回もチェックしていました。 

 

三ケ木の登りは、11~12km/hでいつもよりちょっとだけ速い印象。 

それにしても、まだ6時過ぎたばかりで全く交通量がないので本当に助かりです。

しかし、行く手の宮ケ瀬方面は厚い雲が流れており、霧雨がねっとり体にまとわりつく不快感を感じんながらペダリングしますが、とても写真を撮影する気持ちが起きません。

 

0631_宮ケ瀬湖到着.JPG
▲6時31分、宮ケ瀬湖に到着。地肌が結構見えると思いますが、普段より2~3m水面が低い。
貯水率は何%かわかりませんが、やはり今回の梅雨は雨が少ない印象。 

 

宮ケ瀬湖には6時半に到着。 いつのまにかしつっこかった霧雨は上がり、気にしていた膝痛は全く起きることありませんでした。 3年前と同じで自前の対策が効いてくれたようです。 

いつもの鳥屋原のベンチでコンビニスイーツと缶コーヒーを補給します。写真のように宮ケ瀬湖の湖面もいつもより2~3m低い印象で、やはり東日本はどこも水不足のようで、今年の夏は先行き不安です。

 

0631_宮ケ瀬の山々.JPG
▲6時32分:雲が厚くドス暗い天気で撮影が進みません。そういえば、この日は土山峠を越えても
ローディーに出会いませんでした。 鳥屋原駐車場にはポツポツと、ツーリング族が来ています。
自分も同じだったのですが、オートバイライダーはなぜ自車の傍を離れないのか不思議です。 
 
0633_軽く休憩.JPG
▲6時33分:久しぶりのコンビニスイーツをいただきますが・・・、奇を衒った
商品だと思いますが、口に合わず急いで胃に入れます。やはりスイーツは
シュークリームのような定番商品がおいしい。 
 

トイレにも入らず、すぐに再出発。 

時刻は6時半で、距離は50kmに足りず49km1km不足しています。

別にサボっているわけでないので、やはり市街地を含むと、ピナロ君が言うように難問であることを再確認します。

しかし、ここから下り基調になるので、何とかなりそうですが、月曜日の話のネタ目的ですが、後半も気合入れなければなりません。

 

宮ケ瀬中央公園の駐車場もパスし、後はそのまま自宅に戻るつもりで漕ぎますが、厚木からの国道246号からは軽い追い風にアシストしてもらい、スピードは30km/h~32km/h程度で巡行できます。

私はレースには関心がないのですが、今回は、心拍数でなく腕時計を見ながらペースメークしており完全に違和感だらけです。 しかし、大汗で到着した大和の手前で、さすがにバテ気味で休憩をしました。 塩パンを補給してレッドブルで景気づけし、急ぎ気味で元気よく漕ぎ出したのですが、この5~6分が後で響きます。

 

0732_ガラガラの246号.JPG
▲7時32分:厚木でガラガラの国道246号に到着。自宅から3時間32分で72kmです。下りなのに、サボ
っているわけでないのに3km遅れている。しかし追い風がアシストしてくれたので30km/h以上で
流せます。 何とか取り戻さなければ!
 
0824_魂込めて帰路.JPG
▲8時24分:私も「魂込めて」帰還中です。看板に力を貰います。(笑)
しかし、現実は4時間近く気を詰めているので、チョット疲れ気味です。 
 

結構、余裕で終了するはずでしたが、二又川の先で時計は910分前で95kmを通過。

という事は・・・、残り5kmAVE30km/hで維持することが必要です。さすがに、これはムリです。 
しかし、出発が
45分だったらとしたら合格する可能性があったので、諦めず必死に攻めます。 
信号のつながりもよかったのか、
92分で100km達成します。

 

0902_100km地点.JPG
▲100kmは9時2分に通過しました。非常にビミョウな時間帯です。残り5kmは
ゴールスプリント状態でした。赤信号に止められるのと・・・イラつく場面も
ありました。(笑) 

 

自宅でサイコンをリセットして詳細なスタート時間を調べますが・・・、残念ながら「358分スタート」だったので、4分足りませんでした。

やはり大和の休憩が余計でした。しかし、あれで休んでいなければ、95km以降はヨレヨレだったと予測され「痛しかゆし」です。 アップダウンコースを「休憩込みで20km/h」を達成するには、100kmを休憩2回以下で乗り切る体力とテクが必要なようです。 連敗続きですが、諦めず再挑戦です! 

 

0908_自宅前休憩.JPG
▲9時5分:自宅前の自動販売機で清涼飲料水を一気飲みです。こんなことに血道上げられるのも
本当にお気軽な趣味で日本は平和です。来週は通常モードでツーリングを計画します。 

 

100km以降は自宅までの数kmは、スピードを落としてトロトロ走りました。

こんなことで、子供のように血圧をあげて挑戦した20分を考えてみると、「自転車は何時でも子供に戻れることができる趣味」という場違いな事を考えつつ98分に自宅に到着。 これはロングライドをこなして最も早い帰宅時間でした。奥さんは、まだベッドの中でした。(笑) 

 

・体重データ (体重がまた74kg台に戻ってしまった。)

体重=74.4g, 体脂肪率=13.6%, BMI=21.3内脂肪=5%

 

・ツーリングデータ気を抜かなかったせいか、平均消費もトップでした。

距離=101.4km、時間=4Hr8Min、平均速度=24.53km/hr、消費カロリー=2,528kcal平均消費=612kcal/hr、獲得標高=837m最大標高=329m最高速度=55.9km/hr平均心拍=138bpm最大心拍=171bpm平均ケイデンス=80rpm、最高ケイデンス=110rpm


nice!(28)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 28

コメント 10

喫茶こじろう

この土日は風が強くて暑かったですね。ロングライドお疲れ様です。クリート位置はワ〇ズロードで数年前に受けたフィッティングの結果を頑なに守っていますが、ローラー用に履いている古いシューズではアレコレ調整しまくっており、なかなかスウィートスポットが見つからない状況です。サドルやハンドルなどの周辺パーツにも影響が及ぶため、難しいところですが、先月号のサイクルスポーツによると「もっとも気持ちよくクランクを回せる位置」がその人に合っているとの解釈も出来るようですね。

それにしても宮ケ瀬まで走られて9時頃には帰宅されているタイム管理はお見事の言葉に尽きます。気温30℃を越えた真夏日ライドを今日してきましたが、今年一番の暑さにカラダが適応できず、道中半ばでもはや熱中症に近い状態でしたので、大型中年さんの時間帯までは行かずとも、あと2時間くらいはコアタイムを明け方よりにシフトしていかないと、この先2ヶ月程度は勾配よりも気温によって苦悶することになりそうです(苦笑)
by 喫茶こじろう (2016-07-03 23:13) 

fullcon

心拍数で体調が分かるようになったのは、
自転車を始めてからの恩恵ですね♪

これからの季節は熱中症の対策と水分補給が
思考の大半を占めますね。
by fullcon (2016-07-04 08:01) 

やまちゃんず

大型中年さん

宮ヶ瀬ライドお疲れ様です。
私も最近は朝早く目覚めるようになりそのメリットはこの暑い時期には凄く有効です。
9時には自宅到着となれば、家族サービスもその後対応可能ですから、私も見習おうと思います!!
by やまちゃんず (2016-07-04 17:15) 

soraneko

クリートの位置は前に行ったり後ろに行ったりこれという定番の位置を未だ見つけ出せない感じです。
春先の頃に長距離向けにやはり回転方向に向けてセットした物が今のところ一番「問題が少ない」というだけで、パフォーマンス的に?でした。
夏から強度を上げて走り始めましたからまた違う方向性を試してみたいと思っています。

昨日久しぶりにHRセンサーを付けて、サイコンとニラメッコで走りましたが、やはり数字は正直な物で、目標に届かないと気に入らないとばかりに頑張れるものですね。
しばらくは、この正直なデータをしっかり見据えて秋に向けて出来るだけの事をしておこうと思います。
by soraneko (2016-07-04 19:06) 

creeker

早朝からのロングライドお疲れ様です。
「ヤル気」はガチ盛りで寝てられません・・というフレーズ、この様な時は自分もまれにあるのですが、何かに挑む時はこうした意志の強さを信じて動き出すことが効果的で良い結果に繋がることが多いと思います。
クリートの位置については、とても参考になります。
ロードバイクは本当に奥深さがあり、ホビーライダーの自分も次第にこだわりを持とうと最近思うようになりました。
自身も右膝痛が少しあるので、やはりクリートの位置を見直した方が良さそうです。

宮ヶ瀬湖の水位も写真を見るとかなり少ないようですね。
朝霧に包まれた宮ヶ瀬湖の写真はまさに丹沢の森を連想させますね。
それにしましても、朝9時にロングライド完了されるとは私にとって異次元の世界に感じますが、昨日猛暑日の午後にヤビツ峠をアタックして、これから猛暑の夏場は早朝ライドがいいのかもしれないな~と、実感してしまいました(笑)
by creeker (2016-07-05 00:05) 

大型中年

喫茶こじろうさま

いつもコメントありがとうございます。
クリートの位置は、数ミリでしょうが動かしただけで、プラス5rpmも回ってくれたのは驚きでした。以前は、明らかに90回転は「急いで漕いでいる」という意識が高かったのですが、特に何も考えることなくフツーに回してただけですが、上がったのは驚きました。 
この位置が、ペダリングのスイートスポットかどうかわかりませんが、何ら問題なさそうなので使い続けようかと思っています。 
前のクリートの位置は、キャッチしやすさで決めていたのですが、今回は全くキャッチしにくいという事はなく、新しいペダルの性能に助けられてラッキーでした。 でも、自転車を乗らない人から見たら、まさに求道の世界ですね。
しかし結果的に条件がそろったので、ポジショニングを突き詰めることよりも、最近在庫が無くなりつつあるコースの開拓に入るべきでしょうか? 自宅が保土ヶ谷なのを利用して、奥多摩のエリアを頑張ってみようかなと思っています。来週は、今から天候が気になっているのが正直なところです。
by 大型中年 (2016-07-05 21:59) 

大型中年

Fullconさま

いつもコメントありがとうございます。
心拍計は自転車にのめり込むきっかけを作ってくれた大事なツールです。また、このおかげで、卒煙も達成できたので本当に感謝したいです。
会社でも、ボチボチ自転車の広がりは見せているようですが・・・、すこし投資していただき、心拍計をハンドルにセットしてもらうと、ハマるライダーが増えそうです。
by 大型中年 (2016-07-05 22:00) 

大型中年

やまちゃんずさま

いつもコメントありがとうございます。
朝早く出発するメリットとデメリットを冷静に書いたことありますが、「メカトラ起こすと暗いのでお手上げになる」事、また、そもそも「道が暗いので安全でない事」、さらに「走ることばかりに特化すること」だと思います。 しかし休日が倍になるメリットは大きいデス。 
さらに、横浜のど真ん中のライダーなので、クルマがいないという点が大きいです。 気が短い性格なので、渋滞が嫌い・ギリギリ抜いていく車が怖いのも大きな理由となっています。
どっちが正解なのかわかりませんが、いつのまにか、このペースは1年半以上続いていますので、朝辛くない限り、これからも続けようと思っております。
by 大型中年 (2016-07-05 22:02) 

大型中年

SORANEKOさま

いつもコメントありがとうございます。
ポジショニングの事は、理論がないだけ何が正解かわかりませんが、少なくとも私のよう間違った位置で長年漕いでしまうと、どんどん悪癖が助長される悩ましさはありますが、なにが間違いで・正しいのか?ある意味正解がないのが自転車のポジショニングのようです。また、いろいろと試しても、その状態で漕いでいる人間が慣れてしまい、そのうちカイゼンすることさえ忘れてしまうのが・・・私のケースでした。
しばらく、クリートはこの位置で走って見ようかと思いますが、また新しい発見が生まれることを、少し期待しています。

また、書かれている数字のことですが、私は数字ばかり追いかけているところがあります。やはり、①一人で走っていますので、完全に我流、②依然として自転車には確固たる自信がが全くない、そして③ゲーム感覚でツーリングできる・・・の3点です。 
でも頭でっかちになるきらいがあり、コメンテーターになってしまうところがあります。
やっぱり自転車は走ってナンボですので、このような数字の世界と、気合入れて頑張る世界、自転車を楽しむエリアをバランスよく配置していきたいと思います。
by 大型中年 (2016-07-05 22:04) 

大型中年

Creekerさま

いつもコメントありがとうございます。
クリートの件は、今までが間違っていたという時間はなく、さらに快適なポイントが見つかったという感触です。 私も拘るべきかと思うのですが・・・残念ながらこだわりを持つくらいの理論・いい悪いの判断ができないので、結局、改善が出来ないまま時間ばかり過ぎていくような気がします。 
まあそれでも、自転車で走ることが楽しければそれはそれでいいだろうと思います。 今回たまたまステムの長さ・クリートの位置を勉強させていただきましたが、F85で大きく改善する余地はあまりなさそうな気がします。
でも、現実を考えれば、物欲を働かせてどんどんパーツを入れ替えて最適化できる身分でもありませんし、やはりできることはルートラボを引っ繰り返して、どんどんアイデアタップリのルートを探すことが一番の仕事かな?と思っています。 

また、朝早く起きることがストレスにならないのであれば、一度早朝の気持ちのよい時間帯を走って見てください!(笑)
しかし、御存知のように、私は夏ばかりでなく冬もヘッチャラになっちゃいましたが、早朝出発一辺倒なので、楽しみがドンドン狭くなっていく一抹の不安がありますが、当分このペースを続けます。
by 大型中年 (2016-07-05 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。