So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今週のメッセージ

1月7日、13日は寒さでロードバイクには乗りませんでした。サボりグセが付く前に宮ヶ瀬湖に行ってきました。
20170603_ルート図.JPG

今回のコース図です。距離は102km、獲得標高は800m超ですが、やはり気軽に行ける貴重なツーリングルートです。
前の10件 | -

17日ぶりの宮ヶ瀬ロングライド(その404) [ロードバイクロングライド]

気温が氷点下になった時は、流石にロードバイクでツーリングはやめるルールです。

7日と13日そんなの無視して、出れないことはなかったのですが、結果的に布団から抜け出せないという情けない状況になりました。

 

21日も同じ状況に成りかかったのですが、今度はキッチリ起きれました。

しかし、完全に「無理やり」モードが抜けず、睡魔バリバリで被害者意識さえ出てきます。

でも昨年末から続いている体重増の強迫観念と、1月は107kmしか走っていない自責の念が強く、さっさとローディールックに着替え、冷え切った菓子パンをボソボソ喰らいます。

 

21日は曇りの予報です。東京南部ツーリングを考えていましたが、写真撮影は少なそうなので、定番の宮ヶ瀬ツーリングでお茶を濁します。ツーリングお題は無理やり考えて、100km9時台に終わらすことと、ナイト撮影としますが、「早く終わらせてやろう」の意識が完全に強く、3時半に出発します。

 

走り出して30分ぐらい、完全に勝ち盛り冬装備で出発しましたが結構暑く、ウインドブレーカー・真冬用グローブを脱ぎます。最低気温は3℃だったのでそうでもなかったと思いますが、身軽になるとペダリングも軽くなります。

 

0415_環状4号線.JPG
▲4時15分:瀬谷区の新しくできた環状線の奥は漆黒の闇ですが、街路灯フェチの私は、
その雰囲気を感じて撮影します。

 

昨年の膝痛で我慢のツーリングを続けたわけですが、この副産物として明らかに平均スピードがガタ落ちに苦しんでいます。前だったら28~30km/hの巡航スピードが、膝痛後は25~28km/hに落ちています。

このスピード差を埋めるには一段高い負荷が必要です。

経験上、この負荷でロングライドを続ければ、終盤は間違いなくヘロヘロになるのが目に見えています。

 

0437_町田でナイト撮影.JPG
▲4時37分:相模大野で撮影。これはツーリングお題の1つで、車のライトの軌跡を長く
引っ張った写真が撮りたかった。撮影設定に苦労しましたが20秒露出させました。

 

もういい加減ロードバイクで飛ばすトシでもないという言い訳、自転車パフォーマンスの劣化、膝痛の副産物・・等々、自問自答を繰り返しているツーリングが半年以上も続いています。時間が経てば、身の丈に合ったペースを探すはずですが、もうちょっと反抗したいのが正直なところです。

 

510分過ぎに津久井湖を通過しました。横浜を出て40km手前。そろそろ休憩に入ります。

休憩はイートインコーナーのあるコンビニが多いのですが、この時間のイートインコーナーは、椅子を撤去したり、立入禁止としたりクローズしている場合が多い。

理由は簡単で仮眠所として扱う輩が多いからです。でも、今回はキチンと椅子に座って食事ができるコンビニに入れたのはラッキーで、屋外の寒空の下、熱いコーヒーを啜るのとは大違いです。

 

0551_情けない補給.JPG
515分:イートインコーナーのあるコンビニでホッとします。この日は甘いものが、
欲しくて「シュークリーム」、何故かガチ走行系の「裂けるチーズ」を補給します。

 

思わず手を伸ばした「裂けるチーズ」を食らったのは失敗でした。

再出発後の宮ヶ瀬への上りで、胸焼けが止まらず、思わず太田胃散を飲んでスッキリさせます。 

そろそろ標高が上がってきたのか、寒さが身にしみるようになったので脱いでいたウインドブレーカーと厳冬季用グローブに再出馬願い、トロトロと宮ヶ瀬湖に向かいます。

 

0656_宮ヶ瀬中央公園.JPG
656分:予定より30分以上遅いペースで、やっと宮ヶ瀬中央公園に到着。この日は曇りで
朝焼けもなく、まさに証拠写真を撮影しました。

 

宮ケ瀬中央公園が目的地となり、後は帰るだけです。

お楽しみは、持ってきた「きんつば」と、温かいお茶で風景を楽しみますが・・・やはり誰も居ないし、ひたすら寒いだけの宮ヶ瀬湖です、そそくさと再出発します。

自宅には50kmぐらいの残距離ですが、3時間あるので、サボらなければ第2お題は成功しそうです。

 

0710_厚木方面.JPG
710分:土山峠から厚木方面を見ます。このレイクサイドは大好きな道です。ただし神奈川県は
この様な開放的な道は連続していません。多くのライダーがこの短い絶景ルートを求めて、
街中ライディングを続けていることに気が付きます。
0717_向山トンネル.JPG
717分:向山トンネル内部です。なんでここで撮影? 回答は簡単で、寒いので
チョット一息ついたのが理由です。(笑)

 

 

土山峠からの下りに入り車速がグッと上がります。これは、ダウンヒルだから当たり前だろ!と怒られそうですが、長く自転車に乗っていると足の踏み込み具合で、スピードの乗り方が、感覚ですが出来ています。尾崎バス停でやっと調子が戻ってきたのがわかります。

 

0801_国道246号.JPG
81分:厚木の国道246号に合流します。反対車線は車で山盛りの朝のラッシュアワーが
始まっています。コレに出くわすのが嫌で、深夜出発が始まったとも言えます。
0802_国道246号厚木.JPG
82分:さあ自宅まで30km弱です。10時前には到着できそうですが・・・ちらりと覗いた
青い空を見ると勇気が戻ってきます。

 

自宅には9時半に到着。まだごみ収集車が来る前の時間帯で、100km走り終わった満足感を久しぶりに感じました。 今度の土日も気温が低そうですが、これで1月は月間ノルマ距離の半分です。なんとか走り出そうと思います。

 

・ツーリングデータ(120日)

距離=102.89km、時間=4時間38、平均速度=22.21km/h、消費カロリー=2,829kcal, 平均消費=610kcal/hr獲得標高=830m, 最大標高=320m, 最高速度=49.8km/h、平均心拍=134bpm, 最大心拍=159bpm, 平均ケイデンス=77rpm、最高ケイデンス=106rpm


nice!(31) 
共通テーマ:健康

スーパームーンの月明かりの三浦一周ロングライド(その403) [ロードバイクロングライド]

明けましておめでとうございます。新しい年が健やかで飛躍の年になるようお祈り申し上げます。 当BLOGへのご愛顧並びにご支援は旧年と変わらぬよう、くれぐれもよろしくお願いいたします。

 

今年最初のツーリングに行きました。

場所は三浦半島一周です。このツーリングのお題は・・・スーパームーンでの鎌倉由比ガ浜での撮影にあります。 スーパームーンはご存知だと思いますが、知らない方のために再度紹介します。月の軌道が地球に最接近し、月がいつもより1.1倍程度でしょうか大きく輝きます。この時の光量は半径に比例関係があります。

 

いつのことだったか覚えていませんが、満月の夜に由比ヶ浜の海岸線を自転車で漕いでいた時に、海面に月光による照り返しが美しく、男だてらにロマンチックになりました。あれから相当時間が経っているはずですが、今回は長時間撮影の準備をバッチリして撮影に挑みます。

 

 

コース図_距離118km_獲得906m_最大84m.JPG
▲コース図です。定番の三浦半島一週になります。後半は強い北風でフラフラになったのはいつもの
ことでしたが、すごく久しぶりで・・・取り乱したシーンも有りました。

 

 

自宅を350分に出発。

由比ガ浜まで20km1時間あれば十分です。西の空を見上げるとひときわ大きなスーパームーンがいつもより光量が大きく、冬の夜に降り注ぎます。空は雲一つない快晴であり、絶好の撮影条件です。今回も文章だと煩くなりますので写真中心に流していきます。

 

カラダのコンディションとしては、1230日に124km走っていますので、疲れが残っているのか踏み込みが甘く、足がよく回らない。一段ギヤを軽くして回しますが、今回は山岳コースではありませんが、チョット苦労しそうです。

由比ヶ浜には予定通り1時間で到着。情緒タップリに煌々と光をたたえた満月が上空に輝き・・・砂浜がボーッと浮き上がっております。早速、簡易三脚をセットして長時間露光撮影開始。 

下記に写真載せました。皆様お気づきですか? 画面中央に漆黒の富士山が浮かんでいます。当日は、もちろん人間の目では捉えられていません。30秒の長時間撮影で空の光をレンズが撮り貯め、富士山が巨大なシルエットになっているので撮影できています。

 

20180103_0510_由比ヶ浜.JPG
450分:スーパームーンに浮き上がった由比ヶ浜と稲村ヶ崎の街灯です。チョットピントが
甘いですが長年、撮りたかった写真です!この時間にライディングしている人だけの
ビッグプレゼントです。
0626_ソレイユの丘分岐.JPG
626分:途中凄く寒いのでコンビニコーヒーでカラダを温めましたが、ソレイユの丘の分岐
で東の空が明るくなっています。ヤバイ、あと20分で日が昇ります!チョットペース
アップします。

 

0635_城ヶ島公園.JPG
650分:城ヶ島公園に到着。日の出が51分ですからギリギリセーフです。西の空を見上げると、
富士山が朝焼けに色づき、その横にはスーパームーンの幻想的な写真です。
0650_伊豆大島.JPG
651分:この日は東の空に雲が多く朝の光の矢を受けるのはまだ時間がありそうです。写真は
伊豆大島だと思いますが、水平線と空の間が赤く染まっています。

 

0653_城ヶ島公園とトビ.JPG
653分:上空にトビでしょうか、高く飛翔しています。本当に日本は平和な国だな!と・・・
見当違いの事を考えます。海外の駐在経験ありますが、とても交通マナーなど無くロード
バイクは大変だったと思います。
0702_城ヶ島公園.JPG
 72分:寒くて・・・ガタガタ震えましたが、やっと朝の光の矢が始まりました。オレンジ
色の空・雲・千葉の山々が最高にキレイでした。

 

 

今年も深夜出発の朝焼けツーリングが始まりました。

考えてみればこの習慣が始まったのは。20151月だと記憶ありますが・・・、その間、自転車仲間と時間が合うわけ無いので、ソロライドが丸々2年続きました。また、一時期睡眠のリズムが完全に狂い会社でボーッとしていた時期もありました。

でも、昼間や夕方のライディングでは、こんなご褒美はあるわけありませんし、また食事への執着心はゼロなので、このスタイルが大型中年なのかなと思いました。

 

この日も城ヶ島までロードバイクとすれ違ったり、並走しませんでした。

34年前は私も起きれないライダーでしたが、この光景を見落としていた事になります。勿体無いと正直思いました。

 

さて、当初のメニューは全て消化出来ましたので、後は50kmの道のりを淡々と走るだけですが・・・実はここからが大変でした。スタートして北上しますが、三崎で北の風6~8m/sの予報でした。また風が舞っているのか、自転車が右や左に持ってかれます。

また、中3日ですがツケが来たようで、足の在庫がわずかです。輪行セットを持ってこなかったのを後悔しても後の祭りです。

 

0825_三浦海岸.JPG
825分:三浦海岸で到着。コンビニで温かいアンマン、パン、チーズを補給しますが気分が
リフレッシュされただけで、既に時遅しで疲労回復まで出来ません。
0650_三浦海岸水仙.JPG
850分:それでも見事な水仙のお花畑が有り、フラフラと自転車を降りて撮影します。
冬でも目を癒してくれるありがたさを感じました。
1035_ヘロヘロの産業道路.JPG
1035分:金沢八景産業道路に到着。この辺はヘロヘロ一歩手前で、北から吹き下ろして
くる空気の塊に虚ろな目を向けます。とっくにギヤはインナーで、
18km/hでノロノロ走行。
1210_箱根駅伝.JPG
1210分:自宅が保土ヶ谷なんですが、箱根駅伝にぶつかります。道路封鎖と相成っています
のでしばらく休憩。沿道の応援を頂いて(?)フラフラ走行開始。

 

 

ツーリングは2時間遅れ、消費カロリーは向かい風の影響か3000kcalの山岳ライド並になりました。またF85もギヤがおかしくなりSTIスクリュー調整不可でローに入らないので、指でレバーを抑えて最後のヒルクラをこなしました。自宅には満身創痍で1230分に到着しました。

6日から3連休となりますが、自転車はカンベン!と当日思っていましたが、今日起きると、さあ次はどこに行こうか?と悩んでいます。まあ、こんな調子がずっと継続していますので、そのとおりとなるでしょう。(笑)

 

・ツーリングデータ(13日)

距離=107.26km、時間=5時間20平均速度=20.10km/h消費カロリー=3,059kcal, 平均消費=570kcal/hr獲得標高=802m, 最大標高=85m, 最高速度=45.8km/h、平均心拍=128bpm, 最大心拍=152bpm, 平均ケイデンス=72rpm、最高ケイデンス=108rpm


nice!(20) 
共通テーマ:健康

冬富士に拘った'2017ラストライド(その402) [タフルート]

本日は大晦日であり、明日から2018年を迎えます。

今年は飛び石ですが長い休暇の方も多いハズで、正月休みは海外出国組が、昭和44年の最高記録、株価は26年ぶりの高値です。 日本人の購買意欲が復活した感覚ですが、相変わらず我が家は、生活が豊かになる実感がありません。 

しかし、膝のトラブルも理由となりロードバイクは走り知れなかったのですが、新たな時間の過ごし方が見つかり、それなりに成果があった2017年と成りました。

 

自転車年間走行記録.JPG
▲:グラフは年間走行記録のデータです。4792kmはギリギリノルマに達しなかった。8km
走ろうか!と一瞬姑息なことを考えましたがやめました。(笑)

 

 

年末の挨拶は、毎年と全く異ならないのが辛いことですが、私のBLOG2011年スタートですから、これで7年目を迎えます。依然としてロードバイク+BLOG2大コンビが、」週末の大原動力となっております。これは皆様から頂戴した「イイネ」・応援・ご支援以外考えられません。

どうぞ、ステキで良い新年を迎えてください。また、来年も凝りずにお付き合いいただければ幸甚です。

 

 

コー^図_128km_獲得930m_最大201m.JPG
▲:コース図です。この時期の124kmは感覚的に夏場の150kmには相当します。先週のヤビツ峠と
同じような消費カロリーとなりました。寒かったですが空気がクリアーで眺めはサイコーでした。

 

さて、長い年末の挨拶が終わりましたが、30日に予定通りロングライドに行ってきました。

小田原の最低気温は-2℃、201mの善波峠を超えた時は、指の感覚が失われ、非常に辛いツーリングとなりました。ウインターレーパンに手を突っ込みながら、下腹部で指を温めるという恥も外聞もない行状で(笑)、薄明の秦野市の街の灯と富士山を撮影してきました。 

 

実はコレ、先週のデジャブです。チョット富士山が写真の右側に寄りすぎて、如何にもバランスが悪い。そのうち撮り直すかと思いつつ・・・年末の仕事をこなしていました。

しかしモヤモヤが残ったままです。という事で、誰にも文句を言われるわけではありませんが、今回もう一回挑戦しました。また、写真中心に今年最後のツーリングを投稿します。

 

0504_厚木到着.JPG
54分:厚木到着。自宅を出て1時間半ですが、海老名市を過ぎたぐらいからグッと温度が下がり
ます。この撮影はチョット苦労しました。先週の寒さより一段階上手です。
0530_休憩地点.JPG
530分:伊勢崎の前のコンビニに緊急避難。ホットコーヒーとスイーツを食しますが、気づき
ました、今年もフルコンビニ補給でした。一回も外食しなかったことになります。
いっそ続けてやるか?という自虐ネタに苦笑します。それにしてもコーヒーが最高!
0615_善波峠から富士山.JPG
615分:目標の善波峠から秦野市の街の灯と富士山です。チョット左に配置しました。この瞬間
ス~~ッとしました。素手でイチデジを操作しましたが、指を下腹部で温めます。
0650_秦野より夜明け.JPG
650分:秦野市でキレイな朝の光の矢を受けます。この時の富士山を見たら赤く燃え上がって
います。絶対撮影したいので、国道246号から離れて山に向かいますが・・・結局迷いに
迷って断念します。土地勘がないところは要注意です。
0715_飛行機雲と夜明け.JPG
715分:紺碧の空に・・・ス~~~ッツと飛行機雲が糸を引きます。一服の絵でした。チョット
気温が上がりだしたのか、幸い指の冷たさが無くなります。
 

 

渋沢から大きくダウンヒルし松田に入りました。第2のお題は先週表ヤビツから見上げた富士山にもうちょっと近づいてみたい。折角ここまで来たのだから、チョット高いところまで登って撮影したい。

ウネウネと登る細道が目に入ったので、ステアリングを向けました。 

しかし、何%かわかりませんがスゴイ勾配の激坂(体感16~17%)が続きます。20分ほど格闘しましたが力尽きて、自転車を押す羽目と相成ります。今回の最高心拍181bpmは、ここで記録したものです。

幸い足つき地点から頂上まで50mありませんでした。ここから富士山を思いっきり撮影できます。

 

0745_松井田から富士山.JPG
745分:先週よりずっと大きく、クッキリした富士山を捉えることが出来ました。自宅から60km
を超えていましたが、手軽に手に入るロードバイクの機動性に関心です。
0754_松井田から伊豆方面.JPG
754分:富士山撮影後、先程の激坂をおっかなびっくり降りますが、途中大井松田市の絶景が
目に入りパチリしました。相模湾・伊豆半島の山まで見渡せます。
0857_二宮から相模湾.JPG
857分:国府津から国道1号線に入りました。チョット向かい風気味なのか足の売れ行きが良い。
持ってきた栗羊羹補給休憩で冬の相模湾を撮影します。クリアーな写真です。

 

0900_さあ横浜まで40km.JPG
900分:さあ、残り40km位でしょうか、でも風向きがいやらしいので
大磯から国道134号線を帰路に選びます。
0959_サザンビーチから烏帽子岩.JPG
959分:第3回目の休憩。サザンクロスビーチと烏帽子岩ははじめて見ました。千葉県側の山々も
見渡すことができます。最高の時間帯でした。

 

 

江ノ島手前で100km向かいますが・・・・、ここでビアンキに乗る男女グループにサクッと抜かれます。

別に気にもしなかったのですが、向こうに悪気はないのはよくわかっていますが、「オイ、邪魔だよ!」と言わんばかりの手の制し方と、嫌らしい抜き方で、マナーが出来ていません。 

頭に血が上り・・・いつの間にか男性でプチレースとなってしまいました、40km/hに行ったのをよく覚えていますが、心拍は170bpm超えており必死にスピードをあげます。結果、彼らは遥か後ろに下がりました。勝ったぜ!と思う前に,自分の子供みたいな性格に呆れました。 

 

腰越交差点から大船、戸塚方面に向かいますが・・・・、この無益な戦いで貴重な足の在庫を使い果たし、あとはヨレヨレで横浜の自宅に戻ったのは11時半でした。

冬休みは後2回走りたいのですが・・・最近は完全に撮影が中心です。まあ、コレでも良いかと納得していますが、2018年も「深夜出発」と「コンビニ補給」は変わらないだろうと正直に思いました。

 

・ツーリングデータ(1230日)

距離=124.83km、時間=5時間40、平均速度=22.03km/h、消費カロリー=3,386kcal, 平均消費=600kcal/hr獲得標高=930m, 最大標高=201m, 最高速度=48.0km/h、平均心拍=131bpm, 最大心拍=181bpm, 平均ケイデンス=74rpm、最高ケイデンス=108rpm


nice!(17) 
共通テーマ:健康

ヤビツ峠冬のロングライド(その401) [タフルート]

今年もあと残すところ一週間となり、いかがお過ごしでしょうか?

今年は何と言っても自転車に乗り切れなかった一年ですが、なんとか年間ノルマに不足の距離150kmを稼ぐべく今週もロングライドに行ってっきました。

場所はよせばいいのに、表ヤビツ往復です。ヤビツ峠に特別な思い入れは無いのですが、先週は東京往復のラクなロングライドでしたので、チョッピリ負荷を上げたくなったのと、菜の花台から冬富士を見上げるお題目だけです。

 

また、ナイトヒルクライムになるという勝手な理由付けで・・・、名古木からのタイム測定なしでゆっくりカメラ向けながら標高761mの冬季の峠を目指すこととしました。

実はこれを書いているとき、メールが入り、今から突然「会議をやるから出勤とセヨ」と連絡有り。宮仕えの身としては反論できる隙間もなく・・・「ハイ、了解しました。11時に行けばいいのですね」と返答。 なのでBLOGは写真中心で、短くまとめるつもりですが・・・小さなハプニングが有りましたので、これだけは記載します。

 

獲得1205m_距離112.56km_最大761m.JPG

▲コース図;距離112km, 獲得標高1205mのコースです。平均速度が前回よりガタ落ちなのに、平均

エネルギー消費が異常に高い。これはペース配分大失敗の見本です。

 

0347_環状2号線出発.JPG
▲3時47分;いつもの環状2号線出発地点で流れる車のテールランプを撮影。いつもより
30分遅く出発、菜の花台に6時半に着きたいだけです。でも失敗やらかします。
0446_大和市オーバーパス.JPG
▲4時46分;大和市オーバーパスで、ウネウネと消える街路灯を撮影。丁度トラックが来まし
たが、ちょっと幻想的な写真になりました。ちょっと遅れ気味、カメラを奥深く仕舞います。
0618_善波峠から富士山.JPG

▲6時18分;国道246号の善波峠出口から秦野市町明かりと、薄明の富士が見えます。

ペダルを漕ぐのを忘れ、撮影会と相成ります。街の灯と薄明の富士の佇まいが感動でした。

空気の冷たさが伝わったでしょうか?

ここで失敗起こします。冬のグローブは適正温度5℃仕様です。流石に汗がにじみ出るヒルクラではライトウインター仕様のグローブに交換し、善波峠~名古木~ヤビツ峠のヒリクライムに挑みましたが・・・、グローブを脱いで、左手のコンビニの駐車場に落としたのを気づきませんでした。薄手のグローブで、この冬の寒さと戦うことになります。

 

0703_日の出が出てしまった.JPG
▲7時3分;やばい、菜の花台から3~4km手前で日の出が始まってしまった。間に合いません
でした。気ばかり焦って足が全く回っていません。今回のヒルクラは苦労しそうです。
0718_菜の花台から富士山.JPG
▲7時18分;標高500m菜の花台に到着。すぐ展望台に駆け上がり富士山を撮影。雪が少なかった
のですが、上空を突くような勇姿に感動します。来てよかった~~。
0722_菜の花台到着.JPG
▲7時22分;相模湾は強烈な照り返しが始まっています。菜の花台はこれを撮影するべく
2~3人のフォトグラファーが集まっていますが・・・・例外なく私と同じような
中年です。(悲)
0725_菜の花台の芝生.JPG
▲7時25分;そろそろヤビツ峠に向かうことにします。太陽が斜光で全てをドラマチックに
目に飛び込んできます。

 

 

15分位でしょうか、もがいてヤビツ峠を通過します。ここで持ってきた和菓子を補給して、寒いのですぐ下降に入りますが・・・、冬用グローブが片方ありません。停まった時に落としたのか、漕いでいる時に落としたのか頭を巡らせます。結局身に覚えがないので、道路をじっと観つつ下降に入ります。

 

0806_菜の花台のススキ.JPG
▲8時6分;下降中の菜の花台手前のススキの群れがキレイで撮影。しかしライトウインター
グローブの手は感覚が無くなってきました。そのたびに、指を温めながら降ります。
0809_富士山遠望.JPG
▲8時9分;菜の花台からもう一回富士山を撮影します。今回はこれにて撮影終了。指が冷たくて
それどころではなかったのが正直。山の中ではコンビニなんてないので、あと20分耐えるしか
ないです。

 

 

走りながら、冬季ライディングでは死活問題なので、小学生が無くさないように手袋を紐で結んでいましたが、あれがいいのではと思いつつ、目を皿のように探しましたがなかった。ほぼ諦めたところ、往路のコンビニに立ち寄り、ダメ元で店員に聞いた所・・・ありました。

店のスタッフは駐車場に落ちていた小汚いグローブをゴミ箱に入れること無く、店内に預かってくれたようです。本当に有難うございました。困ったときはお互い様の精神は日本人です。 

青い空を見上げながら食べた「肉まん」は最高でした。富士山や朝日の素晴らしさよりも、無くしたものをキチンと管理してくれた店側の気遣いが印象的な、冬の山岳ロングライドでした。

 

・ツーリングデータ(1223日)

距離=112.63km、時間=5時間25、平均速度=20.78km/h、消費カロリー=3,446kcal, 平均消費=606kcal/hr獲得標高=1205m, 最大標高=761m, 最高速度=44.4km/h、平均心拍=136bpm, 最大心拍=173bpm, 平均ケイデンス=71rpm、最高ケイデンス=103rpm


nice!(15) 
共通テーマ:健康

東京南部ロングライド(その400) [ロードバイクロングライド]

 

1.自転車による運動習慣に感謝!

 

独り善がりに自慢すると「だから何!」と怒られそうで、読んでられる方も耳が痛いものですが、すいません・・これだけは自慢させてください。

先週、金曜日は一年に一度の人間ドックに行ってきました。結果は、春~夏に苦しんだ膝痛による自転車活動のペースダウンなのか、加齢によるものなのかわかりませんが、胴回りが、一気に79cm82cmに増えてしまいました。 

身に覚えがあるので、増加に驚きはしませんでしたが、BMI21.0台であり、カラダ脂肪率の14%台で、血圧も110/70なのに、メタボ指標となる基準値85cmまで後3cmです。

 

測定してくれた女性は、首をひねり、「もう一回測りましょうか?」と言ってくれましたが、再測定しても姑息にお腹を凹ますだけなので、「いいえ、結構です。」と、努めて冷静に次の検査に行きましたが・・・やはり、ノルマの年間走行距離4800kmは絶対に走らないと・・坂を転げ落ちそうな予感で、「できることはやろうよ!」と心に誓います。 

 

家庭でも会社でも風邪が蔓延しています。何とか菌を蹴散らせましたが、鼻水はジュルジュル、咳は少し出ています。しかし、幸い体の怠さと、熱はありません。今回は調子がイマイチなのでツーリングはやめる予定でしたが、やっぱりという感じで出発しました。

 

コース図.JPG
▲コースは、風邪っぽいのでガチフラットの東京南部ルートを選びました。16日は穏やかな天気で
走りやすかったっす!(笑)

 

前置きが長くなり申し訳ありませんでした。

自転車生活で一番効いたのは、色々とあります。その中で控えめなのが肺活量でした。測定してくれた看護師さんの記憶では、この年令で6000mlを超えた方は今までいない。何かやっていますか?・・・とかなり驚かれ、しつっこくヒアリング受けました。

 

肺活量は背が高いので、単純にこれが原因かと思っていましたが、 下表のように20代を最高にして、年々肺活量は下がる傾向ですが、キープしているどころか、年々上がっています。 肺活量が下がれば運動により体の組織に酸素が送れないので、加齢によりどうしても運動パフォーマンスは下がる。これは当たり前のことでしょう。

 

平均肺活量.JPG
▲NETより拝借。20台をMaxに肺活量は坂を転げるように加齢で小さくなります。あと喫煙の
因子もあるようですが、たしかに倍以上の大きさです!
予想肺活量数式.JPG
▲これもNETから拝借。肺活量は身長に比例しますが、私の年齢を入れると・・・3900mlでした。

 

肺活量(ml)

平均(ml)

備考

2017

6,330

3,975

肺活量予想式

 

私の身長で平均肺活量を計算してみたら4,000mlの結果でした。加齢による運動パフォーマンスは落ちていない、これは自転車活動の恩恵以外有りえません。

ここは、過去の人間ドックのデータをひっくり返したいところです。体重が100kgあった20年前の1,998年の記録を見ると5800mlです。その時より下がっていないどころか上がっています。この結果も、昨日のライディングのモチベーションに大きく影響しました。

 

2. 東京南部ツーリング

 

今回、カラダの調子はイマイチでしたが、穏やかな土曜日でロングライドこなしてきました。

今回のお題は、JR東京駅のトワイライトの撮影です。前回11月23日に行った時は紅葉はOKでした。

しかしJRは工事が大好きなようで、肝心の東京駅は・・・これで工事中が2~3年続いているのでしょうか? 駅前の広場は工事機材のお店開きがなされ、せっかくの薄明の空がもったいなかったのですが、工事がほぼ終わったようで、このリベンジ撮影がお題です。

それ以外、季節風が弱そうなので、久しぶりにAVE24.0km/h台で走り抜けたい。

また、5月で後輪ホイールトラブルで連続ロングライドは途切れてしまいましたが、これを除けば、2014年8月以来継続していますので、調子がいまいちですが100km以上を目的としています。

 

今回はチョット前置きを長く書いてしまいましたので、写真を中心に流しますが、目的の東京駅のトワイライト撮影に、先週と先々週の、城ヶ島・根府川の3週連続、見事な朝焼けが江東区有明で見ることができました。これは自転車キャリアの中でもあまり無いことかもしれません。

 

この朝焼けは全くの予想外でしたが・・・・今回は寒さもなく快適にロングライドを走破できました。これで年間走行距離は4650kmに積み上げられましたが、ノルマの4800kmはなんとか達成できそうですが。

しかし、5000kmは残り2回で350kmは流石にきつそうです。

でもツーリングの平均距離116km/回なので、膝痛や10月の長雨がありましたが良く粘ったと思いますが・・・、来年2018年は年末に北海道駐在が控えていますので、人間ドックでプレゼント貰った運動パフォーマンスを維持して自転車生活を一時中断させたいと思っています。今回も都会の冬の100kmツーリングに付き合ってください。

 

0446_多摩川通過.JPG
446分:今回は1時間ぐらい遅く出発。東京駅に6時半前に到着したい。この日の最低温度は4
で外で時間を潰すのは不可です。それでも多摩川の到着は予定より早く、
この後泉岳寺で時間調整します。
0534_泉岳寺ナイトラン.JPG

534分:泉岳寺でコンビニスイーツを食べながら東京の夜の国道15号線を撮影します。

ちょっと長めにシャッター開きました。都会の雰囲気が撮れました。流石に手が冷え切りました。

 

0555_芝公園より東京ラワー.JPG
555分:まだ時間が有ります。芝公園増上寺より東京タワーのライトアップ撮影をします。
冬の夜は寒いので暖色系にライトアップしますが、このあたりの気遣いは日本人ならではです。
0614_工事完成となった東京駅.JPG
614分:東京駅でお目当てのトワイライト撮影を行います。空がブルーモーメントでキレイ
でした。工事機材は一切取り払われ、静寂な東京駅と大手町の薄明が楽しめますした。

 

0645_有明の夜明け.JPG
645分:東京駅往復では80kmツーリングです。ここから江東区若洲公園に行きますが、これで
往復距離は丁度100kmなんです。有明で朝焼けの空を見上げることができます。

 

0651_有明の高速.JPG
651分:横浜方面と千葉へ向かう首都高速が有明で別れます。首都高の向こうで朝のショーが
始まっています。絶対見たいので・・・チョット海の方へ寄り道します。

 

 

0655_有明の夜明け.JPG
655分:有明で見た朝焼けです。雲の量もあるでしょうか。今年見た朝日の中で1~2位の
美しさです。画像加工はもちろん一切していません!!天使の梯子も見えます。でも・・・
キレイだったのは、ホンの数分。あとは強い光に飲み込まれます。
0702_若洲の夜明け.JPG
72分:国道357号を走り、若洲公園に向かいますが、若洲公園の前でこれまたキレイな海面の
照り返しに出会うことができます。 城ヶ島や根府川といい・・3週連続キレイな夜明けに
出会いました。ラッキー以外有りえません。
0802_晴海通りの朝日.JPG
82分:若洲公園を往復して帰路に入りますが、晴海通りで高いマンションの太陽の照り返しを
受けます。今回は人間ドックに刺激をもらった結果ですが、本当に来てよかった。

 

 

3. 自転車以外の物欲(PartⅢ)

 

私はツーリング時にスマホやケータイは持たず、ミラーレスカメラだけで走っていますが、最近、写真撮影に力が入り出しております。というのも、このミラーレスイチデジとの付き合いは6年ですが、流石に最近チョットヨレヨレ。 自転車に乗らない時用のカメラを物色していましたが、中途半端はやめて、型落ちですが新品のニコンD5500一眼レフをポチッしました。

 

これも、隠し第2口座から出血大放出と相成ったわけですが、下記は「言い訳」です。

①あれカーボンバイクはどうしちゃったの?:ハイ、下々の庶民には関係ない話です。

②フルクラムホイールはヒルクラで鉄下駄では?:えっ、下腹部を鍛え直すのが先でしょう!

③変速ギヤは11速のご予定は?:いやいや、10速で全く問題ないっす!

④今のウオークマンは低音が甘いとか?:いやー、高音の抜けが素晴らしいっす!

 

てなわけで、しばらく物欲は封印しコツコツ貯めるモードに入りました。でも、目はニコニコのNikon様状態です! BLOG投稿したら、カメラ片手にお散歩してきます。

でも・・・来週末は絶対走る!!

 

Nikonさま到着.JPG
▲:Nikon様到着です。カメラキャップが逆さまなのは気にしないでください。これで週末
オヤジフォトグラファーの完成です。まだ真っ暗ですが、これから行ってきまっす!

 

 

・ツーリングデータ(1216日)

距離=101.92km、時間=4時間18、平均速度=23.70km/h、消費カロリー=2,432kcal, 平均消費=560kcal/hr獲得標高=329m, 最大標高=83m, 最高速度=47.6km/h、平均心拍=132bpm, 最大心拍=154bpm, 平均ケイデンス=78rpm、最高ケイデンス=104rpm


nice!(15) 
共通テーマ:健康

根府川海岸ロングライド(その399) [タフルート]

2週間ぶりの更新となりました。

2日は休日出勤となり、そのまま4日から北海道出張に行きましたが、現地は最低-6℃、最高-2℃の1月中旬の厳冬期温度であり、いい加減な防寒装具で屋外でチェックをしたので、まさに空気が「切れる」という表現がピッタリで、未体験の寒さに打ち震えました。

北海道の冬季は4ヶ月ありますが、とても自転車など乗れない環境です。2018年末か2019年年初から、一年間駐在を開始しますので、それまでは自転車パフォーマンスを落としたくない。

しかしながら、今回130km弱を走ったのですが、明らかにダウンしたパフォーマンスに愕然となり、まだ抵抗しようとしている、身の程知らずの無益な戦いが続きそうです。

 

今回は、根府川海岸に日の出を見て来ました。

実は東伊豆に自転車で行くのは、膝痛もありましたが、1年半ぶりでしょうか? とても湯河原から、椿ライン経由で箱根大観山を目指す体力と気持ちが戻ってこないので、海岸線をずっと走り続けて距離だけは稼ぎました。年末までに後250km走れば年間ノルマは達成しますが・・・それよりも、ここ迄、年間ツーリングが39回で明らかに少ない印象。 これがパフォーマンスを落としている原因です。

 

20171209_根府川ロングライド_コース図.JPG
▲今回のコース図です。129km走っていますが、宮ヶ瀬並みの770mの獲得標高で、決して易しい
ルートでないのですが、疲れ度合いは
150km以上を走った感覚です。

 

 

今回も文書を削ぎ落としたいところですが、チョット苦労したツーリングなので、文章を入れてBLOGを進まさせて頂きます。12月9日は、相変わらず245分に起床します。 

今週はいきなり温度が冬真っ盛りの温度に下がったようで、シューズカバー・フルウインタージャケット・厳冬期用グローブ等々、完全にウインターライドのコスチュームです。

 

3時10分に玄関を開けますが、キリッとしたガチな冬の寒さで、乗車前からウインドブレーカーを着用する有様です。この日の横浜の最低気温は4℃の予報です。

フルウインターの恩恵で激しい寒さを感じませんが、チョット失敗なのはアンダーウエアが秋物でした。 真っ暗な国道1号を戸塚に向かって進みますが、いきなり快適だった11月から厳冬期に入ってしまった感覚です。 僅かに被害者意識を抱きながら、トラックがものすごく多い、真っ暗な藤沢バイパスを茅ヶ崎に向かってダウンヒルします。

 

0342_藤沢.JPG
342分:藤沢バイパスをひた走ります。この日はものすごくトラックが多く、
ライトを煌々と点灯していますが、ドライバーにとって邪魔以外何もありません。
申し訳ない気持ちが一杯でした。 
0427_平塚八幡宮.JPG
427分:神社仏閣には興味があまり無いのですが、大きな鳥居の朱色が目に入り、簡易三脚で
夜間撮影しました。ハイ・・・全く意味がない写真でした!!

 

 

大磯には5時前に到着。ここで、コンビニホットコーヒーと、アップルパイを食べてトイレに行きましたが、鏡に写った異様な格好に苦笑します。防寒の目出帽のようなスタイルに、店員から・・・「ヤバイ!!アイツは強盗じゃね~~」と思われたかもしれない。やはり店内に入る時は、ヘルメットや目出帽は脱ぐのがエチケットです!!(笑)

 

0508_大磯東海道.JPG
58分:ここは松が生い茂る大磯の東海道なのですが、なぜかあれだけ走っていたトラック群
がいなくなり、このような道を小田原に向かってひた走ります。実は、温度計表示で「1℃」
と出ていました。この時間帯が一番きつかった。

途中で温度計表示の「1℃」を見て、目から寒さが一層つのった結果となったのか、鼻水はグシュグシュ、指の感覚はどこかに行き・・・・大磯から小田原までの20kmが一番つらかった時間帯ですが、それでも淡々と漕げてしまうのは、経験以外は考えられません。

 

0549_酒匂川.JPG
548分:酒匂川に到着。日の出まで1時間はあるはずですが、いつの間にか東の空はマジック
アワーでグラデーションが始まっています。この景色で遅れを再確認。
0611_小田原薄明.JPG
611分:小田原から国道135号線に入り、海が左手間近に迫ってきます。あと30分弱で日の出が
始まります。真鶴岬まで15km位でしょうか? 多分撮影しまくるので、根府川海岸に
照準合わせます。

 

 

不思議なもので、残された時間と距離では、かなり強く漕がないと目的は達成できません。

ここまで、サボった感覚は全くないツーリングでしたが、小田原までの距離の積み上げが全体的に甘かったのでしょうか? ここで「走れなくなったなぁ~~」と思い始めます。

 

0622_根府川薄明.JPG
622分:根府川海岸の手前、ススキの穂が雰囲気たっぷりに真っ赤に染まっていきます。ここ迄
自宅を出て3時間で58kmの距離ですが、寒くても・・来てよかったと!思い始めます。
0641_根府川海岸日の出.JPG
641分:根府川海岸に6時半過ぎに到着。日が出るまで自動販売機のホットティーと、持ってきた
饅頭を補給。やっと水平線の向こうから朝の光の矢を受けました。
0643_西の空.JPG
643分:沈むく西の空の月と朝日に輝く梢です。イメージ通り根府川海岸の日の出でした。
あとは横浜に戻るだけ・・・、でもこの後が苦しいツーリングとなりました。
0700_朝日を受ける水仙.JPG
700分:シッカリ花の撮影の練習も入れます。早朝の雫が美しい水仙の花です。実は花の写真は
息を殺してシッカリ撮影が必要です。ロードバイクという運動中に撮影する対象
では無いのですが、やはりツーリングの写真に華を持たせたいです。
0737_酒匂川から富士山.JPG
737分:酒匂川に戻ってきました。矢倉岳の向こうに冬富士です。やはり、存在感がまるで
違います。次回ツーリングは富士山撮影を表ヤビツから狙いたいのですが、寒いのでどこまで
対応できるかです。

 

 

向かい風が強い時は、国道134号を選んで帰りますが、ここは30km/h~40km/hでかっ飛ぶ自転車野郎が多い。江ノ島で積算距離計は100kmを過ぎます。明らかに足の在庫がなくなり、トロトロと24~26km/hぐらいしか出せずバンバン抜かれます。 

時間は9時半前・・・ですが、あまりにも元気よく抜かれ、、、「俺は、もう100km走ってるんだぜ!!」というわけのわからない、犬の遠吠えに似た感覚に苦笑するしかありません。

 

0934_江ノ島到着.JPG
934分:帰りは国道134号を使って鎌倉経由で帰ります。江ノ島の先で撮影しますが、冬の空が
本当に綺麗です。冬の海を感じられたでしょうか? 

 

 

それにしても・・・この時間帯の134号は、石を投げれば確実にロードバイクに当たるほど、銀座通りなのですが、いつもの1/3以下の感覚。冬こそ空気がキレイで、関東は晴れまくるのなのに勿体無いというか、寂しさを感じます。

 

0936_江ノ島と富士山.JPG
936分:稲村ヶ崎より富士山と江ノ島です。この休憩で、暑くて冬装備を脱ぎますが、やはり
この時間を走るのが快適なのです。
 

 

冬の弱い太陽と暖かさを全身に受けて、1120分に自宅に戻ります。

冬はこの時間に走るのが気持ちよく最善なのかもしれませんが、寒くても辛くても、3時出発はやめるつもりはない覚悟です。 これをやめたら、人間が甘いので、益々グータラな道に入ってしまうような気がします!さあ来週も深夜出発できるか・・・見ものです。(笑)

 

 

・ツーリングデータ(129日)

距離=129.44km、時間=5時間49、平均速度=22.25km/h、消費カロリー=3,196kcal, 平均消費=549kcal/hr獲得標高=771m, 最大標高=83m, 最高速度=49.0km/h、平均心拍=132bpm, 最大心拍=164bpm, 平均ケイデンス=76rpm、最高ケイデンス=108rpm


nice!(16) 
共通テーマ:健康

初冬の三浦一周ロングライド(その398) [ロードバイクロングライド]

24日の飛び石連休となり皆様いかがお過ごしでしょうか?
23日は生憎の雨でしたが、24日にお休みを取り4連休と相成り、24日にロードバイクで三浦半島の夜明けに出撃しました。

BLOGで何回か書いておりますが、一年に5~6回もないぐらいの好調で、巻末にいつもの様にサイクリングデータ書きました。ちょっと強めの東風なんて関係なく、最後まで好調を維持できた珍しいツーリングでした。でも、それよりも何よりも城ヶ島公園からの日の出・雲・富士山が素晴らしかったです。
城ヶ島には24回行ったことになりますが、今回は3本の指に入る眺望でした。

コース図_距離118km_獲得906m_最大84m.JPG
▲今回のケース図です。24回も貼り付けしていますが、今回も凝りもせず掲載します。
もう使いまわししているのですが、これがあると訴求力が増します。

 

「はいはい、夜半出発のドラキュラライダーさんのご自慢ですか?」「お疲れ様でしたね~~!」という声が、チラホラ聞けそうですが。今回ばかりは言わさせてください。早起き(というか夜半起床)は「三文の得」どころか、通常の生活もそうですが、仕事においても時間の使い方が変わりました。
たしかに、夜中出発では仲間が失われるデメリットはありますが、早寝早起きでガラッと変わりますので、是非挑戦なさってください!!!! 

23日はなんと、815分にベッドに入り記憶をなくしました。230分に起床し、6時間の睡眠時間です。いつもなら1時間睡眠時間が長いのですが、ものすごく体は絶好調です。
3時に出発します。5箇所あるライトを煌々と点灯させ、ロードバイクに乗りますが、その右足を振り下ろした瞬間、バイクが「ス~~~~ッ」と前へ進む感覚は、今年の中で一番でした。自転車に乗る喜びが全身を突き抜けます。 

環状2号線に入って、磯子方面を目指しますが、スピードが「サァーーーーッ」と乗る、感触・快感・スピード感・満足感・非日常性・・・・、この日はいつもと一寸違います。
睡眠時間が1時間違う結果でしょうか? ニンマリしながら真っ暗な環状2号線と、舞岡丘陵を通過して北鎌倉に向かいます。
此処から先は、カメラワークの世界となります。またメンドクサイ文章を削ぎ落として、写真だけでツーリングを進めます。逗子~葉山~城ヶ島~浦賀~金沢八景の117kmのツーリングを楽しんでください。

0421_若宮大路.JPG
▲4時21分:鶴岡八幡宮到着。ここの桜葛(若宮大路)の写真を撮るのが今回の副題です。いつも
露出合わせがムズカしく失敗続きでしたが、今回も桜の枝が暗く失敗した模様です。
0442_葉山マリーナ.JPG
▲4時42分:真っ暗な材木座海岸を通過し、葉山に入ります。このポイントの葉山マリーナが
好きで、マストと照明がいい雰囲気です。早速卓上三脚を使い長時間露光します。
写真の左にハレーションが飛び、いい雰囲気です。
0517_貧相な朝食.JPG
▲5時17分:自宅を出て2時間弱。そろそろ補給としますが、ここはホットコーヒーと、軽食の
アップルパイ。おいおい何だこの補給は?と詰られそうですが、チマチマ食べるのが
私のスタイルなのです。
0556_ソレイユの丘.JPG
▲5時56分:ソレイユの丘の手間で東の空を見上げますが、残念ながら今日は雲が多い。しかし
写真の様に雲が一箇所パカっと空いているので、ここを横断する日の出を狙うことにします。
0636_城ヶ島公園到着.JPG
▲6時26分:6時10分過ぎにいつもも城ヶ島大橋に到着。ここで数分日の出を待ちましたが、
寒くて寒くて・・・、もっと海に近づける城ヶ島公園の突端に向かいます。
到着すると、
丁度朝焼けショーが始まる一寸前でした。
0634_城ヶ島公園での日の出.JPG
▲6時34分:自転車を離れ早速朝焼けを撮影します。光の道が演出を始め朝の光の矢を受けます。
あまりの迫力に感動します。来てよかった!!
0636_城ヶ島公園日の出2.JPG
▲6時36分:手前に見えるのが小さな灯台です。もう灯台守という職業はなくなりましたが、
この灯台は間違いなくこの自然の営みをずっと見ているわけですね、一寸感傷的になりました。
それにしても全く人がいない!!私一人で、勿体無い景色です。
 
0640_伊豆大島遠望.JPG
▲6時40分:空気がキレイで、伊豆大島が見えます。また雲の佇まいもキレイです。全くもって
素晴らしい朝焼けショーでした。本当にプライスレスです!
0642_西の空.JPG
▲6時42分:西の空を見上げます。残念ながら富士山が見えるようですが、今回は残念。
雲の向こうですが、この雲の色彩も素晴らしいです。本当に自然の素晴らしさです。
0656_城ヶ島より富士.JPG
▲6時56分:朝焼けショーが終わって、ロードバイクに戻って公園を走りましたが・・・見えた、
富士山の山頂は雲の中ですが、雄大な稜線がはっきり見えます。これも大きなプレゼントです。
0701_水仙の花玉ボケ.JPG
▲7時1分:帰路に戻りたいところですが、今回花の写真が無いことを気づき、かなり歩き回って
水仙を発見。ちょっと首を擡げていますが、そこが美しい。
0721_劔ガ先入江.JPG
▲7時21分:宮川発電所の向こうの歩み坂をダウンヒルすると、静かな入江が先程の朝焼けの
余韻を残していました。静かな海面と漁船の雰囲気がバッチリでした。
0850_速水から富士山.JPG
▲8時50分:三浦海岸で、塩オニギリ・割けるチーズ・青汁というわけのわからない補給
をしました。帰路の国道16号の速水より大きな冬富士が展望できました。
本当に大満足のツーリングでした。
1001_産業道路.JPG
▲10時1分:帰りの磯子産業道路で撮影。青を通り越すようなキレイな青空です。
空気が乾いて、透明度が上がったのでしょう。12月も景色をカメラに収めるべく、
また夜半出発したいと思います。

 

体のキレは最後まで続きました。自宅には11時ぐらいに到着。予定より1時間遅れでしたが、それは枚数が多かったのでご愛嬌でしょう。117kmAVE24km/hキープできたのは、いつが最後だったか忘れましたが、それにしても大満足なツーリングでした。
スイマセン、全編独り善がりで書いてしまいました。来週から通常営業に戻りますので、今回は御勘弁願いたく・・・。(笑)

 ・ツーリングデータ(1124日)
距離=117.01km、時間=4時間56、平均速度=24.21km/h、消費カロリー=2,945kcal平均消費=607kcal/hr獲得標高=1013m最大標高=87m最高速度=54.0km/h、平均心拍=137bpm最大心拍=161bpm, 平均ケイデンス=78rpm、最高ケイデンス=110rpm


nice!(18) 
共通テーマ:健康

東京南部ロングライド(その397) [ロードバイクロングライド]

18日は天気が悪くロードバイクには乗りませんでしたが、日曜日に距離稼ぎとも言えるツーリングをしました。というのも、今年はあと2ヶ月で終わってしまうのですが、902kmを走らないとノルマ達成にならないことが、妙に頭に残っています。また、今日は相当寒かったのですが、ロードバイクは気持ちが良かったです。また月曜日から頑張れるモチベーションが出来たようです。 

今回は負荷を相当下げ、東京皇居~葛西~永代橋~品川~横浜の定番コースを計画しました。今回のツーリングのお題は、距離だけだと無機質なので、皇居~大手町近辺に立派なイチョウ並木があり、この紅葉をツーリングのお題にします。 

コース図.JPG
▲今回のコース図です。見たとおりベタフラットですが、消費カロリーは2800kcalでした。
1割ぐらい高いのは、向かい風と戦ったのが理由でしょう。


このツーリングも沢山写真を撮ってしまいました。また、写真中心に流させていただきます。キリッとした空気が伝われば幸いです。

0506_三田より東京タワー.JPG
▲5時6分:東京三田より東京タワーを見上げます。今日も3時に出ていますが、
向かい風の北風が、体感6~8mぐらい。横風で自転車が持っていかれました。
チョットヒヤヒヤ走ります。
0523_日比谷のイチョウ並木.JPG

523分:日比谷より2重橋方面を見ます。見事なイチョウの黄色が浮かび上がっています。
早速手すりにくくりつけて撮影しました。それにしても寒い!!

0531_イチョウ並木.JPG
531分:皇居のお目当てのイチョウ並木に到着。手前の一本は散り始めています。
その奥に皇居があるのですが、見事に黄色い紅葉がつながっています。

 

0503_皇居より日比谷公園.JPG

533分:皇居和田倉門より日比谷方面を見ます。当たり前ですが、人が全くいません。爽快感も
正直ありましたが・・・寒くて・・・早く漕ぎたかった。今回はウエア選択のミスです。

 

0536_薄明の東京駅.JPG
536分:東京駅ステーションホテル方面より薄明の空が始まっています。木星だと思いますが
一等星が輝いています。まだ・・・東京駅前は工事しています。これで何年目?
0558_シオサイトより築地方面.JPG
558分:銀座を抜けて新橋に向かい、お気に入りのシオサイトに向かいます。すぐバイクを
担いで遊歩道に上がりましたが、晴海のビル群の向こうが明るくなっています。
 
0600_ビルに映る朝焼け.JPG
6時ジャスト:朝焼けがガラス張りビルに映っておりすごく綺麗でした。某広告企業の
本社でしたが、日曜日の6時に出勤する人がいたのは驚きです。
0638_葛西橋の夜明け.JPG
638分: 国道357号線を葛西橋に向かいます。ここより追い風になりチョット安心します。
東の空が朝焼けに染まっていきます。街路灯が力強く千葉に向かっているのが印象的でした。

0647_中川の朝の雲.JPG
647分:荒川の支流の中川サイクリングロードに入ります。ここより走ってきた葛西大橋方面
を見ますが、まだ朝焼けの饗宴が続いていそうです。
0648_荒川より富士山.JPG
648分:突然・・冬富士が見えます。昨日の雨で完全に冬の姿に変わっています。これで3週連続
富士を見ることができました。来週は、城ヶ崎大橋から見てみたいものです。
0655_永代通りの朝焼け.JPG
655分:南砂町より永代通りに入ります。中川を見るとキレイな照り返しです。やっと、
やっと向かい風から開放です。実は総エネルギーの
60%近くが空気抵抗であり、
ヒルクラの重力抵抗は、30%ぐらいです。
0716_永代橋定点撮影.JPG
716分:大のお気に入りの永代橋からの定点撮影に入ります。青空が素晴らしい。後は自宅に
戻るだけ。極上の追い風のはずでしたが・・・
0740_イチョウとビル.JPG
740分:先程のイチョウが青空にキレイに映えています。 それにしても人がほとんどいない。
当たり前です。まだ、日曜日の
8時前ですが・・・本人は戦闘終了モードです。
0832_多摩サイより川崎方面.JPG
832分:帰りは国道15号線を使いますが・・・いつの間にか東風が相当きつくなり、自転車は
フラフラ持ってかれますが、あと20kmで自宅なので、ゆっくり走ることとします。

 

これで11月は380kmとなり、なんとか年末までに500km走る目処が出来たみたいで、正直ホッとしています。一時期、すごく苦しんだ膝の痛みは完全になくなったようで、事実上の卒業宣言したいのですが・・・体力の落ち込みがハッキリしており、やはり少しづつでも戻すのが、12月のお題です。  

・ツーリングデータ(1119日)
距離=101.20km、時間=4時間31、平均速度=22.42km/h、消費カロリー=2,885kcal平均消費=576kcal/hr獲得標高=422m最大標高=73m最高速度=49.8km/h、平均心拍=131bpm最大心拍=163bpm, 平均ケイデンス=79rpm、最高ケイデンス=108rpm


nice!(16) 
共通テーマ:健康

秋真っ盛りの宮ケ瀬~裏ヤビツロングライド(その396) [タフルート]

月曜日は年休取りました。
日曜日にヒルクラをこなしたのでヘロヘロ状態で布団に入りました
先週もタフルートだと、もしかしたら膝痛がぶり返す可能性がありましたが、3連休の開放感に包まれ、今回もタフルートをツーリングしました。 

20170930_裏ヤビツロングライドコース図.JPG
▲今回のコース図です。予想消費カロリーは3500kcalで、基礎新陳代謝2日分です。
でも頑固に体重が変わらないのが勝負どころです!

 

日曜日は季節風が強く、温度が下がりました。裏ヤビツの登坂開始地点で気温が2℃であり、かなり寒かったのですが、紅葉を心ゆくまで楽しめた上に、冠雪した富士山がバッチリ見えました。フルキャストの大満足のツーリングとなりました。 

今週も写真をたくさん撮ってきました。 またグチグチ書かずに写真中心で流していきます。来週も当然走る予定ですが、今度こそ!今度こそ!負荷を落としたいところですが、宮ヶ瀬湖の紅葉の素晴らしさが忘れられず、天気が良ければ再戦しそうな感じです。

0543_三ケ木の薄明.JPG
543分:三ケ木からの上りに耐えると東の空が薄明を迎えておりました。少し雲が少なすぎ
るな・・・という朝焼け評論家宜しく撮影します。 それにしても寒く、指の感覚が
乏しい。今何度?
0611_モミジの老木.JPG
611分:宮ヶ瀬湖に到着。実はここに見慣れているモミジの老木があるのですが、
毎年素晴らしい紅葉を見せてくれます。今年は、ちょっと傾きが大きくなった
と思います。
0613_宮ヶ瀬湖日の出.JPG
613分:宮ヶ瀬湖の朝焼けです。10月の長雨で水位があっという間に戻っています。9月までは、
水位が低くちょっと痛々しかったのですが、美しさが戻ってホッとします。
0615_モミジの老木の紅葉.JPG
615分:先程のモミジの老木の紅葉のアップです。あと1時時間弱ぐらいで太陽が入ってくるはず
ですが、さらに燃えるでしょう! 
0618_宮ヶ瀬湖日の出.JPG
618分:今回朝早すぎて太陽の光がなくツツジの赤が死んでいます。実は来週も来て、
撮影したいと・・・少し思っています。でもヒルクラなのか、中年撮影小旅行なの
かわかりません。でも、今回計画されたメニューはキチッとこなすつもりです。(笑)
 
0655_熊倉川清浄度.JPG
655分:裏ヤビツに向かって県道70号線に入りました。熊倉川の水の美しさを
狙いました。しかし・・・寒すぎると思ったら、この前のトンネルの先で
2℃」と表示・・・。エッ!マジ~~と思いました!
0655_熊倉川清浄度2.JPG
655分:同じく小さな滝です。県道70号線は北斜面なので太陽の光が待ち遠しい。
0729_対岸の紅葉の山.JPG
729分:熊倉川の対岸の山は太陽が入っており山が燃え上がっておりキレイです。太陽の光が
目に入ると、先程の寒さが消えていきます。
0733_札掛橋前のモミジのアップ.JPG
733分:奥深い県道70号線にやっと光が入り始めました。赤い紅葉が一斉に鮮やかになるのが
わかります。実はこのShotは行き過ぎた後、引き返してアップ撮影しました。大成功でした。
0804_札掛橋苔の撮影.JPG
84分:裏ヤビツの登坂開始地点の札掛橋の先で、森があって自転車を降りて分け入ります。
今回もコケの生えた木を題材に写真撮影します。
0804_札掛橋苔の撮影2.JPG
84分:紅葉の落ち葉に新芽が出ておりました。以前はこんな所スルーしてヤビツ峠
目指して息を荒げていましたが・・・、最近は完全に楽しみが変わってきました。 
さて、峠までの標高差300m頑張りましょう!!
0823_記念写真.JPG
823分:ヤビツ峠を通過します。証拠写真だけ撮って、人でごった返す峠をすぐ降りることに
します。快晴なので・・・菜の花台から富士山を期待します。
0828_相模湾と江ノ島遠望.JPG
828分:菜の花台に降りる時、相模湾方面が開け、照り返しが眩しい相模湾と、小さく江ノ島
まで見えます。本当に空気がきれいなのでしょう。素晴らしい景色です。
0836_菜の花台から富士山.JPG
836分:菜の花台に到着。おおっ!冠雪した富士山が青い空に溶け込んで本当にキレイ
でした。それにしても、あんなに多くの人がいたのに展望台は私を含めて二人だけ?
もったいないです。
 
0845_菜の花台から相模湾.JPG
845分:展望台から雄大な相模湾が遠望できます。その美しさにため息でます。裏ヤビツでは
紅葉、表ヤビツは富士山・相模湾の豪華フルキャストで、腹いっぱいです(笑)
0911_名古木のモミジ.JPG
911分:11月となりコスモスも終わりです。名古木のコスモス群落は全て散っていましたが、
ほんの一部分が残っていました。また来年もキレイに咲いてくれるでしょう!
1023_用田バイパス.JPG
1023分:県道22号長後街道で使って帰宅します。最近カメラに入れ込んでいますが、
やはり自転車があるからカメラも活きているのは間違いないです。
来週? 三浦半島に活きたいのですが、また鳥居原園地でしょうか?わかりません!
  

自宅には1110分に到着。 AVE20.3km/hでした。本コースの通常の22.0km/hよりずっと遅い。悔しいですか粘りの低下もありますが、それよりも止まりすぎでしょうか? でも、今まであまりにも止まらなすぎで通過だけしていたので、これがちょうどいいかもしれません。 

・ツーリングデータ(1112日)
距離=122.00km、時間=5時間58、平均速度=20.34km/h、消費カロリー=3,445kcal平均消費=567kcal/hr獲得標高=1482m最大標高=761m最高速度=51.6km/h、平均心拍=134bpm最大心拍=166bpm, 平均ケイデンス=74rpm、最高ケイデンス=107rpm


nice!(17) 
共通テーマ:健康

紅葉の道志みち~河口湖輪行ツーリング(その395) [タフルート]

BLOG更新が滞り、また他の方のサイトに行く時間がありませんででした。
また大変申し訳ありませんが、事情があってコメント欄をクローズする不精を了解いただきたく・・・また、そのうちコメント欄を再開させます。 

1.3週ぶりで・・・山中湖? 

3週間ぶりにBLOG更新いたします。
土日の天気が悪くても、3週連続乗れなかった事はなく、傾向として2回週末があって、そのうち半日は走れるということで6年間続けましたが、今回はものの見事撃沈です。1025日は、会社からお休み貰っていたものの、この週は、25日だけ降雨なのは笑ってしまいます。
なので、自転車に乗るのは3週間ぶりです。神奈川県でも中級者向けこのルートは、事前に走り込む準備が必要なのですが、「足をついても良い、ゆっくりでも良いので、とにかく完走しよう」の合言葉で、冬が来る前に山中湖を走ってみたくて計画しました。 

このコースは過去に5回走っています。完全自走の去年のツーリングは別とし、久しぶりのツーリングで、実際Ave=1.0km/hは悪くなっていました。でもフタを開けると、そんなに過去の3年間分と比べても悪くないのがわかります。

日付

走行距離(km)

平均心拍(bpm)

最大心拍(bpm)

消費カロリ(kcal)

平均ケイデンス(rpm)

備考

2012年10月20日

123.05

134

175

3,320

73

輪行

2014年10月11日

135.50

133

176

3,557

70

輪行

2015年10月23日

135.90

130

173

3,627

70

輪行

2016年8月11日

183.50

135

167

5,288

71

自走

2017114

142.07

134

171

3,967

74

輪行

 

今回の総消費カロリがちょっと高めなのは気になりますが、最大心拍は焦らずに山伏峠登っているので、抑えられています。 今更平均速度を争うことがない、「非アスリート系ホビーサイクリスト」なので、無事完走する事ができれば趣味として何も言うことはありません。
ただし、昨年の180km超の自走ツーリングをもう一回やるのは、相当体調を戻す必要があるのは間違いないところです。でも、山中湖を自走しなければならないモチベーションが無いのも事実です。

今回の走行で、今年は全く走れていない印象持ちましたが、ノルマの4000kmはなんとかクリアーです。
年末までに920kmを走れるかどうかですが、まあマイペースで走るだけでしょうか?

2.紅葉満開の道志みち~山中湖

今回のツーリングは、横浜~橋本~道志村~山中湖~松田の140kmです。コース図を貼り付けます。体力が小山市前で復活したのですが松田から小田急で横浜に戻る輪行の秋の旅でした。
お目当ての富士山には出迎えて頂きましたが、冠雪はなく夏富士の様相でしたが、コスモスの時期は過ぎ、ちょっと空振り気味の山中湖でしたが、道志みちの紅葉は、声を上げたくなるほどキレイでした。沢山写真を撮ってきましたので、写真を中心にツーリングを流します。

コース図.JPG
▲今回のコース図です。山伏峠は83kmで終わりです、自宅を出てほぼずっとゆるい上り
なのがこのルートの特徴です。今度はGWに冠雪した富士山を見上げたいと思っています。


0312_市沢出発地点.JPG
312分:2時半に起床し3時に出発。いつもの市沢合流部で一拍置きますが、これから山中湖に
行く緊張感が全くありません。また3週間ぶりのペダリングはギクシャクし、スピードが
上がりません。今日はこんな感じでしょうか?早くも諦め気味です。


0534_青山交差点.JPG
534分:真っ暗な青山交差点に到着。山中湖まで46kmの看板です。この国道413号線は鉄道
はありません。鉄道に逃げるオプションはありません。山伏峠までの40km頑張るだけです。


0547_最後の交差点.JPG
547分:山中湖平野の交差点まで40kmが無信号なのがこの道志みちのチャームポイントです。
この梶原交差点が最後の信号(?)。いつの間にかどうし道の駅前に信号が新設されていました。
でも神奈川県ではこのような静かな国道はありません。

0556_大きな橋.JPG
556分:青野原手前でやっと夜が明けてきました。すごく雰囲気のある橋で撮影しました。
支柱がなく橋の構造だけで何千トンの重量に耐えています。見れば見るほど理にかなって
いると言えます。


0633_両国屋で休憩.JPG
633分:神奈川県と山梨県県境にある両国屋で本日2回めの休憩。まだギクシャク感と
言うべきか、薄皮一枚で覆われている感覚が取れません。ゆっくり走っているので疲れて
いませんが、まだこの感覚が抜けないのが気になります。


0634_戦闘食.JPG
633分:キツイルートの補給食のミニアンパンはジャージに持参します。えっ!
スーパーの割引シールが付いているって・・・庶民感覚で申し訳ありませんが、
気にされぬよう先へどうぞ。


 
0643_道志川の紅葉.JPG
643分:両国屋の先に短い10%近い登坂路があるのですが、いきなり展望が開ける
展望台があり、道志みちの見事な紅葉を見ることができます。 紅葉の核心部は、
この両国屋から始まります。やはり、この道志みちは秋の最大のイベントです。



0706_久保吊橋.JPG
706分:休憩するタイミングではありませんが久保吊大橋からの紅葉がすごくキレイだと
聞いています。早速自転車を止めますが、思わずハンドルの先の紅葉の葉を撮影します。
0706_久保吊大橋.JPG
706分:久保吊大橋はこの通り人道橋です、吊橋と紅葉の雰囲気がキレイです。この時間
ですから訪れる人は全くいません。道志川の渓流の音が静かに聞こえます。雰囲気が最高です。
 
0728_道志村.JPG
728分:あいにく太陽の光が届かずアンダー気味ですが、この道志川は車を何処かに
置いてカメラを持って散歩するのも楽しいです。何人か、朝早くカメラを
持って散歩する方もいらっしゃいました、
 
0744_道志村のモミジ.JPG
744分:少しづつ標高が上がっているのか、赤いモミジは、さらにその色を増したような
気がします。第3休憩地点の道志道の駅まで少しなのですが、思わず自転車を止めて撮影しました。
0807_道志道の駅に到着.JPG
87分:道志道の駅で休憩します。ここは標高770mあり自転車を止めると明らかに汗が
すぐ引っ込みます。道志みちはオートバイツーリング族も多いのですが、
今回も・・・ロードバイクは私だけでした。(泣)
0922_山伏峠のモミジ.JPG
922分:標高920mの奥道志キャンプ場の黄色のモミジの色が深い。山伏峠まで直登状の登坂車線を
2回我慢すれば到達できるはず。2012年は初めてで足を付きまくりました。

  
0949_河口湖サイクリングロード.JPG
949分:標高1000mの山中湖に到着。お目当てのコスモスの群落が終わってしまい、
ちょっと残念でした。ここは何回来ても最高の場所です。しばらくベンチに座って
富士山を眺めます。いつも思いますが、「来たことを後悔する」事が無いスポーツです。
1041_河口湖の花.JPG
1041分:山中湖畔を少し散歩してみます。紅葉がキレイなせいか、花の美しさも増したような
感覚です。本当に四季が明確な日本で生まれ育ってよかった・・・と正直思いました。
1157_雄大な神奈川西部の国道.JPG
1157分:山中湖を出発し、県道151線で小山市に降ります。神奈川県西部の国道246号の側道
を走るのが大好きです。1年ぶりでしょうか、奥は国道246号ですが、酒匂川に沿って走る
神奈川西部の道は山奥の雰囲気がタップリです。
1241_輪行開始.JPG
1241分:小田急線新松井田駅で輪行開始です。今回のツーリングは道志みちの紅葉がキレイ
でした。今回3週間振りでちょっと無理しすぎかなと思いつつ完走できました。ラッキーでした。
 

 

バイクパフォーマンスが好調だった、今年の春先迄と比べると比較できるものではありませんが、秋の気持ちよい一日を愛車と過ごすことができるのは、ある意味幸せなことかも知れません。来週も負荷を下げつつ秋を追っかけてみようかなと思っています。 

・ツーリングデータ(114日)
距離=142.07km、時間=7時間2、平均速度=20.20km/h、消費カロリー=3,967kcal平均消費=567kcal/hr獲得標高=1791m最大標高=1100m最高速度=56.2km/h、平均心拍=134bpm最大心拍=171bpm, 平均ケイデンス=74rpm、最高ケイデンス=109rpm


nice!(20) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。