So-net無料ブログ作成
ロードバイクについて ブログトップ

自転車によるダイエット(その29(ロードバイクを注文しました!!)) [ロードバイクについて]

1ヵ月半ぶりのBLOGになります。

仕事が忙しくて帰宅が午前様が週3日以上の結果となり、週末のダイエットとロングライドはさすがに少し優先順位を下げました。よって、仕事中心で過ごした1ヵ月半でした。 

それでも、毎日の体重測定およびインプットは続けました。結局昨日の測定で、リバウンドは避けられたようです。

223日測定結果:体重72.0kg、体脂肪率12.0%、内脂肪率 4%BMI=20.59

キャプチャ_体重推移.JPG

メモ:一時期70kgを切りました。現状72kgを中心に推移していますが至極好調です。でもよく見ると体重は少し増えたものの、体脂肪率が横ばいか~微増。本当は体重が増えても体脂肪率が下がることがベスト

この間50km以上のサイクリングはしておりませんし、食事制限もしていません。ただし25日に部下の結婚式があり、一時期73.6kgまで増加しました。(フレンチフルコース+ケーキ+アルコールで1.0kg以上簡単に増えた!!)次の日よりもちろん、普通の生活をしたのですが、毎日体重はしっかり測定し記録した結果、特段絞った意識はありませんでしたが、体重が元に戻ったようです。

BLOGには記述を省略しましたが、去年の7,8月だったと思いますが、体重が70kgを割り、体脂肪も10%を瞬間風速的に割った時期がありました・・・・。あの時は立ちくらみが多く、カラダに違和感を感じた時期があり、とても健康体とはいえませんでした。

そんな状況を見て妻は心配していました。体重推移を振り返ると、結婚して20年近く、体重が3桁を超え(Max;110kg!!)、人間ドックでも「肝臓が霜降り状態」とまで言われました。その後、「ちょこまか」ダイエットを続け95kgまで落としたものの、48歳のときウオーキングと自転車に出会い、2年間で71kgまで落とした過去の履歴を考えると、妻から見たら、極端から極端に走りすぎで、決して良い亭主とは言えなかったですね。

NHKの「ためしてガッテン」で放映していましたが、毎日体重を測定することは無意識に減量生活を自分に課す方法を大分で見ました。このときは就寝前と朝起きるときの2回測定を紹介していましたが、自分の見た本でもこの差が「0.6kg以下だったら現状維持」と記憶しています。「毎日の体重測定がダイエットの第1歩である」ことを、改めて強調したいと考えます。


キャプチャ_体重データ.JPG

メモ:Excelのデータです。結構Inputする箇所が多いのですが、「慣れ」です。

前置きが非常に長くなりました・・・・・。この間、自転車は、長くても30kmを楽しむ程度で、平均時速20km/hは意識の底にあったものの、ロングライドやヒルクライムもなく無理せず自転車を楽んだというよりも、ロードバイク購入を熟慮していた関係上、面倒見がよくメンテもしっかりやってくれそうな購入するお店探しをした1ヵ月半でした。

IMG_0078.JPG

メモ:鶴見川サイクリングロードです。気持ちよかったのですが総延長は短い他、未舗装道路もありました。トレーニング用には使えないようですが、さらに上流に行って見たい気持ちは強いです。

妻は、自転車は既に1台あるのにもう一台を購入することは大反対です。しかし、65歳以降寝たきりの介護生活を避ける(もちろん、分かりませんが・・・?)健康なカラダを維持する、または10万円近くの高価な買い物ですが長年築いた私の「へそくり」で賄う・・・ことを条件に何とか説き伏せましたが、自転車傷害保険に入ることが条件でした。

こんな中、多くの店員のお話しを聞き、NETで調べ上げ比較表まで作成し、ライトウエイ社のFELT F85に決定しました。本当は決めたお店はGIANT売りの店でしたが、店員はそれを無理強いせずに、車種は私の希望を当然のように聞いてくれました。

9411875_800_3.jpg

FELT F85の写真です。(NETから写真を失敬しました。)納車が楽しみです。

初めてのロードバイクなので、NET通販は避けました。車種選びも重要ですが、バイクショップ選びが最も苦労した点です。横浜のような都会でも、スポーツバイクに造詣が深い店は限られます。一時期「○△×ロード」で決めかかったときもありましたが、予算30万円以下は自転車にあらず・・・・、エントリー層の客扱いが荒い・・・・という印象があり、結局会社至近の「△○▲オーソリティ」で注文しました。ここはプロショップでなく大型スポーツショップですが、BIKE売り場のベテランの店員(71歳!!)の客先主導の話し方・ロードバイクの知識の深さに感激し、この人の熱意に負け正式注文を行い、3週間後に納車となります。

またFELTを車種に選んだ理由は下記です。

l        発売元のライトウエイ社から現状のクロスバイクを買ったのですが、非常にユーザーに優しい会社であり、好印象を持っていた点。

l        F85は、もともと15万円するグレードでしたが、円高なのか定価を3割近く下げたにもかかわらず、SHIMANO 105コンポーネントを使っている点。(無論フルではありませんが)

l        車重が9kg切っていること。

l        私がレースイベント嗜好でないこと。(Fシリーズはもともとレーサー思考ですが、フレームはコンフォート系の設計である点。)

l        自己資金で15万円のバイクも狙えないことはなかったのですが、投資体効果を考えると10万円程度に抑えたい事情が強かったです。

最後まで他店のTREK 1シリーズと迷いましたが、上記の親父さんが勝ったしだいです。 

新しい自転車のため、ライトやロックを新規に購入し「歴戦の友人」のクロスバイクは、街乗り仕様・息子仕様に改造しております、でもサイクルコンピューターは共用にしました。過去に走った記録を消すのはすこし味気無いですね。

3週間後に納車したら、とりあえず金沢八景のいつものトレーニングロードに行って見る事にしましょう。夏までにはビンディングペダルに慣れ、秋には昨年と同じコースで(徹底的にやられた110kmツーリング)三浦半島一周、晩秋には丹沢ヤビツ峠800mヒルクライムにトライ、長野県まで輪行・・・・したいと胸を膨らませています。

次回BLOGは、ロードバイクに初めて乗った時のインプレッションを送ることにしましょう。


コメント(0) 

自転車によるダイエット(その81:2011年の印象的なルートについて) [ロードバイクについて]

今年はロードバイクという新しい相棒を手に入れハマったせいか、自転車を初めて2年ですがロングライド(100km以上)も何とか走れるようになりました。走ったエリアは関東南部が中心ですが、このBLOGでは「印象的なルート」を昨年末同様記述しようと思っています。(ダイエット効果等につきましては、その後のBLOGで書きます。)
印象的なルートを書く前に、今年は試行錯誤のロードバイクでしたが、総じてうまく行ったと思っています。しかし走った印象が全く異なる(その80)の結果がやけに気になるここ数日でした。申し訳ありませんが、先にこの感想も勝手ながら織り込まさせて頂きます。 付き合って下さい。

1.      冬季の100kmロングライド(その80)を振り返って

23日に激寒の100kmロングライドを走りましたが、ペース配分が良かったのか、レーパンが良かったのか、補給食が良かったのか、はたまたタイヤが良かったのか分かりませんが、大敵は寒気による体全体の縮み上がりで、スピードは稼ぐことはできませんでした。しかし、ロングライド特有だったバテや痛みがなく、いつもとは全く違う結果になりました。
走ってみて、何が主原因だったのか分かりませんが、あえて言うとペース配分とタイヤの軽さが主要因ではないかと思っています。乱暴ですが精神的な準備と最低限の装備とペース配分が出来ていれば、冬季に100km走るのはそんなにつらくない印象です。(その80)が今後のロングライドの走り方のきっかけになれば、自然にリズムができそうです。

今まで
Ex値を気にするため、「少しでも早く走りたい⇒前半からのがんばり⇒ダンシングの多用⇒バテ・痛み」のスパイラルに入っていたと考えます。実績や経験もないのにガキみたいに背伸びしすぎたな・・・と思っています。体重管理や趣味という指標で自転車に乗るのであれば、別にレースの出場を考えているわけではなく、完走まで3時間9分かかっていたところ、3時間にする必要性も感じられないので、この走りで十分だと最近思い始めています。そのうち経験が付いてスキルがアップすれば、少しずつでも平均時速は改善されるでしょう。少しガツガツしていた自分に反省です。
2012年度は、LSD(ロースローディスタンス)を厚くして基礎的な体力とスキルを身につけるのが最初です。

2.2011年に走ったルートについて

過去にも書いていますが、やはり自転車は外乱を避けて気持ちよく走れるのが一番であり、そこに出会ったことがないような景色があればずっと心に残ります。
さすがに大分や茨城とは違い、都会から郊外への無味乾燥なアプローチはどうしても必要です。そのためどうしても距離は延びてしまいがちですが、これを嫌っているわけではなく、自転車にある時間乗り続けることが重要だったと思います。

走った関東南では印象に残ったスポットはありますが、特に印象に残ったベストルートの案内を出来る状態ではないのが正直なところです。
あえて言えば最もリラックスができて風景も素晴らしい相模湖~大垂水、さらに宮ヶ瀬ダム~土山峠です。でも双方とも神奈川のメジャールートであり多くの方が走っているはずで、詳細な案内はここでは省きます。興味のある方は下記のBLOGを参照ください。
私の今後の計画としては、マイナーでもできるだけ景色の良くリラックスできるルートをお届け出来るのが理想です。輪行開始は次のステップで考えましょう。やはり自宅を出発するときに自宅が目的地であるツーリングが自己完結と考えています。

夏の宮ヶ瀬.JPG
夏の宮ヶ瀬の上りです。山が綺麗でした。しかし、9月ですが暑かったのをよく覚えています。

宮ヶ瀬ベストコース1.JPG
同じく、土山峠に向かう湖畔の気持ちのいい道です。たしかこの時も暑かったことを覚えています。

宮ヶ瀬ベストコース2.JPG
土山峠に向かう交通量が少ない道です。あまり舗装面の出来はよく有りませんでしたが、
リラックスして走れます。写真の右側のピークが裏ヤビツ経由ヤビツ峠です。
なんとか走りたかったのですが、獲得標高が1000mで距離も120km以上と
なりそうなので、少し遠慮してしまいました。
宮ヶ瀬ベストコース3.JPG
秋の紅葉の宮ヶ瀬です。紅葉がほんとうに綺麗でした。クルマやバイクで来るのと違って、所詮人力ですから
目的地に着くと、強い達成感と景色に感動します。この感覚は山登りやランニングと一緒です。

 

ツーリングデーター① 相模湖~大垂水峠:(その70)
距離=102.5km 時間=4時間25分、平均速度=23.1km/h、獲得標高=800m, 最大標高差=385m

ツーリングデーター② 宮ヶ瀬ダム(土山峠ルートがお薦めです。):(その63)
距離=100.5km 時間=4時間9分、平均速度=24.1km/h、獲得標高=846m、最高標高差=328m, 

年末に簡単なツーリングを計画しています。それて同時にダイエット成果のBLOGを書くことにして、今年のシメとします。 


自分のロードバイクのピークって?(その311) [ロードバイクについて]

今週は、土曜日の降雨もありましたが、久しぶりの風邪でロードバイクには乗りませんでした。こういう時は、BLOGネタを整えるのが難しいのですが、自転車関係のネタを織り交ぜました。今週もお付き合いください。

 

 

0009_円形歩道.JPG
▲31日は横浜みなとみらいにクロスバイクでチョイツーリングしました。写真は赤レンガ倉庫
前のラウンド歩道橋です。 特徴を出すべく結構粘って撮影しました。 

 

1.  積み立て休暇は巨大な廃棄物(?)

 

遂に20104月以来でしょうか、相当キツイ風邪にかかり、会社の診療所からクスリを貰って火曜日は会社を休むことになりました。 職場でも自宅でも自他ともに風邪には強く、今まで菌を蹴散らしていましたが(笑)、今回はあっさりと轟沈しました。 

これ以上、会社に迷惑かけられないので、土日はツーリングを止めて体の養生に努めることにします。

 

確かに風邪で内科医に行ったのは、20104月を最後だったと思います。自転車による活動と、風邪をひかない記録はセットでした。 自転車で一番得られた恩恵は、体重減による容姿の変化、卒煙の達成、人間ドッグの成績がアップしたのもありますが、常備薬とは無縁になったのが大きいです。

ダイエットする6年前は、胃が痛ければ太田胃酸、頭が痛ければ頭痛薬をいつもカバンの中に常備していました。片頭痛持ちなので、喫煙所でタバコの煙を吐きつつ、お腹の肉を揺らしながら、甘い缶コーヒーで頭痛薬を飲むのは常習でした。 今思うと、相当体に負荷を加えていたと思います。 

自転車を乗り込むことで、カバンから太田胃酸・バファリン・予備ライターが消え、そのまま4年経ちました。本当に早く、自転車を始めるべきでした。

 

年休取得状況_厚労省HP.JPG
▲厚労省HPより引用します。平成26年度で50%弱の消化率です。私もザクッと計算したら、
平均の50%でした。全く年休を使わないサラリーマンは13%程度いるそうです。 

 

久しぶりに、事後の病欠申請をしたのですが、改めて積み立て有給休暇をチェックすると、250日超えていました。 「働き過ぎ」を憂うことよりも、定年を迎えるときに「積み立て年休は巨大な廃棄物」になるのは間違いないので、もっと休まなければ意味がないと思い始めました。 

国別でいうと、有給の消化率は、フランス・ブラジルおよびスペインは100%、日本は49%で、6年連続でビリでしたが、2014年にやっと韓国を抜く低レベルの争いをやっています。

私の消化率をざっと計算すると、ちょうど半分の50%で日本人平均です。

 

有給休暇国別グラフ_We Love Expedia.JPG
▲”We love Expedia"より引用。日本は2013年まで6年連続最下位。 日本と韓国は特筆して
低い結果であり、国別魅力度が低ポイントの原因となっています。

 

まずは休むことの意識改革しなければなりませんが、休んだって誰も腹を痛まないのは組織として当然ですが、これを後輩に悟られないように休暇を取るようにする嫌らしさを感じているのが事実ですが、もうそろそろ「ゴーマンかましてもいいか!」(古い!!)と思っています。 

今年の秋に、1か月の長期休暇を貰います。 1か月まるまる在席しないので、会社のパソコンを家に持って帰らないと、一か月後に自分の席があるか?小心者よろしく不安を感じてしまいますので、これに打ち克つことが大前提です。

 

有給休暇の罪悪感_We Love Expedia.JPG
▲ これも、”We love Expedia"より引用。うしろめたさを感じるのはアジア系が多いです。
これは民族による問題なのでしょうか? 私も連続となると・・・・、権利とはいえ
うしろめたさ満開です。 

 

 

2. 金曜日の18kmウォーキング 

 

金曜日は7時に退社。 完全ではないものの、酷かった風邪はほぼ治っています。

週末はゆっくりできるので、横浜みなとみらいの会社から歩き出します。 夜間ライドが多いのでセーフティービブスを桜木町のホムセで買いました。そのまま、自宅に戻るつもりでしたが、なんとなく寄りたかった六角橋のショップは、途中で雨は強くなり、靴と手袋が重く、また先端が冷たくなってきましたのでさっさと断念し、そのまま三ツ沢方面に歩き出します。

 

MayJ.JPG
▲好きな音楽のジャンルは全くそろっていません。最近、J-POPの女性ボーカル
フェチになりつつあります。写真はMay Jですが、力強い歌声に心酔しています。 

 

先週買った、オーディオテクニカのイヤホンは通勤でも使っていますが、せいぜい40分ぐらいで会社に到着します。 この日は時間がある分、じっくり聞くことができます。

学生時代から何百回も聞いているアルバムですが、明らかにスピーカーから出る音と違うような気がします。

自室のオーディオで聞いていると、メロディーは聞いていても、バックグラウンドミュージックのようなもったいない聞き方が、80%~90%ではないかと思います。

 

0008_狂気.JPG
▲1973年に発売となった、ピンクフロイドの狂気です。40年近く聞いて
いますが全く飽きが来ない。ハイレゾが待ち遠しいアルバムです。 

 

やはり時間を気にする現代人にとって、自室でじっくり音楽を楽しむということは無くなってきたと思います。いつの間にか三ツ沢を通り過ぎ、国道16号の星川を通過し、少し疲れ気味で和田町に到着しました。 しかし、バス停の時間をチェックすると、ちょうど出たばかりで次は25分後。 深いため息をつきつつ、予定外の夜道を歩きだします。

 

発泡酒.JPG
▲写真はNETから拝借します。 氷雨の行軍でしたが、妙にビールが飲みたくなり、一度も
飲んだことのない、プリン体ゼロ・カロリーゼロのビールを食事前なので飲むことに・・・ 
 
0129_帰宅ルート.JPG
▲結局予定外も入れて17km歩きました。会社を出たのが7時だったので4時間弱かかっています。
途中電車に乗るチャンスはいっぱいありましたが、音楽が止まりませんでした。 
ちなみに獲得標高は・・・・120mありました。
 

 途中スーパーに寄って、何となく飲みたかったビールを買いましたが・・・・、プリン体ゼロ、カロリーゼロのビールは、「何だこりゃ」という味で、ビールらしいコクも何もない空虚な味でした。 人生で初めてですが飲み物を排水溝に捨て、つまみで買った柿の種をカバンに押し込みます。 

私にとって切れ味やコクがないビールでも、愛飲する方がいるので、店頭に並ぶことになるのですが、ダイエットしているのなら、水やお茶を飲めばいいのでは?と余計なことを考え出します。

自宅には4時間後の11時に到着。万歩計は朝から通算して18.37km歩いたことになりましたが、この雨中ウォーキングで、カラダはポカポカ温まり、体調は90%元に戻った気がします。

 

3. ロードバイクのピークって?

 

昨年9月に会社の同期生、さらに長年仕えていた元上司と先輩が、年末に連続して亡くなりました。 

特に元上司だった方は、一緒に深夜にカップラーメンを食べながら、私の大失敗に付き合ってくれて、初電まで痛飲して歌いまくったのを覚えています。

 

その方は嘱託で60歳以降も勤務されていたのですが、昨年夏になって体を壊され、会社を急遽退職されました。退職の飲み会も行わず、これからも変わらぬご支援と再会を誓って、笑顔で分かれたのが10月だったと思います。しかし、年末に奥様から、突然の急逝を伺いました。

 

0000_Safety Bib.JPG
▲ホムセで買ったセーフティービブスです。来週から強い味方になってくれそうです。
年末から異常に走り出したのは、自分の年齢を「測り」にかけ出したのが理由です。 

 

冷静に考えれば、私も50歳代の中盤となり、結婚式に呼ばれるよりも、お葬式に行くのが多くなるのが当たり前の年頃なのです。これは時代が変わって人の寿命が延びても、変わらぬ繰り返しである事を、今でも健在な80歳の叔父がよく話していたのを思い出します。

 

Zou-Onlineより.JPG
▲Zou-Onlimneさまより拝借。 朝日デジタルネットで、魅力のある国ランキングが報道。
アメリカで行われたものですが、私たちの日本は7位。中国は42位でした。
ちなみに、1位はドイツで、本国アメリカは4位の成績でした。 
 
0002_ドイツ安宿舎_r.JPG
▲2006年にドイツに出張で行かさせてもらいました。ここはホテルの食堂への階段ですが、
何気なく飾っているヒマワリが、ホテルゲストへの最高のおもてなしです。 
この旅行で、いっぺんにドイツが大好きになりました。   

 

自分の年齢がそこに達している気持ちや自覚が全くなく、ロードバイクを楽しむことが当たり前だと思っていました。でも、亡くなった元上司と私の年齢差は8歳しかない現実に驚きます。

あれこれ考えても先のことはわかりませんし、意味が全くありません。 しかし、ロードバイクの走り方は、12月より積極的になってきたのは間違いないようです。

 

 

下の表は、過去5年分の走行データを季節ごとに纏めたものです。

季節(最低温度/最高温度℃)

平均月間走行距離(km)

平均速度

(km/hr

平均距離

(km/回)

平均獲得標高

(m)

10.5/18.9℃

482.30 

23.69 

107.05 

661.69 

22.8/29.4℃

402.02 

23.72 

109.41 

775.04 

16.1/23.0℃ 

464.26 

23.34 

109.81 

852.52 

3.3℃/10.4℃ 

390.86 

24.13 

97.23 

551.41 

3.88/11.13℃

501.40

23.73

125.35

897.38

(最下段は今年の冬で、例年のデータ無視です。)

 

今週末のエネルギーのほとんどを使っているロードバイクはいつピークなのか、そのピークを過ぎたら坂道を転げるように劣化するのか・・・それに抗うべく、寒いなんて言ってられない・・・。 それがきっかけになって、冬季の年末と新年にセンチュリーライドを行なった正直な理由なのです。

 

0001_やっと着いた.JPG
▲30日の自宅前です。やっと雨が小やみになりました。 横浜新道の
道路照明の明るさが印象的です。 4時間近く歩いていますが、
全く疲れは感じませんでした。風邪は治ったようです。

 

2月も、仕事の忙しさ、気温のスキを見て走ろうと思っています。先週誕生日を迎えて・・・・ロードバイクの仕上げを急ぐのも変な話ですが、セカンドライフにピークもネ~だろうと思いと、今よりもっと長く走れるようになりたいという思いが、今でも交錯しています。

決して納得はしないと思いますが、モチベーションが続く限り、しばらくは気が赴くままに走り続けようと思っています。

 

 

4. みなとみらいの朝焼けポタリング

 

30日も奥さんと13,000歩のウォーキングをしたものの運動要求が消えることはありません。 31日は全く必要がないのに早く目が覚めましたので、横浜みなとみらいにクロスバイクで一年ぶりの朝焼けを撮影に行くことにしました。 いつもと変わらない日曜日の開始です。

ここは文章を無くして写真だけ貼り付けます。

 

0003_ベイブリッジ朝焼け.JPG
▲ベイブリッジの朝焼けです。横浜港の照明が美しい。クロスバイクで来たのですが、
体が温まっており、寒さは感じませんでした。


0004_インターコンチホテル.JPG
▲船の帆を模したインターコンチネンタルホテルです。結婚式場のバックオーダー
が2年分の盛況だそうで、予約待ちだと会社の女性が言っていました。
 景気が回復したのでしょうか?  


0005_臨港パーク方面.JPG
▲臨港パーク方面を遠望します。 この時間でも朝焼け撮影に来る人が多い。
若い人が多かったのが少し驚きです。


0006_MM夜明け.JPG
▲そろそろ日の出の時間ですが、この日は残念ながら、雲が分厚くこれを最後に朝焼けは
望めませんでした。


0007_赤レンガ倉庫からMM.JPG
▲赤レンガ倉庫と、みなとみらいビル群です。 ここは何を隠そう、朝焼けのメジャースポット
でカメラを構える人が多い。朝焼けと赤レンガ倉庫のシルエットが非常に美しい。  

 

今週走る予定だった千葉往復のルートは、来週に順延します。 フラットルートとはいえ距離は短くないので、きちんと準備して完走したいです。 「おいおい、また変なルートかよ?」と思われそうですが、結果は一週間待っていただきたいと思います。

 

 

・体重データ 

体重=74.2g, 体脂肪率=14.2%, BMI=21.2内脂肪=5%

 

・ツーリングデータ(走行なし)


ロードバイクについて ブログトップ