So-net無料ブログ作成
検索選択

ロングライドが途切れてしまった・・(その383) [ロードバイクツーリング]

日曜日は少しヘビーな用事が予定されており、土曜日の降雨確率60%の悪条件の中を出撃しました。
結果的に、雨にはあまり振られませんでしたが、自宅まで
10kmの地点で、後輪が暴れ出すトラブルに見舞われ、ロングライドの継続が途絶えました。
膝痛が消えた結果となりましたが、20148月以来、3年近く続けてきたロングライドが理由がどうであれ止まってしまいました。 止まった理由はメカトラで不可抗力ですが、新ホイールで心機一転続けていかなければと思っています。 

1.ツーリングレポート

Yahoo天気予報を見ると9時から降雨量1mmを予報しています。一方、NHKを見ると6時から降雨の予報です。 やはりこの時期は天気予報のハシゴになります。
いつだったか
BLOGに書いた、「雨が隠れている状態」であり、こんな時はもちろんツーリングは中止するものですが、日曜日は用事で走れないので、土曜日は雨でも走ってやるか!と心に誓い、すでに特技となりつつある、金曜日夜は9時前に就寝します。

0002_飛行機から.JPG
▲6月29日は、またもや北海道の出張でした。超久しぶりに窓側に座ったのですが、空が奇麗です。



やはり膝痛は一刻も早く決着したい。 天気が悪いのですが・・・なぜか戦闘意欲がバリバリでで、書くことができない起床時間の、丑三つの時間前に飛び起きます。 
とにかく、雨が降る前に終わらしてやろう!帰宅の新記録を塗り替えよう!という、意味不明の挑戦意識が強く、215分過ぎに出発。 

0001_東京駅の緑.JPG
▲最近は癒しを求めて、オフィスビルに木を植えるパターンが多い。
でも光は届かないし・・なんか不遇なモノを感じました。

3時に起床しそれを続けることでさえ、完全にエキセントリックな習慣です。
この2時の出発は、これを読まれている方は・・・「頭がおかしくなったんじゃね~~の」「ハイハイ、超早朝ライドご苦労様です!」と言った切り、言葉が出なくなるでしょう。 かっこよく言えば・・・・思いっきり早くても、男がいったん心に決めたことは実行あるのみと悦に入ります。(笑)

0003_室蘭に到着.JPG
▲またもや日帰り出張と相成りました。飛行機から下りると、北海道の
移動距離の長さを味わいます。1時間の打ち合わせで、往復10時間でした。(笑)

 

屋外に出ると、完全に空気がベタッと吸い付き、汗が額と背中に浮かぶのがわかります。おそらく湿度は体感的に80%は超えているでしょうか? 不愉快そのものですが、そんなのは関係ない。とにかく大垂水峠を一刻も早く落としたい。

0230_出発.JPG
▲2時半:いつもの場所からツーリング開始。この時間だと8時前にロングライド
終わらせることができるのでは?と、一人悦に入っています。

この一念で出発しますが・・・・早くも漕ぎだして10分しないうちにパラパラきます。一瞬イラっとしますが、ツーリングを中止にする気持ちは全く起きず、そのまま生乾きの国道16号を北上します。
幸い雨は降りが弱く、また降り止む時間もあるので、快調に北上できます。
国道16号は早朝とはいえ、日曜日の早朝の交通量の倍です。340過ぎに橋本を通過しますが、雨がちょっと強めに降ってきました。 最初はそのままでしたが、雨でブレーキの利きが悪くなり、頭がクールダウンされ我に帰ります。潔く後方の安全確認をしてUターンします。

0408_橋本で引き返す.JPG
▲4時8分:雨だったので写真がほとんどありません。手振れの写真でも登場させています。
橋本の高架より意味もなく撮影。

距離はこの時点で30kmですから、往復で60kmぐらいでしょうか? まあ雨だったらしょうがないところですが、3年間ずっと続けてきたロングライドの記録が途絶えます。 特にこだわりはありませんが、雨の中をさらに40km走って100kmを目指すことを真剣に考えます。

0420_雨がやんできた.JPG
▲4時20分:いつの間にか雨が上がりました。プラス40kmの色気が出てきます。しかし・・・
江の島まで行かなくてよかった・・・・。

 

ルートは、さらに境川CRを南下して江の島に行けばたっぷり40kmはありますが、どうもこのCRは苦手です。 やはり早朝ランナー・ウォーカーと共存すべき環境であり、30km/hで走るロードバイクは、彼らにとって凶器以外何でもない。
プラスアルファルートは、産業道路経由の金沢文庫往復コースで決定します。 いつの間にか、雨は相模警察の前で降りやみ、西の空に青空さえ見えて少しホッとします。かなりケイデンスは高めですが、膝痛は全く起きていないこともプラス材料です。

0433_ガラガラの国道16号線.JPG
▲白々夜が明け初め、非常に走りやすい!!ガラガラの国道16号
を見てください。といっても・・・私しかわからないのかもしれまい。
普通この時間に走ること自体ありえない。

 

途中セブンイレブンで軽く補給しますが、補給食を自分で決めているとはいえ・・・・先々週・先週といい、「こんな粗末な補給しかできね~~~のか!(怒)」と疑問と怒りが湧いてきました。
きちんと食べたのは、おそらく昨年9月の信州400kmツーリングのファミレスが最後だったでしょうか、もう10か月前のことであり、その間は、このようにチョコマカつまんでいる補給です。(泣) この補給は永遠の課題になるかもしれない。黙ってたくさん喰らえばいいのに・・・それができない。情けない限りです。

0454_こんなのしか補給できない.JPG
▲4時54分:ゴロゴロアップルパイと青汁のいつもの軽食を見て・・・なんか侘しさというか
ツーリング中の補給が貧相に思えます。たしかにスポーツ中なので、胃の負担を思えば
チョコチョコ喰らうのがリーズナブルかもしれませんが、それにしても変わらない風景です。

 
国道16号を南下して、みなとみらい地区を抜けます。まだ時間は6時前で・・・少し驚きました。距離計は70kmを過ぎていますので、金沢文庫に行くまでもなくロングライドできそうです。現在インスタグラムを展開していますが・・・・、ここでちょっとした問題に出会っています。

ロードバイクネタは、やはり愛車を写真に入れる「ロードバイクのある風景」がメジャーです。 F85を撮影した枚数は本当に少ないとうべきか、自転車へのオーナーシップは、どちらかというとほとんどなく、ほとんど記録写真・証拠写真の範疇です。

0553_これから距離稼ぎ!.JPG
▲5時53分:みなとみらいに入ります。ここで一台のロードバイクと並走しますが・・・・
彼も私と同じようなライダーでした。やはり朝が早い壮年の専売特許です。(笑)


どちらかというと、そこに人力で行くのがツーリングの主題なのでこれはしょうがないところです。 ある意味・・・「中途半端」の感が拭えませんが、このまま「ロードバイクからの風景」で統一することとします。みなとみらいを通過して、本牧エリアに入ります。

0602_関内で撮影.JPG
▲6時2分:高速道路のうねりが目に入り撮影します。実はインスタ用に愛車を入れて撮影しましたが、
主題がぼけた写真となりボツです。この辺からなぜかスピードがガタ落ちします。


この時より、向かい風が強くなったというべきでしょうか、自転車のスピードがガクッと落ち、心拍数がうなぎ上りです。向かい風は、せいぜい4~5m/sでしょうか? 感覚的に、この漕ぎ方だったら、このスピードのでは遅すぎます。何かが明らかにおかしい。
スピードは22km/hを切りました。レッドブルでもドーピングしようか?ということで、磯子のローソンに入りますが、原因が判明。リアタイヤがチェーンステーに遠慮なく接触しています。

最初は理由がわかりません。リアタイヤを外して確認してみると、写真のようにスポークが一本折れています。これで箍が外れたホイールは、大きくうねり、タイヤがステーに接触する始末です。まさに想定外のメカトラです。

これではまともな走行は不可能。最悪、ここから自宅までは10km程度なので、押しても帰れますし、あとで車で自転車を引き上げてもいい。 本当は自転車屋に飛び込みたいのですが、それは開店まで3時間もあるので不可能です。 

0634_折れたスポーク.JPG
▲ついにスポークが切れます。このパーツは重要です。一本切れただけで、
タイヤが大きく蛇行してしまいます。この瞬間100km継続は諦めます。

ホイールが大暴れしない位置を探し出し、折れたスポークをビニールテープで固定。
暴れる後輪を押さえつけるようにゆっくりと帰路に入りますが・・・考えてみると、本来はスポークの取り換えで済んだものの、この10kmの余分な走行で、アライメントが大幅に狂い新品のホイールが必要になるかもしれない。まあ、購入してから5年で30,000km近く走っているはずなので、寿命ということでしょうか? 

20170701_橋本ツーリング_ルート図.JPG
▲掲載が遅れました。今回のルート図です。橋本は標高152mあるのでアップダウンがあるように
見えますが、いつの間にか勾配を稼いでいる感覚で分かりません。

自宅には7時半の距離93.8kmで到着。 100km走れなかったことよりも、ホイールの修理に頭が行きます。開店を待って近所の自転車のおやっさんの店に行ったのですが、予想通りでした。

折れた瞬間に走行を止めて車で引き上げるべきでした。もう5年乗っていると、たとえ首尾よく治っても、ほかのスポークが破断する可能性が大、もう取り換えた方がいいね~~という、予想通りの回答です。
まあ、山の中でやらかしたら大変なことになっていましたので、今回はラッキーとしましょう。

 2.突然の新ホイールの入手

現在のアルテグラホイールをリピートすべくAMAZONでも探しまくりましたが・・・、人気が高く、なんと在庫なしの状態でした。待てばいいのですが、11速化したときに、姑息に値段を1万円上げていることが判明。 全く予測していなかった出費でこれは痛い。
本当はシマノHW6800がダメだったら、カンパニューロのゾンダにしたかったのですが、これも軽く5万円超で予算に全く合いません。PCを新調しているので、自腹が出発点です。

フルクラムレーシング5ご購入.JPG
▲結局エントリーヒール卒業の定番の、フルクラムレーシング5をご購入。選んでいるときは、
アルテグラホイールをリピートしたかったのですが、リアホイールのみ通販はWiggleだけあったの
ですが、在庫がなく1か月待ちで諦めました。

 

ホイール重量がほとんど同じで、アルテグラホイールのライバルだったフルクラムレーシング5でもいいじゃね~~?言い聞かせ、AMAZONでポチッとしました。 HW-6800のようにプライスアップしなかったので1万円の値差でありました。この価格であればヘソクリで対応可能です。

項目

シマノアルテグラHW-6800

フルクラムレーシング5

備考

価格

46,800円(前後)

31,600円(前後)

値差は一万円

重量

1,640g (前後)

1,645g (前後)

ほぼ変わらず

スポーク数

16/20

18/20

剛性はFC5が良い?

リム高さ

23.0/23.0mm

24.5/27.5mm

FC5は深い

適用ギヤ数

9~11

9~11

同じ

HW6700走行データ:距離=29,400km、平均距離=111.4km/回、平均獲得=860m, ツーリング数=263回、使用期間=55か月

 

まだまだ、HW6800のリアだけの購入、またはヤフオクや中古自転車用品店でHW6700を探すの手がありましたが、大人気でバックオーダーを抱えている状態。
これでは、1か月近く自転車に乗れない理由になってしまうので、時間優先としました。 

フルクラムレーシング5はそれなりに評価はありますが・・・、自転車は自分のペースが確立しており、どんなホイールを採用しても、鈍感な脚質ではすぐに慣れてしまうのは必定です。フルクラムでも関係ないと思いますが、来週のツーリングでインプレします。(笑) 

71ツーリングデータ
距離=93.8km、時間=ジャスト4時間、平均速度=23.45km/h、消費カロリー=2,521kcal平均消費=630kcal/hr獲得標高=452m最大標高=152m最高速度=48.8km/h、平均心拍=133bpm最大心拍=158bpm, 平均ケイデンス=78rpm、最高ケイデンス=108rpm


nice!(23)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 23

コメント 10

ASAT

大変なライド、お疲れ様でした。
でも、事故や転倒せず、無事で本当に良かったです。

5年3万キロ、それだけ走れば、ホイールも本望だったと思います。
しかも、自宅までの10kmを耐えたんですから、十分仕事を果たしたのではないでしょうか?

フルクラムは反応が良く、走りも軽くなるので、絶対!正解だと思います。
インプレッション楽しみにしています。
by ASAT (2017-07-02 19:06) 

soraneko

多分そこで走行を止めても、他のスポークもほぼ同じダメージを受けていますから、自分にも経験がありますが、修理しても順番に切れてくるという悲しい結果に成ったのではないでしょうか。
これが嫌で、古くからのツーリストの方は、手組にしてスペアのスポークまで携帯して現場で張り替えるそうですが、完組ホイールはそう簡単にはいかないようです。
しかし、大型中年さんとは、色々なトラブルがシンクロしますよね(苦笑)
自分は引っ繰り返ってカーボンハンドルが折れそうにになってしまいましたが、同じくこれが山の中でなくて良かったという事でしょうね。
by soraneko (2017-07-02 19:26) 

喫茶こじろう

梅雨時期らしく湿度が上がって蒸し暑くなってきましたね。90km超も走ると、数年前の私だったら疲労によって深刻な気分に支配されている立派なロングライドです(笑)

スポーク折れは仲間内で2回ほど発生しておりますが、振れが出ていたらブレーキアーチを最大まで開いて応急的に走れる状態にして、ゆっくり走って撤収していました。この時はまだ新し目のホイールだったこともあり、店でスポーク交換して復旧したようです。大型中年さんのケースですと、かなりの距離を走られていますし、ホイール交換が賢明な選択だと思います。

レーシング5はアルテグラよりもリムが高いのですね。素人的には、高速巡航時の速度維持にメリットがあるのかな?等と浅はかにも考えてしまいます(笑)

by 喫茶こじろう (2017-07-02 20:28) 

えすぷれそ

幸い今までスポーク切れって経験したことないんですが、切れるときなにか音がしたりするんでしょうか? 
1本切れてそんなになってしまうとは、人里離れたところをよく走る身にとっては、おっかないですねぇ。
by えすぷれそ (2017-07-02 20:52) 

大型中年

ASATさま

いつもコメントありがとうございます。
2週間連続乗らなくても何も起きるわけでないのに、昨日土曜日は異常なぐらい盛り上がっていました。本当に雨が降ってても100km走ったら記念ランになるかとか考えていましたが(笑)、よく考えなくてもロードバイクのブレーキ性能はすぐ落ちるので、事故を起こさず帰れたのでラッキーですね。
それにしてもアルテグラホイールはよく耐えてくれました。まだスポークを治して、ラフロードの用のタイヤを付ける第2人生を考えています。フルクラムのアドバイスありがとうございます。ここまで出来上がってしまうと、どんなホイールが来ても速くなることはないと思いますが・・・来週が楽しみです!
by 大型中年 (2017-07-02 21:01) 

大型中年

SORANEKOさま

いつもコメントありがとうございます。
残り10kmを走ったのが後悔でしたが、おっしゃる通り、一番弱いスポークが先に折れ、あとのスポークも弱いところから先に折れる構図となり、やはり古いホイールを使いまわしていても、精神上はいいことがないですね。 
まったく予定していなかった出費で、ゾンダに手が出なかったのが残念です。やはり自転車は何が起きるかわからないので、予算はどこかで持っていないと、時間がないからと言って変なパーツを選んでしまうこと、さらには自転車雑誌をたまに読んでパーツの動向を踏まえるのが理想ですが、この2点とも達成するのは難しそうです。
それでもせっかく手に入れたパーツですので、初心に戻ってインプレしてみようと思います。 
それにしても人力が故のスポーツなので、安全に自宅に戻ってナンボです。去年も自転車の劣化によるトラブルが続きますが、山の中等に起きていません。これをラッキーというべきかどうかですが、それを想定して輪行準備をしないのが、ローディーですね。(笑)
by 大型中年 (2017-07-02 21:01) 

大型中年

喫茶こじろうさま

いつもコメントありがとうございます。
ありがとございます・・・でも、とかくすぐサボる性格なので、ここで90kmが出てしまうと、次回から80kmぐらいが日常になるのが怖いとことでした。まあ。膝痛とホイール故障でリセットされた言うことで、また来週から元気よく漕ぎ出したいと思います。
スポークが破断したぐらいで、後輪は大暴れでした。 それでも自走できたのはラッキーでした。ブレーキシューに当たるのはよくあることですが、タイヤがうねって、チェーンステーに接触したときは・・・何が起きたのかと思いました。
それでも、タイヤが抑えられる位置を探し、あとはインナーギヤでゆっくり帰りましたが・・・ビーバー坂はしっかり押して上がりました。(笑)
リムが数ミリ高いかどうかの違いは恐らく全然わからないと思いますが、今度のホイールは5年は無理でも3年は行ってほしいなと思っています。この辺の耐久性は・・・さすがシマノです!!
by 大型中年 (2017-07-02 21:02) 

大型中年

エスプレッソさま

コメントありがとうございます。
明確な音はしません。恐らくタイヤが暴れるので、チェーンステーとタイヤが接触するので、その音が聞こえます。 その時はいきなりペダルが超重くなるのですぐわかります。
でも・・・完組ホイールなので、ハブ部と違いメンテ方法がなく、自転車屋でスポークの張りを見てもらうしかありませんが、、、その前に3万キロは走りすぎです。
車のエンジンオイルと同じで、安くても2万キロぐらいで交換するのが一番よさそうですね。
by 大型中年 (2017-07-02 21:07) 

creeker

長年愛用されたホイールの交換は残念かもしれませんが、本当にお怪我されなくて良かったと思います。
もし山奥でそのような状況になることを想像してしまうと、本当にゾッとしてしまいますね。

梅雨時のライドはとても蒸し暑い印象があるのですが、早朝から出走されるモチベーションにはいつも驚いております。
蒸し暑い梅雨の日が続きそうですので、しばらくは我慢の走りが続きそうですね(苦笑)
by creeker (2017-07-02 21:59) 

大型中年

Creekerさま

いつもコメントありがとうございます。
長年の戦友のホイールが逝ってしまったのは残念でした。最後の10kmも頑張って移動させてくれました。けがなく戻れたのはラッキーでした。 やはり雨天走行は止めた方が賢明です。
今回の出発時間は異常でした。とにかく早く終わらせたいという一心で自転車をこいでいるような気がしますが、原因は膝痛です。
そういえば、今回は全然膝痛は出ませんでしたが、そろそろ距離を伸ばすかどうか、相談モードに入りますが、しばらくは自重した方が膝にやさしいと思いますが、どうなりますか?

by 大型中年 (2017-07-03 05:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: