So-net無料ブログ作成
検索選択

冬季の仕上げロングライド(その366) [タフルート]

2月は突然仕事が猛烈に忙しくなり、12日・19日は日曜出勤となりました。

11日は軽い雪で萎んでしまいましたが、他の週末は寒風を突いて山岳ライドこなしました。

しかし、肝心のBLOGは更新をサボっていました。本当に申し訳ありません。

 

0003_愛車の雪.JPG
▲御覧の様に、結構降り積もっています。朝食は買い込みましたが、11日の
ツーリングはさすがに中止としました。

 

1. どうしてそうなるの?

 

2月に仕事が盛り上がったのは、私の監督不行届が原因でした。

若手にある設計計算をして、顧客に説明する作業を依頼しました。最近のIT技術というか、ExcelマクロやVisual C++を使って、作業が標準化しており、経験のないエンジニアでもこなせるようになりました。

 

しかし、設計というのは全体像が分かっている必要があります。 その設計の前提条件・パソコンへの入力条件を事前に検討し、得られた回答が正しいか?抜き打ちでもチェックするのが当たり前だと思っています。 

出来た書類を私が顧客に説明しましたが、先方にあっさりと間違いが指摘されてしまった。

この失敗を取り戻すために日曜日が無くなってしまったのですが、これと同じ問題が10年前に起きていました。まさに「喉元過ぎれば涼しい」で、すっかり忘れていました。 

 

0001_MM高層マンションの風景.JPG
▲高層マンションに差し込んだ朝日が、さらに反射しており輝いています。思わずドキッとなって
撮影しました。 

 

 

10年前の駐在先の出来事です。ある計算作業を若い人に任せたのですが、入力を間違えてしまい、部品のスペックが全く逆の配置でそのまま試験に入りました。 当然、とんでもない結果となり試験は不合格となりました。一週間以内に再試験に合格しないと・・・・検収が遅れてしまう事態となり、契約上違約金が生じる大問題です。

 

夜まで対策会議を行いましたが、理由がどうしてもわからず計算書を引っ繰り返すと、単純な入力ミスが見つかります。当時は、こんな感じの会話だったと記憶しています。

 

私:「なぜ、こんな入力したの?」

若手:「このソフトは、ベテランのXXX先輩が作ったもので、中身は分かりません」

私:「事の重要性がわかっているのか? この結果は冷静に見ればおかしいのはすぐわかるはず。どうしてチェックしなかったの?」

若手:「私はマニュアルに書いている通りに、入力をして計算しただけです。」

私:「それでもエンジニアか?(怒) 計算は入力前提条件というものがあるのは分かっているよな? それをメモってレポートするのが常識だろ。」

相手:「そうは言ってもExcelを開いて、このマクロ計算ボタンを押すだけですから?」

私:「・・・・・・・・」(思考停止)

 

0004_2月11日の朝焼け.JPG
▲12日の日曜日の出勤時は、日の出前から徒歩通勤を開始しました。西の空に沈む三日月と、
朝焼けに輝くまっすぐ伸びる木の競演が奇麗でした。 

 

こんな噛み合わない会話だったと記憶しています。

再度計算をやり直し、翌日特急で部品の再製作を依頼し、何とか再試験に漕ぎつけました。 しかし、かかったお金は大きく会社の持ち出しです。 授業料といえばそれまででしたが、やらかしてしまった彼とは、それ以来仕事を一緒にすることがなかった。(悲)

 

0339_久しぶりの感覚.JPG
▲2月18日3時39分:中津川に出発します。2週間ぶりのライディングで、この光景は久しぶり
の感覚です。それにしても寒さに慣れてしまったようで、指の冷たさは全く感じませんでした。 

 

ITの名の下に、パソコン等の処理により標準化が進む世の中、やはりパソコンの作業はその一部であり、演奏はその人がタクトを振るのが王道です。

ここ2週間ほど日曜出勤が強いられていますが、今回失敗した彼は気を使って、かいがいしく皆にペットボトルやコンビニスイーツを振るまっていましたが、逆に結束力が増加したような気がしました。(笑)

 

 

2. 218日:宮ケ瀬~平塚ロングライド

 

18日は最低気温は3℃ですが、北風が5~7m/sの予報でした。

19日は出勤なので、三浦半島で軽くまとめるつもりでした。しかし北風の時は、やはり北に向かって出発するのが鉄則であり、出発後の元気な時に耐えるのが、ツーリングトータルとしてラクです。中津川から宮ケ瀬の定番山岳コースに切り替えます。

 

117km_獲得1056m_最大339m.JPG
▲2月18日のコース図です。19日は出勤が予定されていたので、軽めでコース設定しましたが、
 獲得標高は少しこだわらさせていただき、1000mをキープしました。

 

いつも通りに出発しました。体調は至って普通です。 国道16号から北上が始まりますが、お約束の向かい風に歓迎してもらいます。この時の向かい風は体感5m/sぐらいでしょうか? 丁度「向かい風と闘う」・「向かい風に耐える」の境界点だったと思います。 2週間ぶりのロードバイクで、ツーリングを早く終わらせたい思いが強く、いつの間にか前者を選んでいます。

 

0338_環状2号線で一呼吸.JPG
▲3時38分:環状2号線を出発。今回は少しテンションが高めです。こんな時は後半バテルのが
殆どです。負荷が軽めのルートでしたが、脚が売れ切れました。 
 
0421_ウネル街路灯.JPG
▲4時21分:ウネウネと道路照明が繋がっており結構力強い。国道246号は御覧のように
かなり空いており走り易かった。でも、最近ナイトライディングに辟易し出しています。(笑) 
 

国道246号に出ると、この風が後方45度の追い風となり、グッと車速が上がります。

4時半過ぎに金田交差点でサイコンをチェックしたら、平均心拍・平均ケイデンスはいつも通りですが、AVE25.5km/hと高すぎです。 これは完全に飛ばし過ぎというより、脚を使ってしまった後悔と、これから向かい風と闘うことになり深刻さが募ります。

 

0442_かなり飛ばし過ぎです.JPG
▲4時42分:AVEが良いと撮影ですか?姑息でしたネ。しかし、脚を使い過ぎた
後悔が先に出ました。この金田交差点から、しばらく向かい風に立ち向かいます。 

 

国道246号を離れて県道65号線で中津川方面に向かいます。

完全に時間を読み間違えたのか、中津川の沿いの気持ちよい道は真っ暗でした。

 

0510_中津川をビクビク走る.JPG
▲5時10分:真っ暗な中津川沿いに進みます。思わず、朝日が嫌いな「俺はドラキュラ・
ライダーか!(笑)」と自虐しました。それにしても下弦の半月が奇麗でした。 

 

漆黒の闇に向かって、凍結を気にしながら自転車を進めます。 頭上を見上げると、下弦の半月の幻想的な月明かりで「ボ~ッ」と道が浮かびます。ロマンチックな気持ちになりますが、やはり凍結していないか恐る恐る自転車を進めます。 

山岳ナイトライドは、完全に慣れて来たのが正直ですが、決して褒められたものでないので、会社の人はもちろん、他の人にも絶対にお勧めできるものではありません。

 

自宅を出て2時間の5時半に休憩します。

この半原のローソンはイートインコーナーがあり、この寒空本当に助かります。 寒空ではたとえおいしいものを補給しても、味を楽しむという事より、胃に落とす作業であり、心がささくれ立ちます。

 

0528_一回目の休憩.JPG
▲5時28分:コンビニドーナツを喰らいます。ドーナツの名前が複雑で覚えきれません
でした。売り上げを伸ばす意味でも、名前は簡単な方が良いと思います。
かなり美味しかったので、25日も狙いましたが、結局探しきれませんでした。 

 

ここで、ローソンブランドのマチカフェとコンビニドーナツを喰らいますが、名前が複雑で忘れましたが、この香ばしいドーナツは相当おいしかった。 ネクタイを締めていたら、まず絶対楽しむ事のない味と食感に、少し「非日常性」を感じてしまいます。

かなり根暗ですが・・・、夜道の山岳路を頑張っている自分へのねぎらいと、このささやかな時間は、ロードバイクが与えてくれる楽しみの一部かもしれません。

 

0550_国道412号線手前で薄明.JPG
▲5時50分:「おおっ!」薄明が始まっています。本当に奇麗でした。これから、真暗なヒルクラ
に入ります。これができるようになったのが、今年の冬の最大の成果です。(笑) 
 

550分前に、国道412号線に合流。 夜の帳が下りた東の空は朝焼けが始まっています。

ここからオギノパン工場まで一登りですが、カラダと気持ちは完全に戻っています。

息が白くたなびく温度になったようですが、気持ちが充実しているのか、寒さは感じませんでした。

 

0632_西の空の半月.JPG
▲6時31分:宮ケ瀬湖に到着。高精度で撮影しました。本当はフルサイズCCDがあれば、こんな
苦労は半減しますが、ロードバイクに積むのが大変です。少しづつ光が弱まる光景が美しい。 
 

そのまま国道412号線を詰めて、関交差点から宮ケ瀬に入ります。 

調べてみたら、今回で47回目の宮ケ瀬行きとなります。 勝手知ったる道をいつものように踏み込んでいますが、完全にリラックス出来ており自転車に乗ること自体楽しい。6時半に鳥居原ふれあいの館に到着。

 

0631_鳥居原に到着.JPG
▲6時31分:自転車をいつの場所に置くとこのような景色が飛び込んできます。今回で宮ケ瀬湖は
47回目です。一番走っていると思っていた三浦一周の倍になってしまいました。 そういえば、
今年の冬は三浦一周は1回だけでした。そろそろ計画しましょう。 
 
0645_宮ケ瀬湖の夜明け.JPG
▲6時45分:しばらくベンチでまったりしました。朝日が届くとまた湖面の色が変わってきます。 
 今回寒さが無くラッキーでした。今年もここには何回も来るはずです。

 

雄大な宮ケ瀬湖の景色を、ベンチに座って自販機の紅茶をすすりながら楽しみます。

自転車で得られる楽しみで、一番大きいはアイテムは計画通りに走った満足感と充実感です。自転車は頭で期待したことが実行できずに落胆したことは多数ありますが、自宅を出た事を後悔した経験は、今まで全くありません。 

 

これが未だに、深夜出発している原動力なのですが、他の趣味では絶対味わえない僥倖であり、それを得るために支払った努力に辛さや被害者意識を感じないのが、この趣味の特徴かもしれません。 

 

0704_土山峠方面.JPG
▲7時4分:やまびこ大橋から大好きな風景です。中央公園からの景色も最高ですが、最近はライティング
のデコレーションがうるさくなって、少しご無沙汰しています(苦笑)。 

 

鳥居原を645分に出発。厚木方面に降ります。途中、「やまびこ大橋」から土山峠・厚木方面の景色は大好きでカメラを良く構えます。 この橋は宮ケ瀬中央公園方面の路側帯が狭く、他のドライバーに完璧に迷惑掛けています。お許し願いたい!

 

県道64号で厚木に降りましたが、強めの追い風が背中を押してくれて非常に気持ちが良い。

予定外ですが、平塚経由で国道1号線で帰横することにします。このルートだと120kmぐらいになるでしょうか? 江の島方面に行くことも一瞬考えましたが、これだと140kmに近づき、完全に欲張りです。

 

0812_霞む富士山.JPG
▲8時12分:平塚に入りました。ふと霞に包まれる富士山が目に入ります。わかるでしょうか?
強めの追い風に背中を押してもらい最高の時間帯を味わうことができました。 

 

9時前に平塚を通過し国道1号線に入ります。 お約束の5~7m/sぐらいの向かい風に苦しみます。この強さだと完全に境界点を超え「耐えるペダリング」となり、瞬く間に車速は20km/hを行ったり来たり。

折角、行きの246号で大貯金した平均速度は出玉大放出したどころか、完全に借金生活に入ります。 先々週と違って大渋滞の藤沢バイパスをトロトロと、売れ切れてしまった脚を回して1055分にヘロヘロで自宅に到着しました。 

 

1050_ビーバー坂.JPG
▲10時50分:自宅前のビーバー坂(名前の由来はわかりません。)でもがきます。最大勾配11.7%で
結構ダンシングの練習になります。そういえば初めて撮影(笑) 

 

 

218ツーリングデータ

距離=119.20km、時間=5hr14min、平均速度=22.78km/h、消費カロリー=3,099kcal平均消費=592kcal/hr獲得標高=1,056m, 最大標高=339m最高速度=50.3km/h、平均心拍=132bpm最大心拍=162bpm, 平均ケイデンス=75rpm、最高ケイデンス=111rpm

 

2.  225日:奥多摩甲武峠ロングライド

 

距離148.1km_獲得1612m_最大609m.JPG
▲25日のコース図です。距離は長めの148km・獲得標高は1600mです。丹沢湖往復と似たような
コースプロフィルで激坂はありませんが、結構走りごたえがあります。神奈川ライダーに推奨します。

 

 

(1) 2016年度冬の通信簿

 

今週で2月は終了です。 学期末通信簿のように、20132016年度冬季(12月・1月・2か月の3か月)の走行記録を下表に纏めて見ました。

 

年度

平均最高温度(℃)

平均最低温度(℃)

3月走行距離(km)

平均消費カロリー(kcal)

月間平均獲得標高(m)

2013年冬

10.33

3.21

1,134.5

2,187.6

502

2014年冬

10.34

2.70

1,289.4

2,548.2

607

2015年冬

11.98

4.56

1,517.4

3,214.0

854

2016年冬

10.82

2.82

1,569.2

3,563.4

1,209

 

今年の冬は、昨年より全然走れていない印象でしたが、逆に去年より獲得標高が50%近く上がっておりました。 また、例年より寒さがキツイ印象でしたが、そんなことはなく、日の出前に標高があるところを走ったので、寒さに耐えた印象が強かったといえます。 

距離も昨年を維持していることがわかり、ホッとしています。

今年は昨年同様、月間平均獲得標高の維持にこだわってみようかなと思っています。 

 

(2) 奥多摩ツーレポ

 

このコースは、2016723日に行っています。 

この時は最高26℃・最低21℃でしたが、ツーリングは「曇り」でせっかくの武蔵丘陵の景色が楽しめませんでした。 今回は、この冬最後のツーリングですが挑戦してみました。

BLOGが相当長くなってしまいそうなので、このツーリングは写真中心で流します。アップした写真で奥多摩の雰囲気が伝われば幸いです。 

 

0517_御殿峠通過.JPG
517分:3時半に出発。八王子の御殿峠を通過しました。この日は休憩込みでAVE20km/h
を意識。御殿峠であと13分で5~6km漕げるか?まさにゲーム感覚でした。 
 
0603_あるき野インターにて朝焼け.JPG

63分:圏央道あきる野インターで夜が明けます。この日の八王子の気温は4℃でした。

予報は-1℃だったので少し拍子抜け。完全に体が寒さに慣れたようです。

 

0631_五日市で朝焼け.JPG

631分:武蔵五日市駅の手前で奇麗な朝日を仰ぎます。ここで休憩します。背中のプチ

アンパン+ホット紅茶を補給。しかし、この休憩でリズムが変わったのか、

なぜかド不調に陥ります。 休みのタイミングは難しい。

 

0652_奥多摩周遊道路通行止め.JPG

 652分:奥多摩周遊道路は夜間通行止め。ここを走るときは出発を1時間遅らせる必要

があります。そういえば暴走族・峠野郎を締め出すための夜間通行止めでしょうが、

もう30年以上の長きにわたって継続しています。(今度、挑戦します!)

 

0658_一本つり橋.JPG
658分:桧原村を不調に耐えながらタラタラ走ります。明らかに、あきる野より温度が
下がったようです。この独立支持橋は何回見ても勉強になります。建設コストを抑える
ことができているかもしれません。今度調べてみましょう。
 
0706_気温計.JPG
76分:そういえばこの気温計は前回も撮影しました。気温は1℃に落ちています。この日は
ローディーは当たり前ですが、オートバイのツアラーもいませんでした。
寒かったですが、秋川渓谷はクルマが少なく信号もほとんどない快適な道です。 
 
0733_ここで休憩。奥多摩らしい景色.JPG

733分:先ほど休んでから1時間ですが、タレ気味なのでここで休憩。また自販機の暖かい飲み

ものと、プチアンパンを補給します。奥多摩らしい谷が深い静かな景色です。

 

0811_木漏れ日が奇麗.JPG

811分:甲武トンネルへの嫌らしいノボリが終わる頃、木漏れ日に迎えてもらいます。結構この

シーンが大好きで、何枚かシャッター降ろしました。 レンズのフレアゴーストがきれいに

映っています。

 
0812_甲武トンネルに到着.JPG
813分:甲武トンネル到着。自転車乗りには甲武峠と言っているようです。1990年開通で結構
新しい。東京あきる野から山梨上野原を利便性向上で建設されたようです。
これでも標高609mあります。自宅からの距離は76kmでした。 
 
0821_突然富士山が見える.JPG

821分:甲武トンネルの下りで、富士山が突然見えます。奥多摩は気軽に来れるエリアで

ないため、この角度で見るのは初めてかもしれません。

 
0834_山梨上野原の里山.JPG
834分: 山梨県上野原の里山です。 神奈川県ではあまりお目にかかれない景色でしょうか?
今回は神奈川~東京~山梨~神奈川を周遊するルートです。山梨県は貴重な在庫です。 
 
0924_相模湖への看板.JPG
924分:国道20号に乗り相模湖に向かっています。懐かしい看板を通過します。去年9月に
信州自走ツーリングを挑戦したのですが、この看板の「相模湖まで6km」の表示が死ぬほど
うれしかったです。思わず懐かしくなって撮影。 
 

国道16号に乗り、12時過ぎに大和市の目黒交差点で133kmを通過。 不思議とお腹は空いていませんが、ランチタイムの時間でありコンビニで強制補給とします。

 

A:「おいドラキュラ・ライダーさんヨ!みっともネ~補給だね。本当に素晴らしいヨ!」

B:「家まで15kmなので、ここで時間を使うのは勿体ないじゃないですか?」

A:「そんなこと聞いてね~よ。ヒデエ格好してバナナを喰っていたら、みんな引くよ!」

B:「チーズと豆乳はタンパク質が豊富で、これはガチ走行後の疲労回復には最高です!」

A:「お前、自分へのご褒美は考えネ~のか? おめでたい奴だね。」

B:「・・・・・」(意味不明で思考停止!)

 

言うまでもなく、「私A」は冒頭の10年前に詰っていた私、「私B」は詰られていた若い人でした。 相手を壁際に追い詰めるアメリカンディベートは簡単と言われています。

今回の件で、相手の立場を考えて発言が出来ているか、かなり気になって一人問答したコンビニ補給でした。

 

1213_悲しい補給.JPG

1213分:またこんな補給しかできない自分が情けない。ガチ走行系補給という事で

いつの間にか納得しています。(悲)

 

 

自宅には13時丁度に帰宅することができました。 前回去年の7月の走行時間は6時間48分。その違いは13分です。冬季なのによく頑張りました。来週も寒そうですが、山岳ロングライドを組み入れる予定です。

 

225ツーリングデータ

距離=148.23km、時間=7hr1min、平均速度=21.12km/h、消費カロリー=4,180kcal平均消費=596kcal/hr獲得標高=1,611m, 最大標高=609m最高速度=49.1km/h、平均心拍=133bpm最大心拍=165bpm, 平均ケイデンス=73rpm、最高ケイデンス=103rpm


nice!(33)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 33

コメント 16

喫茶こじろう

昼間は日差しがあればポカポカ陽気になったりしますが、北風が吹いたり、朝夕はまだまだ真冬を感じますね。2週連続でのロングライドお疲れ様です。
道中で撮影された写真が醸し出す雰囲気は、私が走る時間帯とは明らかに異なる空気感があって、頑張って早立ちしたローディにしか目にすることができない凛とした世界ですね。最近はノンキに9時すぎ出発などが標準になっておりますので、冬季でも元気に早起きして走り出せたら、また違った発見があるのではないかと思いつつ、この習慣から抜け出すことができない自分がもどかしいです(苦笑)

奥多摩甲武峠ルートは長閑な里山の雰囲気がイイですね。神奈川県内だと道志みちのあたりが比較的イメージが近いと思いますが、こういう道をノンビリ走ると、日々のお勤めで心がチョッピリやさぐれてしまったリーマンをいくらか慰めてくれそうで、何だか無性に訪問したくなります(笑)
補給食の豆乳、私もライド中に飲むことが多くなりました。プレーン味は少し苦手なため青汁入りを選択していますが、たんぱく質が豊富と思いますので、ロングライドで飲むドリンクとしては優良ですよね!
by 喫茶こじろう (2017-02-26 18:14) 

soraneko

自動車や飛行機の話ですが、昔はまず現物を分解整備して「どうしてその形状や機能が必要なのか」をちゃんと勉強してからでないと、ドラフターには座らせなかったそうです。
古い話ですが、戦後ようやく航空機の製造が解禁に成ったころ、経験のない大学出の新人に「紙工作」で基本の造形と構造を勉強させたという話も聞きます。
最近は現物を見たことも触った事も、事によると何の部品かも解らない契約社員が、データを元に計算して、それはもう笑える部品を試作してきて、「これで絶対大丈夫です」と自信満々に現場に持ってきます。
その結果は予想とおり、結局余計な手間と時間がかかってしまうのですが(苦笑)。
PCやITも。判っている人のツールとしては、今や絶対必要なアイテムですが、そういう事をきちっと伝承していかなければ、若い優秀な人材が、悪意も無く無邪気に「やらかしてしまう」でしょうから、我々の世代の「継承」とう使命は重大なのかもしれません。

自分もナイトライドはもはや当たり前の、ツーリングの一部としての行程ととらえていますが、やはり余人からすれば新聞配達じゃないんだから(笑)暗いうちから自転車でゴソゴソ出かけているのは異常に見えるんでしょうね。
ただ、加齢でやはり視力が落ちていて、夜間だとコントラストがはっきりしにくく、路面の状況や障害物が見難いのも確かで、メガネで夜間走行用に近眼補正が強めな物を作る羽目に成りました。
でも、朝焼けに染まる山野の美しさを知ってしまうと、どうしてもその幻想的で非日常な光景が見たくて時間を逆算して出かけてしまうんですよね。
by soraneko (2017-02-26 20:03) 

creeker

ITが進むに連れ多岐にわたりシステム任せになってきており、やはり基本に立ち返りアナログ的な感覚を継承することも大切だと感じております。
そういった意味でも、休みの日に自転車で遠出することは五感を研ぎ澄ましながら楽しめるのも大きなメリットだと思います。

真冬の冷え込む早朝より2週連続の山岳ロングライドをされるのは本当に私には真似出来ないほどの実行力だと思います(苦笑)
山間部から注ぎ込む朝日の写真がイイですね!
寒くても日が昇る時間を自然の中で迎えることは本当に素晴らしいことですのでこちらも少しでも早起きして出走できるようにしたいと思ってます。
by creeker (2017-02-26 21:35) 

いっぷく

暗い道を走り続けて朝日が出る瞬間を見る、
その達成感や充実感はこたえられないでしょうね。
非日常のコンビニドーナツも癖になりそうです。

by いっぷく (2017-02-26 21:57) 

やまちゃんず

お仕事お疲れ様です。
凄く共感しました…
IT化が進むにつれ、なぜそのシステムが動いているのか中身を余り知らなくても動いてしまうため
入力できる場所に普通に数値を入れてボタンを押せば結果が出てくるといったケースが多く、大型中年さんの職場のようなことが頻繁におこってますね。
この辺は教育なんでしょうが…結構苦労しますよね。。。

自転車ライフはそんな悩みを吹き飛ばすには最高のツールです(笑)
今回も本当に早い(暗い)時間帯からの自転車ライドお疲れ様です!
宮ケ瀬湖 幻想的で綺麗ですね! そろそろ暖かくなるので千葉らも遠征行ってみようかなぁと思っております!!
あとっ!ドーナッツはちょいと気になりました。
今度コンビニ行った時に探してみたいと思います(^^)/

by やまちゃんず (2017-02-27 10:51) 

ASAT

2週連続&お仕事、お疲れまです。

まだ、神奈川県北部の山岳帯へライドしたことがないので、本当に参考になります。
どうしても、相模原を超えることを考えると、億劫になってしまって・・・・これでは行けませんよね(爆)
街が動き出す瞬間を見れるのは、寒さが緩んできたとは言え、朝晩はまだまだ寒い中、頑張った大型中年様へのご褒美かと思います。

最近、イートインコーナーを設置するコンビ二が増え、休足や補給に便利になりましたね。
ホットコーヒー片手に、ついつい長居してしまうのが問題ではありますが(爆)今度はドーナツも一緒に楽しみます。

仕事を忘れ、好きなことに没頭出来る時間があるのは、本当に素晴らしいことだと思っています。
日々の生活や仕事のストレスを発散し、次への活力を作る最高のアイテムだと思っていますので、お互いこれからも楽しんでいきましょう!



by ASAT (2017-03-01 03:56) 

大型中年

喫茶こじろうさま

いつもコメントありがとうございます。
最低温度はヤビツ峠に行った2月上旬と同じような感じですが、なにか寒さのパワーが減ったというか、体に飛び込んでくる冷気もなく今回の奥多摩ライディングは楽でした。
おそらく、遅ればせながら寒さにやっと慣れて来たのかと思います。 ちょっと遅いのは体の新陳代謝が減ったのか、環境の変化に対して対応が遅くなったという事でしょうか?
人間ゲンキンなもので、もう少しウインターライディンが続くのなら、「どうぞいらっしゃい!」と殊勝なことを考えています。(笑) 折角、春先が見えて来ているのに、とんでもないことで、困ったものです。

25日は国道16号を走ったのですが、11時過ぎの主要幹線はすごい交通量で、かなりイライラした時間帯で、あまりのクルマの多さ・マナーの悪さに閉口しました。
国道16号~宮ケ瀬方面は嫌というほどロードバイクとすれ違いました。よく考えて見なくても、普通の人だったらこの時間を走るのが当たり前でした。 
私は、まさに山奥の仙人みたいに浮世を棄てたライダーのように思えましたが、やっぱり、睡眠時間を削っても、クルマが少ない・休みが2倍になるメリットは捨てられず、このペースで走りそうですが、義務とは全く思っていないのがラッキーなことです。

仰る通り奥多摩は、神奈川のどうし道に似ていますが・・・根本的に、どうし道は中央高速のエスケープであり、オートバイ族のメッカなので、奥多摩はかなり静かな印象があります。 鎌倉からだと間違いなくオーバーセンチュリーになりますが、強くおススメします。でも・・・性格が飽きっぽいので、行動範囲を広げないと、出発時に気合が入らない側面もあり、少し困っています。(笑)
by 大型中年 (2017-03-01 22:11) 

大型中年

SORANEKOさま

いつもコメントありがとうございます。
むやみに教え込んでも、教えられる人の目を見ると、明らかに「ウザいオヤジ」「だから何?」と思われるケースが多いのが現実です。 さらに、どこかに対等な関係を求める若い人の考え方が、気持ちに入ってこないのも事実で困ったものです。でも組織としては看過できない問題なので、しつっこく粘り強く話すしかありません。
今の会社に30数年前に入ったのですが、その時の指導員が面白い人で、教育で現場に赴任した時、「その地面に、四方50cm、深さ20cmの穴を掘れ!」と言われました・私は一瞬「エ~~ッ、一応学校出ているのに」と反論しそうでしたが、黙って掘りました。
この先輩の真意は、”穴を掘ることがいかに大変なことで、業者の見積もりを査定する場合、作業員に指示をする場合は、身をもって理解すべき”という考え方でした。
今となっては、この教え方は非常に分かり安く、この先輩には大感謝しています。
やはり、新人は全く無垢の状態で会社に入ってきています。 目的をいちいち説明するのは大変ですが、ショートカットすることはできないので、キチンと説明するしかありません。

夜のライディングは、本当にノーリスクでは済まされませんが、昼間よりずっと感覚が研ぎ澄まされて、太陽の下でのライディングと別世界だと思っています。 
このギャップも楽しんでいるのが正直ですが、やはり何か目的がない限り、この時間帯に出発するのは尋常ではありません。 
もしかしたら、自分が特別なことをしているという錯覚もあるのかなと思います。しかし現実は、クルマが溢れる昼間のライディングを嫌がる、自己回避もあるようですが、当分このペースで頑張ってみようかなと思います。
by 大型中年 (2017-03-01 22:12) 

大型中年

Creekerさま

いつもコメントありがとうございます。
そうですか・・・・若い人から見ると、アナログと映ってしまいますか? もう少し言い方を考えないとダメですね。 本当に仕事がうまく回るように、人を動かすのは難しいことです。 山本五十六語録にも書いていましたが、「褒めることで、初めて人間が動く」様に、むやみに押さえつけても限界があります。 
例として、「ここにクルマを止めるなと」と言っても、数m先にクルマを止める可能性があるので、やはり「なぜ、ここに車を止めてはならないのか?」理由を話さないと全くコミュニケーションの欠如です。うまくバランスを取ってやっていきたいと思います。

最後に・・・実行力があるとは全く思っておらず、渋滞がが嫌いで、休みが倍になるメリットを楽しんでいるので、深夜出発が出来ているだけです。 義務感は毛頭なく、楽しんでいることができます。
逆のことを考えると、夕焼けを見るツーリングができるかという質問に対して、恐らくダメだろう・・・と思っています。 おそらく車が多すぎてイライラしっ放しです。(泣)
お互い無理のない時間でロードバイクを楽しめればいいかと思っています。
by 大型中年 (2017-03-01 22:13) 

大型中年

いっぷくさま

いつもコメントありがとうございます。
上手く書けませんが、人力が故の趣味故、喜怒哀楽の幅が増えるような気がします。恐らく車やオートバイだったら100円のドーナツでは何も感じないかと思いますが・・・・、ちょっとしたことでも、楽しめるのは本当にラッキーな事だと思います。 
人から見たらストイックな趣味ですが、しばらく楽しもうかなと思っています。
by 大型中年 (2017-03-01 22:14) 

大型中年

やまちゃんずさま

いつもコメントありがとうございます。
仰る通り人に失敗例を伝えるのは非常に大変です。 この世の中、いろいろな役割が細分化され、不必要な情報も溢れており、それを取捨選択するのも頭に入れなくてはならないので非常に大変なことです。 それは私も同じで、若い人が声を大にして議論しているのに、メンドクサイのでスルーするケースがあります。 
その情報過多の時代でピタッと目的を合わすのは本当に至難の業です。でも、話さないわけにはいかないので、うまくバランスを取りつつ、粘ってみようと思っています。

千葉県から神奈川の宮ケ瀬湖に来るとなると200kmは行かないと思いますが、かなりのロングライドになりそうですね。それでも相当変化があるルートになりそうで楽しみが増えそうですね。  昔オートバイに乗っていたときに、千葉中央部は良く走りました。 ここは、東京・神奈川・埼玉と全然違うイメージがあり、ロードバイクの天国ですね。 
3月末位に東京湾一周を考えています。 今度は16号南下を止めてもう少し山の中を欲張ることもできますが、やはり自分の脚を考えると難しそうですが、頑張ってみようかなと思います。
by 大型中年 (2017-03-01 22:15) 

大型中年

ASATさま

いつもコメントありがとうございます。
確かに昼間に国道16号を相模原を抜けるのは大変なことであり、普通は間違いなく敬遠します。 国道16号を走らなければならない理由はどこにもないのですが、GPSサイコンの恩恵に預かれず、知らない道はいまだに地図を開くという、旧石器時代のライディングしかできないので、いつも同じルートです。 もっと楽に神奈川北部に行けるルートもあると思いますが、何回も通っているうちに、大動脈もも慣れてしまったようです。(泣)
でも車が嫌いなので、交通量が少ない早朝のペースが出来てしまったようです。

仰る通り、週末は仕事を忘れ冒頭で来ている趣味があるのは非常に幸運なことです。
しかし、仕事を基盤としているので、ロードバイクに突っ込んでいるという別の見方もあります。 趣味で実益を得るのは非現実的でありますが、週末に頑張った成果が、月曜日の仕事開始に気持ちよく入っていける恩恵も見逃すことができません。
会社は65歳で定年ですが、定年以降仕事が無くなってもこのように走れるか・・・年齢もありますが、恐らく無理だろうと思っています。(笑)
by 大型中年 (2017-03-01 22:17) 

しゅわっち

コンビニスイーツはますます腕を上げているようで
まあ経営方針には難ありですが販売戦略としては上々のグッズですね♪
今回もそんな頑張っているお店に貢献しているようで素晴らしいです(*^^*)

エクセルのマクロは計算式でも理解しにくいというのに
更に二重の輪をかけて理解しにくいとは思います。
なのでそれを用いるにはベースの考え方がしっかり理解できていて
マクロ無しでも自分で作業が出来ることを前提に使用しないと
本当に入力してボタンを押せば終了。
とても結果のチェックなどは出来る筈もない、のでしょうね。。
私の仕事は事務の単純作業ですが、それでもボタン化すると
理解なくして出来てしまうので作った人は良いけれども後の人が大変!
なのでマクロは嫌がられています(^^;

そんなこんなの師走のごとき2月、お疲れさまでしたm(._.)m
でも今回はそんな経験から結束力が強まったようで
これからのお仕事が期待できそうですね。
by しゅわっち (2017-03-02 18:11) 

大型中年

しゅわっちさま

いつもコメントありがとうございます。
普段はあまりコンビニスイーツの事はあまり頭に浮かぶことはないのですが、ツーリングに行って店内に入ると真っ先に目に入ります。
コンビニスイーツは本当に安価でおいしいと思います。 十分に海外に出しても競争力ありですが、考えてみると、仮に生モノを海外に輸出するコストを上乗せすれば、その瞬間コンビニスイーツとは言えなくなりました。やはり手軽においしく食べられるのが一番です。

自動化は非常に便利ですが・・・、危険もあります。私も同じ意見で、使う以上は全体がわかっている必要があり、出された回答が自分の想定範囲内だったらOKと使うツールです。 しかしこのソフトを初めての人に使わせる時に、弊害や注意点を十分に教えこまなかったのが今回の問題でした。
やはり自分の分からないところで、勝手に答えを出してくれることに危険性を感じてほしいなと切に思えます。
と言いながら・・・、最近は電卓をひっぱたく時間が激減しているのは事実です。私も性根を入れ替えないとダメになります。(笑)


by 大型中年 (2017-03-03 06:23) 

えすぷれそ

「10年前の若手」さんのような言い訳をする奴が身近にもいたりしますが、エンジニアの方にもそういうてーげーな事務屋(笑)みたいなのがいるんですね。
しかし、コンビニのおやつでそこまで詰めなくても・・・それに私Bさんの言い訳もエンジニアっぽくて面白かったです。

甲武トンネルは開通直後に走ったことがありますが、それっきりです。懐かしい・・と言いたいところですが記憶がほとんどありません。
by えすぷれそ (2017-03-04 12:25) 

大型中年

えすぷれっそさま

コメントありがとうございます。
こんなこと言うとまさにオヤジなのですが、最近の「根拠のない自信」は勘弁してもらいたいです。 
社会人である以上、言い訳は最後まで封印し、まずは傾聴です。これができない若い子が多いデス。
やっぱり、人の話を聞かない男の子・地図が読めない女の子がトレンドですかね?(笑)
これを考えると、30年後の日本はどうなっているんだろうと、奥さんと良く話をします。
 
by 大型中年 (2017-03-04 22:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: