So-net無料ブログ作成

激寒の大垂水峠~宮ケ瀬ロングライド(その362) [ロードバイクロングライド]

114日・15日は、この冬最強の寒気団という予報でしたが、予定していた大垂水~宮ケ瀬に行ってまいりました。自転車を止めると息が白くたなびくような寒さを体験しましたが、何とか予定のメニューは消化しました。

 

F85の走行距離は、後8km3万キロを達成できそうです。30年前の愛車だったカワサキZX10の走行距離数を優に超えています。 4万キロに行けるかどうかわかりませんが、まだまだ体が続く限りは走り込もうと思います。

 

IMG_2618.JPG
▲F85は累積走行距離の3万キロを迎えます。愛車だったカワサキZX10が18,000キロまで乗った
記憶がありますので、人生で一番慣れ親しんだ移動手段がロードバイクとなります。
4万キロになるようこれからも頑張ります。 

 

 

1. バタバタは空気抵抗が3割アップ

 

先に今回のツーリングデータを書きます。

 

・ツーリングデータ
距離=121.20km、時間=5hr35min、平均速度=21.71km/h、消費カロリー=3,463kcal平均消費=620kcal/hr獲得標高=1274m, 最大標高=384m最高速度=53.3km/h平均心拍=136bpm最大心拍=170bpm, 平均ケイデンス=77rpm、最高ケイデンス=112rpm

 

体の調子が良く大バテはなかったので無事に帰宅できましたが、消費カロリーが大きな値であり、平均心拍も併せて高く、完全に無酸素領域に入っているデータです。 これは結構無理をして走っていることがわかります。妙にこの値が気になり机に向かいました。

 

このコースは2016219日に行っています。この時の気温は、3月並みの最高16℃・最低9℃でした

距離が少し違いますが、全く同じコースを走っています。

 

項目

2016/2/19

ツーリング

2017/1/14

ツーリング

備考

距離

km

124.7

121.2

 

温度

最高/最低

16/9

7/0

@八王子

平均速度

km/h

22.8

21.7

 

平均ケイデンス

rpm

76

77

 

平均心拍

bpm

133

136

歴代4

平均消費

kcal/h

609

620

歴代3

消費カロリー

kcal

3,311

3,463

 

 

帰宅後に、その理由を整理してみました。

136拍は歴代4位タイとなりますが、平均速度は1km/h遅くなっています。

心拍が高いのは、向かい風の有無が要因としてありそうですが、今回そんなに苦労した記憶がありません。

 

0002_金星とランドマーク.JPG
▲1月5日に帰宅するときの、ランドマークと月です。1月14日にこのビルが宮ケ瀬湖ダムから
見えたのですが、直線距離を調べてみたら36.5kmありました。 

 

やっぱり寒さでしょうか?前回との違いと言えば保温のため、ウインドブレーカーを今回ずっと着ています。 

モノの本では、バタバタ暴れるウインドブレーカーを着ると、空気抵抗が平均27%アップするそうです。ロードバイクは支払うエネルギーの半分以上は空気の壁を切り裂く仕事であり、ここで27%アップしてしまうと、確かにヘロヘロな結果となりそうな気がします。 

今回の距離121km・獲得標高1274m・気温―1℃・消費カロリーを計算条件として、消費カロリー内訳を計算してみたのが下表です。

 

項目

2016/2/19

ツーリング

2017/1/14

ツーリング

備考

空気抵抗係数(CdA)

0.42

0.54

ブレーカー=27%Up

登坂抵抗(W)

55.18

54.04

 

空気抵抗(W)

84.52

96.84

Δ=+14.5

転がり抵抗(W)

23.31

22.26

 

伝達抵抗(W)

2.48

2.63

 

平均仕事量合計

165.5W

175.8W

Δ=+6.0%

(注意=向かい風0.5m/sの条件で、消費カロリーが合いました。)

 

結果、ウインドブレーカー追加で空気抵抗が計算上14.5%アップです。

同じ出力で走るのであれば、平均速度を落とすしかありませんが、トータルで6%上がっていますが、ここで消費カロリーの温存に入っています。やはりシミュレーション上は気温の低さが原因となっていると言えそうです。

 

0001_冬枯れの木.JPG
▲正月休みウイークも、休脚日と言いながらウォーキングは欠かせませんでした。朝日を受ける 
空に延びる冬枯れの木ですが、朝日の微妙な色でシャッターを下ろしました。  

 

しかし、平均速度が1km/h近くの悪化でその差はたった7分です。このツーリングは5時間半走っているので、割合で言うとたった2%であり、自分では誤差範囲です。 

しかし、レースに出る方は、この7分の差は非常に大きいはずです。ウインドブレーカーを重ねず、適正温度0℃~-5℃の高価な冬ジャージが必要かもしれません。しかし、私達のような非アスリート系ホビーツアラーには、どうも縁のない世界と言えそうです。

 

2. 最低温度におけるツーリング

 

13日会社から戻ってテレビを付けましたが、横浜の温度は最高7/最低3℃の予報でした。

14日からは最強寒波の予報です。1215日の人間ドックによって得られた習慣を、安易に途切れさせたくありません。最低温度3℃ならば十分に走れる範囲です。

しかし、この予報は大外れではなかったのですが、自分の過去の映像が頭にこびりついていおり・・・・どうやら、最低気温のツーリングとなってしまったようです。

 

0003_朝の出勤途中.JPG
▲朝の通勤途中から朝焼けを望みます。確か先週の12日だったと思いますが、12月15日に栄養士さん
から受けたアドバイスが本当に効くのか、徒歩通勤は寒くても続けています。 

 

「表」ばかりとなりました。かなりうるさいデス。もう少々ガマンください。 

過去を調べてみると、下表が私の最低温度ワースト5です。

No.

日付

距離

獲得標高

ルート

最低温度

備考

1

2012年2月4日(土)

 81.0km

 333m

東京南部

-1

大バテ

2

2013年1月4日(金)

 67.2km

 160m

東京南部

0

 

3

2014年12月28日(日)

104.9km

 409m

東京東部

0

大バテ

4

2016年1月23日(土)

103.2km

 470m

厚木~平塚

0

 

5

2017年1月14日(土)

121.2km

1274m

大垂水/宮ケ瀬

0

今回

 

今回、八王子で0℃をマークしてしまったのですが、漕いでいる間はOKでしたが、自転車を止めると、「サァ~~~ッ」と白い息が流れるほど寒かったです。 

また表をまとめていて気がついた事は、過去のこの温度域では山岳ロングライドを行ったことはなく、今回が初めてでした。 しかし昨日は体調が良く、気合が途切れることはなかったので最後まで走り切ることができました。 

 

0002_ライトアップされた帰宅路.JPG
▲ライトアップされたみなとみらいの歩行路です。多くの外国観光客がカメラを向けています。  

 

自宅には予定通り帰ることはできましたが、9月の信州自走ツーリングと全く同じで、こんなツーリングを他の方にお勧めすることはできません。 

唯一、激寒の大垂水の下りで見た風景と、宮ケ瀬ダムからの横浜市の遠望が奇麗で収穫でした。

この最強寒波は長く居座るのが特徴で、来週も似たような気象条件となりそうです。 それでも、走る計画はしますが、コースはベタフラットにしようかなと思っています。

 

3. ツーリングレポート

 

14日は起きてすぐに完全冬装備に着替えて、ゴミ捨て場に行って寒さの確認をします。

最低温度3℃の予報通りで、パワーがないというか刺すような本格的な冷たさでなく、少し拍子抜けします。

ここで、寒さにめげるようだったら東京のロングライドを走るつもりだったので、オリジナル計画の大垂水~宮ケ瀬120kmに戻して出発することにします。

 

距離122.9km_獲得1247m_最高384m.JPG
▲14日のルート図です。距離は120kmで、獲得標高は1200m超えてしまいます。冬の時期に
走るコースではないのですが・・・何も考えませんでした。 

 

 

0418_渋滞の名所の上川井インター.JPG
▲4時18分:保土ヶ谷バイパスインターの出口ですが、朝7時には車で
山盛りになります。ロードバイクを始めた時は、この先は歩道を使わさせて
貰ったことがかなりありました。この時代から渋滞は減っていません。 

 

4時過ぎに東名横浜インターの手前の川井インターを通過します。 ここの渋滞は全国的に有名です。横浜市は渋滞による人件費・燃料費の遺失利益は、年間五百億円と試算していることを思い出しました。

もう10年は経ちますが、東名高速へのバイパスのバイパスを建設していますが、根本的に渋滞が収まる気配がありません。

ロードバイクは2011年に始めていますが、当時は朝の7時ぐらいの出発を常用としていました。この渋滞は激しく、狭い歩道を使わさせてもらったり、人とすれ違う時は自転車を押した記憶がありました。 

この後、自動的に出発を早くしていますが、季節関係なく6時には渋滞のハシリが来てしまいます。 この4時台が一番リラックスして走れます。

 

4時半過ぎに国道16号の本線に入ります。

この時期は道路舗装等の工事が多い。やはり舗装したての舗装を振動もなく走るのは最高です。 この区間はかなり長い間凸凹区間でした。 ペダリングを止めてお尻の力を抜いて路面の荒れをかわすことが多かったような記憶がします。 

本当に、ここから橋本までの区間は何十回も走っているルートで、どの箇所が荒れているか、ほぼ頭に入っていることに思わず苦笑します。 乗鞍ヒルクラのチャンピオンは、すべてのカーブが頭に入っており、その知識と、たゆまぬ練習で7連勝の栄誉を掴んでいるのですが、天と地の差です。(笑) 

 

0436_車がいつもより多い.JPG
▲4時36分:写真が手振れで申し訳ありません。すごく久しぶりに奇麗な
舗装に生まれ変わり、思わず写真を撮りました。GP4000Sは固いタイヤなので
舗装が奇麗だったら、最高のタイヤになります。  

 

相模大野ぐらいまで最低温度3℃の恩恵を受けていましたが、最強寒波来週という知らせで、裏起毛下着はダブル+背中とお腹にホカロン2枚+両袖口にミニホカロン貼っていますが、すこし暑苦しささえ感じるぐらいでした。 

相模原警察署を通過すると、少し冷気にパワーを感じ始めますが・・・悠長に構えていたのも橋本まででしょうか? 気温が明らかに下がってくるのがわかります。

 

向かい風は弱いものの、北西の季節風2~3m/sが常に吹いて来ます。完全に慣れっこで平均速度は22km/hを割りながらも、町田街道に入り八王子に向かいます。 

寒さで左手の親指の感覚が危うくなります。自転車を止めて自販機の暖かいもので温めるべく、フロントバックより財布を取り出そうとしますが、うまく動かず、先に暖かいお腹に指を突っ込んで温める始末です。 これでも来たことを後悔する気持ちは全く起きず、ますます気合が醸成してきます。

 

0558_気温0℃.JPG
▲5時58分:八王子に向かう町田街道の最高地点を抜けると気温が下がります。工場の気温表示
で「0℃」に歓迎してもらいます。横浜は最低が3℃だったので、覚悟はしていましたが、
もはや山岳ロングライドを行う気温域ではありません。でも帰る気持ちは全くありません。 

 

指を温めてすぐ出発しますが、6時前に八王子市に入ります。工場の温度計表示は「0℃」を表示しています。横浜より3℃下がっています。

自転車を信号待ちで止めると白い息がたなびき、それがLEDライトの前を通過します。 

すこし驚きますが、日の出前の最低温度の時間を一人で走っている優越感が先に立ち、ネガティブなことが頭に浮かばないのが不思議でした。

 

0614_吐く息.JPG
▲6時14分:信号待ちでブロガー宜しく慌てて撮影しました。面白い様に息が白くなるので、
小学生のように喜んで遊んでいます。50歳オヤジのする事ではない!!(笑) 

 

高尾山手前のお気に入りのファミマで、ホットコーヒー+エッグタルトをイートインコーナーで食します。 冷え切っていた指が見る見る温まり人心地に戻ります。

これから本格的な山間部に入るので、凍結の危険性があるので益々身が引き締まっていきます。ファミマを出る時は東の山の向こうが薄明に染まっています。これからは明るくなる一方なので、20分ほどここの出発が遅れている。ゆっくり走り過ぎのような感覚です。

 

0617_大助かりのコーヒー.JPG
▲6時17分: お気に入りのファミマのイートインでホットコーヒーを飲んでまったりします。
エッグタルトは大好物なので、本当に至福の時間です。本当に安上がりのオヤジです。! 
 
0622_大垂水に向かって出発.JPG
▲6時22分:さっさとコーヒーを飲んで出発。東の空はかなり明るくなってしまった。
ここで6時ならば、大垂水に頂上からは夜が明け始めた幻想的な風景に出会える
はずですが、少し遅すぎました。 
 

薄暗い山道は積雪や凍結の箇所もなく、楽に標高384mの大垂水峠を650分に通過します。東の空は夜明けの準備段階に入っておりかなり明るいですが、お目当ての冬富士は残念ながら雲の向こうです。 

付近の山はべったりと雪に覆われ、「寒さ」が目からも入ってきます。 撮影もソコソコに、凍結箇所を心配しながらスピードを落としてダウンヒルに入ります。

 

0651_積雪の丹沢の山々.JPG
▲6時51分:大垂水を通過しました。丹沢の山々がベッタリ雪で、目からも寒さが募ってきます。
ここでは峠でもがいているので全く寒さは感じませんでした。冬のこの時期を一人で
走っている侘しさはなく、帰路の相模原まで被害者意識は湧きませんでした。
 
0652_大垂水より下降開始.JPG
▲6時52分:すぐにダウンヒルに入ります。凍結していないか、ブラックスポットを見逃すまいと
目を開いてゆっくり下ります。今日は気合が充実しているので、予定通り宮ケ瀬に行こうと思います。 
 

ダウンヒルの途中、西の空を見上げると雲が赤く色づき、月が沈まんとしている光景に出会います。

0℃で山岳ロングライドはありえませんが、この光景は滅多に見れない風景で唯一の収穫でした。自転車から降りて素手でカメラを構えますが、何枚か今年のベストショットの候補にしたいと思っています。

 

0659_西に沈む月.JPG
▲6時59分:大垂水を降りていた時突然西の空の月が見えました。空の雲が赤く染まり本当に
奇麗でした。いつも喧噪な国道20号は、ほとんど車がおらず、景色を独り占めできました。
 
0700_静かなどうしの山々.JPG
▲7時ジャスト:高い山はもう朝日の矢を受けています。雪に覆われた道志の山々
が赤く輝いています。本当にこの時期しか見れない奇麗な景色でした。 
 
0706_雄大な朝焼け.JPG
▲ 7時6分:東の空は朝日が出そうです。素手でカメラを構えていましたが1~2分で、指の感覚が
遠のきます。すぐグローブを嵌めて自転車を出発させます。 
  

7時過ぎに透明度が高い冬の空の光量が増し、日の出の時間に入ります。

冬枯れにの木々の向こうから陽の光を全身に受けますが、本当にほっと安心します。

これから相模湖ですが、このまま橋本に戻り、自宅に向かえば距離100km・獲得標高800mのツーリングとなるので十分です。 

しかし本日の体調は全く問題なく、自宅を出て3時間半経っていますが、戦闘意欲も全く衰え知らずです。当然のように、宮ケ瀬に行くことにしました。どこか、素晴らしい景色に出会える期待感がありました。

 

0711_朝の光の矢.JPG
▲7時11分:冬枯れの梢の向こうから朝日が差し込んできます。 この瞬間ナイトライドは終わりです。
いつもホッとする瞬間ですが、もしかしたらロードバイクの非日常性を感じております。 

 

いつも撮影で止まる相模湖はうすら寒いだけなのでパスします。相模湖プレジャーフォレストの登り返しをダンシングでもがきますが、低速でも自転車はふらつかず好調のようです。

調子が良い時は、どんどん距離を伸ばすのが得策です。 三ケ木への登りは丁度太陽に向かって上る感じで、何となく楽しささえ感じ始めます。 

 

0734_宮ケ瀬への登り.JPG
▲7時34分:いやらしい相模湖から三ケ木の登り返しは、朝日に向かってもがくことになりました。
なぜか楽しささえ感じます。あと宮ケ瀬まで遅くても30~40分ぐらいで着くはずです。
どのような風景が待っているのかすごく楽しみです。 

 

815分に鳥居原ふれあいの館に到着。気温はまた2段階ぐらい下がった感じですが、今回のツーリングはこれ以上高いところはなく、かなり気楽です。 

ここで自動販売機の暖かい紅茶に感謝しつつ、受験生ご用達のキットカットを食します。この寒さで、かなり固いチョコレートで、口どけする前にバリバリ噛んで紅茶で流している違和感を感じましたが、宮ケ瀬湖もやはり雄大な景色を見ることができました。

 

0815_鳥居原ふれあいの館到着.JPG
▲8時15分:宮ケ瀬湖鳥居原ふれあいの館に到着。雄大な景色に出迎えてくれます。登坂が
終わったばかりでそうでもなかったのですが、相当寒かったようで、チョコレートは
口の中でバリバリ割れました。 
 
0816_雄大な宮ケ瀬湖.JPG
▲8時16分:この後、ふれあいの館のスタッフにつかまりアンケートを埋めました。何時に横浜を
出たのか質問されてきましたが、工事用ビブスとヘルメットのライトで納得されていました。
  

チョコレートを喰らい終わる頃、鳥居原ふれあいの里のスタッフがアンケートを取りに、ニコニコしながらこちらに来ます。 断る理由もないのでアンケートに協力します。

ここは宮ケ瀬行きの定番スポットで、恐らく50回は来ているはずで、雄大な宮ケ瀬の自然について話が盛り上がり、しばらく談笑しました。 

 

しかし、この素晴らしい観光スポットも問題を抱えています。

ここに7時前に来ると固く施錠しています。 理由を聞くと、マイカー族・オートバイツーリング族の一部の輩が季節関係なく「焚火」をするそうです。 

その火の不始末でこの施設が火事になることを恐れ、夜間は立ち入り禁止としているそうです。 私も何回か見ましたが、毎朝係員が7時前にここに集まり、施錠を解いて施設を開けています。 

これが毎朝なので頭が下がります。 「人の迷惑になることは、絶対にやめてほしい!! 」 心からそう思います。

 

0821_雪べったりの西丹沢の山々.JPG
▲8時29分:西丹沢の山々は雪で覆われており、目からも寒さを感じましたが・・・・
地元の方の予想気温で正直驚きました。今回はツーリング族には会いませんでした。
自転車と違い、この寒さの中を受け身で耐えなければならないので、当たり前です。 

 

最後に、「寒いので、気を付けて横浜に帰ってください」と労っていただきました。

彼によると・・・宮ケ瀬は本当に寒いところで、八王子より通常5℃程低いようです。 

今日6時前に八王子を通過したときは0℃だったので、恐らく今は「-4℃か-5℃ぐらいですかネ?」と簡単に言います。道理でしゃべりながら顎の動きがおかしいと思いましたが、驚きました。 「いや~~~、聞くべきじゃなかった!直ぐ横浜に帰ります!」と言ったら爆笑していました。

 

心温まる会話で元気が出て、宮ケ瀬ダム経由で国道412号経由で半原を目指します。

宮ケ瀬ダムの向こうに、みなとみらいのランドマークタワーが見えます。調べてみるとここから、直線距離で40km弱あります。

冬なので空気がクリアーなこともありますが、長い間、公害規制と真摯に取り組んできた結果だからでしょうか? 私が小さい時は、北京と同じく光化学スモッグが当たり前の時代でしたので、ありえないと思いました。この大きなプレゼントに、また胸がすっきりします。 

 

0839_宮ケ瀬ダムとランドマーク.JPG
▲8時39分:宮ケ瀬のはるか向こうにランドマークが見えるでしょうか? 今回もちろん初めて
です。冬の景色は驚くモノばかりです。今回120km走りましたが、ローディーとすれ違った
のは3台だけでした。 

 

半原まで国道412号線はブラックポイントの所もありましたが、民家の屋根のトタンからポタポタ水が落ちているのが目に入り、凍結のリスクが無くなったことを確認しスピードが上がってきます。

相模川を挟んで、上溝駅経由で相模原の国道16号に9時半過ぎに戻ります。

 

0938_国道16号に到着.JPG
▲9時38分:国道16号に戻りました。あと自宅まで30kmぐらいでしょうか?もうツーリングが
終わったような気持ちでした。今回相当寒かったですが、来週も計画する予定です。 

 

残り30km強ですが、なんとか11時に戻る目的ができましたが、好調が最後まで続くことなく残り5kmぐらいになったら、ガクッとスピードは落ちました。今更ですがバテてきましたが・・・ノタノタ走行でも気温が暖かいので気は楽でした。

11時半前に自宅に到着。 サイコンを見ると平均心拍と消費カロリーが高い。かなりムリしたツーリングとなったようですが、本当に行って良かったと思いました。


nice!(22)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 22

コメント 20

Y.Tachi

累積走行距離の3万キロ・・・凄いですね!!
冬で写真のような天気だと、気持ちいいでしょうね~
夏でこの天気だと地獄かもしれませんが笑
by Y.Tachi (2017-01-15 13:45) 

soraneko

山岳ライドご苦労様です。
僕は平地を走っただけでクタクタになってしまいましたので凄いですね。

冬場は本当にウェアの選択一つで快適性だけでなくパフォーマンスも変わるので本当に厄介です。
ウィンドブレーカーは、さいきん専用品でぴっちりしていてバタつかない物もありますのでそれを使用するとだいぶ違います。
とはいえ専用品は相変わらず高いので、WiggleでPBのリーズナブルなものを買ったりしています。
ブルベなどのイベントは、14%の抵抗は命取りですから極力ウィンドブレーカは着ないようにして、厚手の反射ベストなどで対応していますが、後半体が濡れてきていると、日が落ちるとかなり冷え込んでしまうので、最後はお世話になったりしていますね。

「焚き火」は最近本当に厄介で、一つには「直火」に慣れていない、そもそも知識がない人間がほとんどで、火の怖さを知らないくせに「安易」に焚き火をしたり、田舎だとゴミなどを燃やしたり、勝手に野焼きして、結果として大規模な「山火事」になることが多いようです。
いつも使っている鬼怒川自転車道も、この時期は必ず何処かで山火事が起きて、河川敷が広範囲に「丸焼け」に成ってしまっていますね。
ツーリング中に巻き込まれたこともあって、本当に危ないです。
by soraneko (2017-01-15 17:05) 

喫茶こじろう

昨日今日と最強寒波の報道通りの寒さになっていますね。極寒のロングライドお疲れ様です。実は大垂水峠には昨日、私も勤め先メンバーと走る予定だったのですが、集合場所にて手違いが発覚し、急遽ご近所ライドに変更した次第です(苦笑)

これだけの低気温になると、筋肉が縮こまるのか本来のパフォーマンスを出せない気がします。そこに微妙な向かい風による空気抵抗の増加が加わると、気持ちとは裏腹にカラダが付いてこない感覚に陥りそうですね。それでも0℃や氷点下の数字がちらつく環境下で120kmもの距離をキッチリ走り切られるところは、大型中年さんの体調・ペース・モチベーション管理の極みですね!

鳥居原で焚き火をする輩ですか・・・常識を疑ってしまいますが、自分達の行う行為によって、結果的に自分達が利用したい場所をドンドン使い難くしていくことになるし、最悪失火の原因にもなる・・・そんな単純なことすら分からないところが、何だか残念ですね。
by 喫茶こじろう (2017-01-15 18:53) 

ASAT

ロングライド、お疲れ様でした。
あの冷え込みの中、朝4時に走っているとは・・・素晴らしいです。

雪化粧した丹沢を見て、湘南&三浦に行きましたが、冷たい強風に心が折れ、フラフラで帰宅しました。
改めて、風に大きく左右されるスポーツだと感じたところです。

自分もウィンドブレーカーの使用は最小限にと思っています。
なので、昨年奮発してP社のウィンドブレークを買いましたが、インナーいらずで助かっています。
しかし、保温力が高すぎて汗を流すことも・・・休憩時に一気に体が冷えて困っていますが(爆)

来週も最低気温は氷点下のようですね。
風邪をひかないように、ロングライドを楽しみましょう。

by ASAT (2017-01-15 18:55) 

fullcon

今日はホントに厳寒でしたね。
これだけ、詳細にデータ記録をしてらっしゃるので
Lifelogで睡眠の質も計測されると良いと思いますよ。
by fullcon (2017-01-16 00:17) 

creeker

極寒の山岳ロングライドお疲れ様です。
凍えるほどとても寒い朝から果敢にヒルクラを攻められるモチベーションの高さにいつも驚いております。
それにしても30,000kmですか!車に例えてもかなりの走行距離ですし、ロードバイクだけでこの距離とは本当にこれまで積み重ねてこられた証だと思います。

宮ヶ瀬からランドマークタワーが見えたことに驚きました!
やはり空気が澄んでいる冬場とはいえ、思わぬ光景に巡り合えることも自転車ツーリングの醍醐味かと思います。
こちらは最近乗れていないので、徐々にコンディションを上げたいと思っております。


by creeker (2017-01-16 00:21) 

大型中年

Y. Tachiさま

コメントありがとうございます。
ロードバイクに乗り始めて3月で6年になりますが、毎年5000kmの勘定となりました。
この距離が多いかどうか全くわかりませんが、定期点検や車検もないのに本当によく走ってくれます。
ちょっと残念なのが、同じようなところを走っているのに、オートバイのツーリングの皆さんとお話したことがありません。同じ2輪なので話が合いそうですが、今度情報交換してみます。
by 大型中年 (2017-01-16 20:27) 

大型中年

SORANEKOさま

いつもコメントありがとうございます。
今回は寒くても、たまたま気持ちが持続できたので走り切れました。しかし体力はもちろんのこと、気力がカチ盛りで走れる時期はあと10年はないと、寂しいながら現実を考えなければならないため、是非継続させるつもりです。

この神奈川のドライビングスポットである宮ケ瀬ダム「鳥居原ふれあいの里」は、そんなに小さなスポットではないのですが、夜間はゴッツいバリケードで封鎖しています。毎朝7時になるとスタッフが2~3人集まり、この施錠を解いています。
何かまずいことがあったのではと思いましたが、今回理由がわかって心底呆れました。

この施設は町立だと思いますが、私がオーナーだったら同じことをしそうです。自分が良かれと思っても、火だけは燃えるものがある限り、火災のリスクが付きまといます。
小さな花火でも、人によってはハラハラします。 非常に単純でクリアーな事。100%の人が迷惑するので、絶対にやめてほしいと思います。

また、神奈川のCRでスピードを落とさないロードバイクに腹を立て、道路に画びょうをセットする嫌がらせが横行しているようです。 これを聞いて、犯人のやっている事は無差別に迷惑をかけることであり、絶対に容認できませんが、その一方、私もメンドクサイので近づかないようにしているのが現実です。 

できる事は、自分が実践し、周りを諭すことしかできません。
本当にこの世の中は、権利の行使と義務の遂行のバランスが難しい。しかし、焚火と同じで・・・・権利だけ主張する年寄りにはなりたくないと思いました。
by 大型中年 (2017-01-16 20:35) 

大型中年

喫茶こじろうさま
 
いつもコメントありがとうございます。
お褒めいただきありがとうございます。確かに仰る通り、寒いと筋肉が弛緩し、自分のパフォーマンスが出せない状態となりますが、高齢者ドライバーの交通事故と同じで、ある日突然カットしなければならない趣味なので、走れるうちは走ろうと心に決めています。

恐らく深い疲労や深刻な状況にも慣れてしまったのかと思いますが、本当に自信過剰とか慢心は事故につながるので、いつも深刻になりながら、冷静に漕ぐのがロングライドの技術でないかなと思い始めています。

しかし、今回の鳥居原の件は考えさせられました。(鳥居原が正解でした。ありがとうございました。失礼なので、BLOGの編集機能で修正しました。)
もしかしたら、今の走り方が間接的にでも人に迷惑かけていないか? 工事用ビブスってドライバーに思いっきり迷惑かけていないか? かなり弱気になった帰路でした。
それを考えると何もできなくなってしまいますが、その社会の一員である以上、絶対に人に迷惑をかけてはならないと思いました。 少し、新鮮な気持ちに戻ったトピックスだったと思います。

来週も寒そうですね。
また暖かくして出発しようと思いますが、今週の金曜日に予報されている雨の動向が非常に気になっています。おそらく、会社の昼休みは、毎日Yahoo天気予報を凝視している自分が見えそうです。(笑)また、寒くても冷静に走れればと思っています。
by 大型中年 (2017-01-16 20:41) 

大型中年

ASATさま

いつもコメントありがとうございます。
寒さにめっぽう強いので朝早くから出発するのであれば、カッコいいのですが、渋滞や大型車にギリギリに抜かれる瞬間が大嫌いな理由が大きく・・・それがエスカレートしてしまたようです。

14日は湘南エリアはとんでもなく風が強かったみたいですね。そこを攻められるASATさんの脚力に敬服します。
本当にヒルクラと違い、向かい風はいつ終わるかわかりません。
でもこの奥深さがあるので、自転車は楽しいと言っている間は、マダマダ頑張ろうと思っています。
それにしても、私もPIの防風ウエアで走っていますが、走っている間は寒さを全く感じません。これだけは、一番投資対効果がすぐれた自転車用品だと思っていますが・・・最近適正温度0℃のグローブを物色気味です。(笑)
by 大型中年 (2017-01-16 20:46) 

大型中年

Fullconさま

いつもコメントありがとうございます。
アドバイスありがとうございます。そうですか!睡眠の質もモニタリングできるのですね。
自転車は一人で走っているので技術は我流です。なので、いつのまにかデータ取りと、その研究には強くなってしまったようです。
ある意味、ものすごく頭でっかちですが、本当に数字は冷徹です。でも、今ではゲーム感覚で楽しんでいます。
by 大型中年 (2017-01-16 20:50) 

大型中年

Creekerさま

いつもコメントありがとうございます。
バイク時代は、バイクの性能を始めとし、それをファッションに捉えていたのでしょう。
独身で資力があったので、車検を待たずに乗り換えていた時期でした。今から見るとそんな楽しみ方だったので、自らを切磋琢磨するより、バイクそのものを走らせることが楽しかった。
よって、キャリアを1台のバイクで済まされなかったのが、短距離の原因ではないかと思っています。
特にレースで順位を上げるわけでもなく、より厳しいルートをグランドフォンドで完走する目的も持ち合わせていないのに、6年間もハマっている理由がよくわかっていないのが正直なところです。

しかし、自転車を通年走らせていますが、本当に冬はスリーシーズンにお目にかかれない景色に遭遇することが多く、自分なりに新しい発見となる場合が多いような気がします。
この驚きが、ドロドロしたリーマン生活を忘れさせてくれる非現実性なのは間違いないようです。

今週末も寒そうです。金曜日は雨の予報なので、コース選びに悩んでいます。やはり寒くても山岳ライドに行ってみたいようですが、「懲りたんじゃないの! いい加減にしろよ!」と窘、自分を攻めている最中です。(笑) 
by 大型中年 (2017-01-16 20:56) 

fullcon

話は変わりますが、早朝出発の大型中年には
-5℃~+7℃のジャージが必要なのでは?
https://www.lapassione.cc/collections/final-sale/products/winter-jacket-camou-blue
by fullcon (2017-01-17 22:40) 

Y.Tachi

バイクと自転車だと
北海道ならヤエーし合う事も
情報交換し合うことも頻繁にありますが、
本州では余り聞かないですね~

本州でもライダーハウスに泊まれば
仲良くなれそうですが。
by Y.Tachi (2017-01-18 22:27) 

大型中年

Fullconさま

リンク送付いただきありがとうございます。安いですね! 今のウエアが×になったら考えます。 さらに高機能のウエアを買ってしまうと、本気に激寒も走らなければならなくなるので、少し・・深刻になっています。(笑)
by 大型中年 (2017-01-20 06:27) 

大型中年

Y.Tachiさま

コメントありがとうございます。
そうですか、やはりコミュニケーションは少ないようですね。確かにツーリングライダーとローディーが親しく歓談しているところを見たところがありません。しかし、峠の登りでライダーに抜かれた瞬間に、親指を立てる挨拶を貰いました。 この激励のサインで、カラダに力が蘇ったことを思い出しました。 今度チャンスがあれば話しかけてみます。
by 大型中年 (2017-01-20 06:28) 

やまちゃんず

極寒のロングライド 凄すぎます(><)/

毎回毎回ですが、大型中年さんの精神力素晴らしいです。
自分も見習わなくてはっ!て思うんですが…
寒さにやられて、今年は未だ外ライドをしていない状態です( ̄▽ ̄;)

累積30,000Kmおめでとうございます!!
このペースですと、直ぐ40,000Kmですね。

by やまちゃんず (2017-01-20 12:00) 

大型中年

やまちゃんずさま

いつもコメントありがとうございます。
お褒めいただきありがとうございます。しかし、深夜出発は通年の習慣でしょうか? 至ってヘッチャラなので・・・「精神力」なんてとんでもないことです。 それよりも毎回早く終わらしてやろう!という気持ちが有り有りなのと、相変わらず自転車に体重キープの仕事をお願いしているので、いつか卒業したいと正直思っています。
今日は千葉県の浦安に行きました。思ったより寒くなかったのですが・・・強風で腹いっぱいです。明日は寝坊できます。(笑)
by 大型中年 (2017-01-21 12:28) 

しゅわっち

累積3万キロ!毎年5千キロ!
一般的な車の走行距離のような数字ですね(・o・)
今回は0℃の爆走でしかも過去の記録を上回る内容のもの。。
やはり長期休暇がかなり良い影響を与えているのでしょうか?
かなりの力アップになっているようですね。
平均心拍数が136というのも凄すぎですね(^^;
しかし感覚がなるなるほど寒いのに逆に喜んでしまうとは
さすが、好きだからこそですよねぇ(*^^*)
ただくれぐれもご用心くださいね。
エッグタルト私も大好きです♪♪
by しゅわっち (2017-01-24 16:25) 

大型中年

しゅわっちさま

いつもコメントありがとうございます。
自分がやっているのに他人事の様で、本当に恐縮なのですが・・・継続こそ良い結果が生まれているようで、昔慣れ親しんだオートバイの距離数をとっくに抜いていました。 
私は元来飽きっぽい性格なんですが、ここまで続いてしまったのが驚きです。
でも50歳過ぎでやっとポジティブな考え方・習慣が出来たので、これを貴重な財産と捉え、セカンドライフに持っていこうと思います。

しゅわっちさんには、本当に冷静で丁寧なコメントいただき本当に恐縮です。いまある姿は、秋の長期休暇が根底にあるのは間違いないと・・・私も何となく思っています。
しかし、この経験があったので、少しぐらいキツクても、スルーできるようになったと考えていると思いたいところですが、いい気になっていると鼻っ柱を蹴られてしまうのも、人力が故の趣味だと思います。 もう四捨五入すれば、チャキチャキの還暦ですが、少しでもエージングに抵抗できるように頑張っていきます。
これからもよろしくお願いいたします。
by 大型中年 (2017-01-24 20:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0