So-net無料ブログ作成
検索選択

真冬の宮ケ瀬ロングライド(その358:ローディーの大喰い?) [ロードバイクロングライド]

最初からオヤジ話題で申し訳ないのですが、1215日に人間ドックに行ってきました。

人間ドックは、両親とも高血圧、父親は糖尿病で、バッチリ家族歴がある為、35歳から欠かさず行っています。

 

人間ドックシンボル.JPG
▲NETから拝借しました。いい加減な性格なのですが、人間ドックには欠かさず行っています。
正直数字の冷徹さを知るいい機会でありますが、長生きとは別の話題です。(笑) 

 

 

今回のドックで、距離に反比例して、体脂肪率が上がり続ける原因の糸口が見えます。

少し走れるようになったので、あたかも自分がアスリートのような振る舞いをしていたことが恥ずかしい限りであり、自転車族は食べても全く太らないのは、完全に本当ではないようです。

今週は、自虐ネタで始まってしまい申し訳ありませんが、また貴重な週末の時間をお邪魔させていただきます。宜しくお願いします。

 

1. 2016年人間ドックの結果

 

(1) やっぱりそこはローディー!理想が高すぎ?

 

今年相当走ったという実感はあるものの、昨年の年末より体重=+0.7kg, BMI=+0.4は誤差範囲かもしれませんが、胴回り=+20mm, 体脂肪率=+2.6%が気になるところです。 

画像系データはもちろん結果はわかりませんが、去年と同じく問題ないことで太鼓判貰いました。しかし、やはり自分が当初掲げた目標からは、遠く離れつつある現実に直面します。

 

胃がん検診.JPG
▲NETから拝借。胃レントゲンの診断機械です。バリウムを飲みますが、20年前は
大きなコップで、たくさん飲んでいましたが、20年経つと感度が上がったのか、
その時の3分の1で済んでいます。技術の進歩は早い。 

 

当初上げた目標とは、「体重はアップしてもかまわない。体脂肪を11%以下とすること!」ことでしたが、結果的に体脂肪は年々悪化の一途をたどっていおり、「体重はキープできているが、体脂肪率が右肩上がりで、はっきり言ってブヨブヨの状態」です。

ストイックに考え過ぎの感はありますが、結果が危うくなってから、初めて対策するのでは、健康チェックとは言えません。できるだけ早く気付いてその芽を摘み取るのが人間ドックの役目だと思います。

 

また現実を考えると、早起きして「ロングライドを毎週こなしている努力は意味なし!」の印象で、これだったら何もせずに寝ている方がマシかもしれないと思うと、やはり無性に腹が立ちます。

検診いただいたお医者さまは、標準値を超えるものがないので、液晶画面に赤色表示していないのを指でなぞりながら、「イヤ~全く問題ないよ!」と言ってくれました。

 

人間ドックの推移.JPG
▲NETから拝借。ある病院の一年の人間ドックの推移グラフです、近年の健康ブームでドック
来訪者が13年前の5倍となっています。今回も予約できるまで1か月弱待ちました。 

 

しかし「体脂肪率が右肩上がり」を少し説明してみたところ、「体脂肪率は、微弱電流で測定しているので、10%~20%は楽に測定誤差が出ます。 やはりBMIと胴回りが大事なデータであり、こんなの全く気にすることはありません!」と、私の言葉を遮りにかかります。ある意味メンドクサイ質問だし、診察する人が多く残っており、取り合ってくれなかったのでしょう。しょうがない!次に向かいます。

 

0001_宮ケ瀬の朝.JPG
▲今回の宮ケ瀬湖です。虹の大橋の向こうに、「本間の頭」というピークが見えますが、
やっと朝日を光を浴びてきました。 かなり寒く・・・数分後にリタイヤしました。 

 

相談相手はもう一人います。特定検診で生活習慣をアドバイスしてくれる保健士さんです。自転車に乗る前は、耳が痛くなるのでいつもスルーしていましたが、今回は少し真面目です。

でもこれはおそらくスポーツ生理学の範疇でしょうか? 自転車の狭い世界の話なので、結局健診結果と同じ結果に、「まあ歳だから、新陳代謝が減ってしまったようですね!」でサクッと終わりでしょうか? とにかく待ち合わせ室で待ちます。

 

(2) 体脂肪率が上がってしまう原因(泣)

 

自前で作製したグラフを示しながら、保健士さんに相談してみました。

結果から言いますと・・・・単純に「体脂肪増加=食べすぎ」でした。 しかも、ローディーの心情を見透かしてアドバイスしてくれました。非常に分かり易かったです。感謝いたします。 

 

自前体脂肪の推移.JPG
▲このグラフを用いて説明しました。今年は距離も獲得標高が増えているのに、体脂肪率が右肩
上がり!4年前の11%にするにはどうすればいいか、真剣に相談しました。 

 

彼女の結論は次表のようになります。

No

項目

こうするべき

備考

1

走行後に食べないと筋肉が壊れる。

週一回ぐらいの運動ではウソ。毎日4~6時間練習しているアスリートの領域です。

 

2

走行後のプロテインや豆乳の服用(筋肉補修)

すぐ止めること。筋肉修復のための栄養素は食事で十分。

プロテインは単純に太るだけ!

3

長く厳しい距離の走行

体が身構えるだけ。体に負担ならない距離で回数を増やすのが理想です。

自己満足が危険!

4

自転車乗りだから、何を食べても太らない!

ウソ。食べれば食べるだけ太ります。就寝直前の食事、間食、甘いモノは大敵!

一日の摂取量(体重×30kcal以上摂れば絶対に太る。

5

1万歩/日の習慣

続けてください。ただし理想は8千歩ぐらい。せいぜいその差は100kcal位で小さい。

1万歩では、関節を傷める可能性が大だそうです。

 

NO.12は、私がネットで仕入れた知識を早合点していたようで、全く逆の効果でありました。すぐやめるようアドバイスいただきました。

問題はNO.34でした。彼女は電卓叩きながら、ウォーキングや自転車の運動習慣で支払われるエネルギーの平均値、食事の内容をつぶさにヒアリングして、予想カロリーをササッと計算しました。その結果、大づかみですが一日300kcal~400kcalオーバーとのことで、ご飯2杯が余計な事でした。

 

彼女の計算の詳細は省略しますが、私は自転車に週一回しか乗らない。

よってどんなルートを走っても「÷7」で、数値が薄められてしまいます。 例えばヤビツ峠を走ったとして2800kcalですから、400kcal/日の貯金が出来るとして、これはオニギリ2個分/日がセーブ出来ていることになり、なるほどと思います。

 

0003_登頂用チョコ.JPG
▲このキットカットは200kcalぐらいですが、これも余分な摂取という事に。
やはり子供の時に巣食っている脂肪細胞満載の私は一生の付き合いでしょうか?
平成の怪物の松坂のような寂しすぎる最後は絶対避けたいところです。 

 

その中で、特に彼女が力を入れていたのは、No.3です。 これは長距離をこなすロードバイクを趣味にしている人が、「自転車族は喰らっても太らないという免罪符!」のように考えるのが最も危険で、まさに私の心の中を見透かされたようです。

私は外食が超苦手なので、家に帰ってご飯だけでなく、パンや果物を喰らって、ベッドにひっくり返る習慣で、完全に栄養過多&最悪の習慣でした。それでも体重だけは毎日測定していたので、大きなケガにはならなっかのが幸いでした。

 

少し気になったのは、私が自転車で150kmとか、東京湾一周で約5000kcalとか言っても、彼女は全く動じないどころか、平然としており、何時もと違います。

その理由は・・・・彼女はスポーツ医学協会の保健士の資格も持っていると説明。 

アスリートの健保相談にも経験あるようです。 これで、完全に納得しました。やはり、いい気になっている自分の甘さでした。彼女には丁重なお礼を言っておきました。来年再会できるのであれば、数字で結果を示したいと思います。

 

 

オーディオ物欲.JPG
▲ここでちょっと話題替えます。また激安イヤホンを買ってしまったのですが、これは中国製です。
しかし、NETでの評判がものすごく高く、会社の人にも推薦され「ポチッ」しました。音は国産の
2~3万円のレベルですごく豊かでした。完全に激安イヤホン依存症になってしまいました。 

 

さて、長年の疑問点の突破の糸口が見えたわけで、少しすっきりしました。

ダイエットの特攻薬なんてあるわけなく、やっぱり地道な努力しかない。2017年は第2次ダイエットに入るつもりで、残り6日間の生活を改める事にします。また、6年ぶりになりますが、「ひもじさ」との戦いです。いつもと違い強い覚悟ができました。

 

2. 宮ケ瀬ロングライド

 

17日は休脚日のつもりでしたが、理由はどうであれ、自転車が心底好きなのです。それでも距離は短目にですが、宮ケ瀬湖~厚木のレギュラーツーリングとします。

しかし、この冬最強の寒気団が来襲しており、横浜は最高12/最低2℃でした。更に調べると、町田の最低気温は-1℃なので。宮ケ瀬湖の最低温度-2℃~-3℃でしょういか? 

この気温では・・・・さすがに自転車を止めるべき温度ですが、この寒さの体がどう反応するか感じたいのか、なぜか超気合が入っており先週とは大違いです。 午前10時までに帰ることを目標に、明朝の4時前に自宅を出発すべく、早々と就寝しました。

 

20161217_ルート図.JPG
▲今回のルート図です 。いつものレギュラールートですが、平均消費が高いのに平均速度が遅い。
この理由は、体温をキープするのに寒かったので新陳代謝が上がったことが理由でしょう。
全く疲れることなく100km走れました。 

 

3時半に布団を剥ぎました。

定例のお仕事のゴミ捨てに行きましたが相当寒い。11月末に東京湾一周した時の最低温度も3℃でしたが、その時とは冷たさのパワーが全く違い、今回の寒さはガチ本物です。

ヒートテックを2枚重ね、適正温度5℃のパールイズミのジャージに、ウインドブレーカーで完全防備します。 ここで大切なアイテムは防寒ビーニーです。 フツーにいえばフリース素材の防寒帽子ですが、頭の放熱量が上半身の40%あるそうで、かなりこの防寒グッズは、カッコ悪いのですが効きます。

 

0351_2号線出発地点.JPG
▲3時51分:いつもの環状2号線の出発口です。ここから長い下り坂を降りるのですが、かなり寒くて
手の指と足の指がしびれ気味です。でも、他は全く寒さを感じません。防寒ビーニーは
おススメです。 

 

国道16号で横浜から橋本に行くのはこれで何回目でしょうか? 

まさに通過ポイントがあれば相当貯まっているはず。(笑)おそらく国道246号で厚木に行っている回数の倍では効かない思いますが、今度棚卸して、アプローチ五傑を調べてみようかと思います。走り難くても何でも、横浜ライダーのその日最初の行動は、幹線をひたすら耐える変わることはありません。

 

0449_相模原国道16号線.JPG
▲4時49分:相模原市手前の国道16号です。心なしか車が多いような気がしました。血が
全身を巡ってくれたのか、指の冷たさは無くなってきました。 

 

5時過ぎに相模原の矢部を通過します。 ここで自宅から26kmです。 3~4年前はこの先の自動販売機で良く休みましたが、最近は休むまで少しづつ距離が延びてしまっているのが現実です。やはり残された距離を少しでも早く終わりにしたい強迫意識が根付いています。

 

0503_矢部国道16号.JPG
▲5時3分:相模原市を抜け橋本に入りますが、この時間帯をすぎる位
から冷たさが本格的になってきました。何度あるのでしょうか?
走りながら温度表示がないかキョロキョロしました。 

 

橋本を5時半前に通過。さすがに町田で-1℃の予報です。 さらに強烈な寒気というべきか、この冬の寒さにあまり慣れていないせいか、体が強張ってきたような気がします。それでも、脚や手の先端以外はマダマダ大丈夫です。 冬季専用自転車ウエアはやはり機能的です。

しかし、こんな寒空に好んで走る人はほとんどいないはずで、褒められた内容でも何でもない。 丁度、横浜みなとみらいのホテルにジタン監督率いる、スペインのレアルマドリッドが投宿していますが、選手を一目見ようと、多くの人が集まっておりロープで囲まれたエリアに数十人がじっとしていました。私は全く興味がないのですが・・・・これと同じです。

 

0003_レアルの追っかけ行列.JPG
▲先週のみなとみらいのホテル玄関です。バリケードに区画されたエリアにレアルのファンが
ジッと待っています。 この寒空、ホテルも中に入れてあげればいいような気がしますが、
やっぱり宿泊者が大迷惑するのでしょうがないところです。 

 

津久井湖を540分前に通過。 この先にあるファミマで1回目の休憩取ります。

ここで、スイーツを宮ケ瀬湖の楽しみでご購入し、温かいコーヒーと赤飯おにぎりを喰らいます。

イートインで時間調整とします。 924日に信州行きの時も、この津久井湖のファミマで休憩したのですが、この時と同じワンカップ大関を、グビグビ飲む80歳過ぎのご老人が居ます。恐らく、毎日飲んでいるのでしょうか? 

 

人の楽しみは千差万別です。ご老人から見たら、寒さを侵してライトを煌々と照らす自転車野郎に対して首をかしげたくなるはずです。 本当にお酒が好きなのでしょう。飲み干すと、また店内に行って2杯目のワンカップを買い求めています。 飲みっぷりがいいのですが、日本酒を飲んだ時の気持ち悪さを少し思い出し、赤飯を補給するとさっさと再出発します。

 

0543_おにぎりでごまかす.JPG
▲5時43分:ファミマイートインでホットコーヒーでのんびりしますが、この後日本酒の匂いに
気持ち悪くなり、そそくさ出発です。本当はこのイートインは飲酒禁止ですが、
店側も毎日買ってくれるのか何も注意しません。 

 

1217日の日の出は645分です。

青山交差点より長い緩斜面を白い息をたなびかせて登ると東の空が、まさに朝焼けが始まっています。相当温度が低いはずですが、上半身はウインドブレーカーで暑いぐらいです。自転車を止めて撮影しますが、数分で寒さが身に染みてきます。ススキの穂の向こうの朝焼けが奇麗です。

 

0622_東の空の朝焼け.JPG
▲6時22分:青山交差点からの登りを軽くもがくと・・・風景が開けるポイントがあるのですが、
東の空の朝焼けが始まっています。思わず自転車を止めて撮影会です。 
 

宮ケ瀬湖への登りに6時半に入ります。

3時間前に、自宅近所でゴミを捨てていた時に目に入った天空の月が、いつの間にか光量を落として、梢の向こうに西の空に沈もうとしている幻想的な景色にを見上げます。これを見ると、寒さを突いて来てよかったと思います。距離はもう少しで50kmです。今日はこれで半分走ったことになるので気楽です。

 

0629_東の空が光量増す.JPG
▲6時29分:東の空の光量が増えてきました。フロントライトが頼りなくなってきましたが、完全に
明るくなると点灯モードで走っています。やはり充電式LEDライトは重宝します。 
 
0636_梢に沈む月.JPG
▲6時36分:梢の向こうに月が沈んでいきます。すごく幻想的な風景でした。あと自宅まで50km。
かなりリラックスして走ることができました。 
 

 

651分に、鳥居原の駐車場に到着。 山々の頂上が朝日を受けた時間帯で、本当にきれいです。宮ケ瀬湖に来たのは調べてみたら今年13回目でした。ほぼ毎月来ている勘定ですが・・・本当にここからの景色は全く飽きません。 

先週、忘年会があったのですが、ロードバイクの広がりに驚きました。3人の自転車乗りと談笑したのですが、やっぱり宮ケ瀬湖は全員が最も走っているエリアです。 善波峠のセブンイレブンが閉店した神奈川のマニアックなロードバイクの話題が出た、驚きの飲み会でした。気づく必要もなく・・・・全員50歳近いまたはそれ以上のオッサンばかりでした!!(笑)

 

0651_鳥居原に到着.JPG
▲6時51分:宮ケ瀬湖鳥居原に到着。西丹沢の蛭が岳は標高1000m超えていますが、来月になると
白い雪面になり、淡く朝日が反射します。 寒いですが、これも来月の楽しみです。
 
0652_宮ケ瀬湖朝焼け.JPG
▲6時52分;宮ケ瀬湖の定点撮影となります。 11月に宮ケ瀬に星野撮影を目指していましたが、
天気が悪く達成できませんでした。条件が揃う来年の秋の課題となります。
 
0653_朝焼けに輝く本間の頭.JPG
▲6時53分;虹の大橋の向こうの山が朝日に輝ききれいですが・・・・そろそろ体が冷えてきました。
写真を撮りながらプラプラ歩きましたが、自転車に戻って、すぐ手袋をはめました。 
 
0654_寒さを助長する霜柱.JPG
▲6時54分:結構成長した霜柱を見ます。鳥屋原はローディーはもちろんの事、オートバイ族も
全くいませんでした。
 
 

最初は余り寒さを感じなかったのですが、成長した霜柱と白い息が目に入ると視角からも寒さが顕著になり、とても朝一の朝日の光の矢を待つ余裕はなくなりました。ホンの10分ぐらい居たでしょうか、寒さですぐ出発します。

 

0656_そろそろ寒いので出発.JPG
▲6時56分:冬枯れした木の枝の向こうに月が見えます。寒いのでそろそろ出発とします。来月も
チャンスがあったら是非来るつもりです。 

 

宮ケ瀬中央公園の前で、奇麗な朝日を受けます。家を出て3時間強です。ちょど半分はナイトライディングの勘定となりますが、寒風を突いて来た甲斐があります。 

 

0715_朝日を受ける.JPG
▲7時15分:やっと朝日が差し込んできます。こころなしか外気温も上がってきたような気が?
この後やまびこ大橋で、「0℃」の表示が出ていました。一瞬ドキッとなりますが、あとは帰るだけ
なので気は楽です。
 

やまびこ大橋の手前で温度表示がありのですが・・・ピッタリ「0℃」と表示。「山間部凍結注意」の表示に身を引き締め、ソロリソロリと土山峠を下ります。

県道64線を丁度朝日の方角に向かって漕ぎます。真正面に暖かな朝日を浴びるので気持ちが良い。 途中うリッチランドの看板を見て「半原越え」が頭をよぎりますが、止めましょう。このまま自宅に戻ることにします。

 

0726_大棚沢橋.JPG
▲7時26分:土山峠の前の特徴的な大棚沢橋です。トンネルでもう少し温まりたい気が?
今日は車もほとんどいないツーリングになりました。
 
0737_朝日が眩しい県道64号.JPG
▲7時37分:土山峠から県道64号線を使って降下します。朝日に向かって走りますが、標高が下がり
かなり暖かくなってきました。このツーリングで一番ホッとした時間帯でした。 
 
0807_246号に合流.JPG
▲8時7分:国道246号に入ります。肉まんが無性に食べたくなり、この後、海老名のコンビニで
食します。久しぶりにノードピングでツーリングが終了です。 
  

8時過ぎに国道246号に合流。自宅まで30km以下でしょうか? なんとか9時半に到着できそうな時間ですが、青空が勿体ないので横浜市内で軽くヒルクラの練習をして、自宅には10時過ぎに到着できました。

 

・ツーリングデータ

距離=101.23km、時間=4Hr21Min、平均速度=23.27km/hr、消費カロリー=2,633kcal平均消費=605kcal/hr、獲得標高=932m最大標高=329m最高速度=49.0km/hr、平均心拍=129bpm最大心=158bpm平均ケイデンス=76rpm、最高ケイデンス=109rpm


nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 14

えすぷれそ

保健師さんの説明わかりやすいですね。自分もいくら食べても自転車乗ってれば太らないと思い込んでるので気を付けないと・・・
今日は暖かくなってきたのでこれからほぼ同じコースを走ってきます!

by えすぷれそ (2016-12-18 09:51) 

fullcon

そうなんですよね!
週一のライドで、アスリート気取りが、、、、

せめて、週3は乗らないと摂取オーバーになります。

僕も最近胴回りが、、、
by fullcon (2016-12-18 13:07) 

ASAT

自己満足・・・確かに。。。
平日は仕事柄、なかなか昼食がとれないので、週末は食べるようにしています。

それでも、体重が増えたので不思議に思い、飲み物を糖分&カロリーゼロの麦茶にしたところ、体重&体脂肪が下がりました。

飲料に含まれる糖分も、案外馬鹿に出来ません。
運動中も、ダイエットなのか、筋トレなのかで飲料を変えていますよ。
by ASAT (2016-12-18 14:41) 

creeker

一気に気温も低下し厳冬期になりつつある最中、今週も早朝からのロングライドお疲れ様です。
自転車での宮ヶ瀬で日の出を迎えることがほぼ定番になっていることが、本当に真似できないなといつも感じております(笑)
霜柱を見ると真冬になったとことを実感しますね。

私も週イチでしか運動をしていないので、まったく同様の感想です。運動時の炭水化物の摂りすぎについては、運動強度にもよりますが確実にあてはまりそうですし、それ以外にも平日の食べ過ぎ飲み過ぎも最近顕著になってきているので、ロードバイクで毎週走っているから大丈夫という油断があるのも私も改めなければと思います。それでも走っていい汗を掻くスポーツは真冬こそ楽しめると思うので、しばらくはこのスタイルを続けて行こうと思ってます。
by creeker (2016-12-18 22:27) 

喫茶こじろう

人間ドックは40過ぎてなお、まだ一度も受診したことがない者です。毎年、今年こそ…と思いながら早数年、結果を聞くのが少しばかり不安ではありますが、異常があるなら早期発見が吉ですよね。2017年こそ夫婦で受診しようと思います。私は体重も体脂肪も殆ど増減しないのですが、心なしかお腹周りが少しボテっとしてきましたので、チョッピリ焦っています(苦笑)

冬の明け方の宮が瀬湖は本当に澄んだ景色を見せてくれますね!私の行動時間ではまず見れない光景ですので、大型中年さんが撮られる作品の数々が私にとってかなり貴重です(笑)
裏ヤビツの通行止めも解除となったようですので、表ヤビツを登ったあとのコースアレンジが再び豊かになりました。最近は鳥居原も全然立ち寄っていませんが、この冬は比較的暖かい予報の日を狙って久しぶりに訪問したいと思っています。
by 喫茶こじろう (2016-12-18 22:39) 

soraneko

ああっ!、こうやって「問答無用」で指摘されて、文章にしてしまうともはや言い訳する事は出来ませんね!。
耳が痛い!を通り越して、ハートに集中砲火を浴びて撃沈です(笑)。
確かに体脂肪に関してはかなり誤差があるようで「目安」にはしていますが、腹囲とか、あと顔をの頬とか顎まわりに変化が出やすくて、久々に会った同僚に「最近太った?」と砲撃されて再び轟沈です。
もう完全に「収支」の問題で、着実に減らしていたころの食事メニューを思いだすと・・・・いや思いだすまでも無いのですが(苦笑)、カロリー管理は最低限の必須事項なんですよね。

本当は寒い中を走ると、それだけで体温意地の為の基礎代謝が上がるので、「本来であれば」体重は減っていくハズなんですが、僕の場合冬場は風邪をひくのが怖くて、どうしても食べてしまいます。
と、これも言い訳ですよね!
by soraneko (2016-12-19 18:33) 

しゅわっち

人間ドック、お疲れさまでした。
良い結果と指導があって良かったですね♪
私の過去を振り返りますと週2~3回のトレーニングで維持、
向上させるにはそれ以上のトレーニングが必要と自負し
最低でも週4日の40分以上のトレーニングを心掛けておりました。
でもドクターが太鼓判を押してくれた程の良い結果なら
ともかくにも良かったですね(*^^*)
by しゅわっち (2016-12-21 07:45) 

大型中年

えすぷれっそさま

いつもコメントありがとうございます。
今回は、きちんと答えてもらった保健士さんの相談が受けられてラッキーでした。やはり少し天狗になっていたのは否めず、自分の健康は客観的に見ていかないとダメで、子供の時より40歳後半前の「デブ一気通貫」の私は、この戦いは一生ものです。

子供にも口酸っぱく言いっていましたが、最初はスルーされていました。しかし、オヤジがダイエットを実践できたのか、やっと訴求力のある話しができるようになりました。何とか、悪い遺伝子は断ち切りたいの一心です。頑張ります。
by 大型中年 (2016-12-21 21:46) 

大型中年

Fullconさま

いつもコメントありがとうございます。
そうなんです。週一回しか乗らないのにエラソーな事言うなよ・・・と、保健士さんの目に書いていました。もう少し謙虚に取り組まなければだめです。でもここで、カラダをドンドン追い込むツーリングしては本末転倒です。やはり、6日間の過ごしたが重要です。
今日で「お菓子断ち」は6日目です。辛かったのですが、やっとリズムが出来始めました。
by 大型中年 (2016-12-21 21:47) 

大型中年

ASATさま

いつもコメントありがとうございます。
仰る通り、飲み物の砂糖は本当に影響が大きそうです。 「微糖」なんて売れるためのキャッチフレーズみたいなもので、全部ウソと考えた方が良いそうです。そのため、水・お茶がベストのようです。 今。ツーリング中のスポドリを止めてお茶に切り替えようかなと思いつつ、そこまでストイックになるべきか考えております。 
糖質断ちして6日目ですが、体重計に乗って成果を期待していますが・・・、やはりすぐ結果は出そうもないですね。(泣)
by 大型中年 (2016-12-21 21:48) 

大型中年

Creekerさま

いつもコメントありがとうございます。
宮ケ瀬湖は何回も行っていますが本当に飽きません。コースに迷えば、宮ケ瀬を絡ませれば、適度なアップダウンや景色を楽しむことができ、本当に貴重です。 もしかしたら、宮ケ瀬ルートがなければ、ここまで自転車にのめり込んだか?と、少々オーバーですが考えか事があります。
F85を買って初めて宮ケ瀬に行ったのは、確か半年目でしょうか?この時は60~70kmの距離が普通でしたので、100kmを超える距離は憧れでしたが、宮ケ瀬の雄大な景色になれ楽しんでいるうちに、100kmも身近になってきたのは間違いありません。 
又ですが、今週後半は気温が上がっているので、また神奈川北部方面を考えております。

体脂肪率アップの原因は、まさか食べ過ぎとは思わなかったので、覚悟が不十分でしたが、3時のおやつ時間に食べる楽しみだったお菓子が無くても、やっと慣れてきました。
やはりこのようになるまで2年ぐらいでかかっていますので、11%切るまで2年間の長期治療で頑張ってみようかなと思っています。それにしても・・・・数字は冷徹です。頑張ります!(笑)
by 大型中年 (2016-12-21 21:50) 

大型中年

喫茶こじろうさま

いつもコメントありがとうございます。
私も人間ドックは奥さんと行っています。50代の中何過ぎると、共通の話題は体の事です。数字が出てしまうので、奥さんと自然に競い合ったり、買い物も車を使わず、リュックサックで行ったり・・・結構、生活に対する考え方も変わって来るようです。こじろうさんも奥さんと行かれることを推奨いたします。 
私は自転車で、体重測定だけでなく血液等の数値も、すべて標準内に収まっていますが、やはりちょっとした変化、もしくは兆候に対して敏感になったような気がします。 今年は少し頑張りすぎの兆候がありますが、やはり変化も少し要因にあります。 でも、自転車に乗ったから、数字が良くなる等の、都合のいいことは考えてもしょうがないのですが、少なくともブレーキをかけられるのがいいかなと思っています。 

アップした写真を「作品」と言っていただき、本当にありがとうございます。 この世にひとりでも見ていただける方が居ると思うと、さらに頑張ることができます。返す返す、お褒めいただき恐縮です。
今週は暖かい日が続いたので、また週末は、山沿いを頑張ってみようかなと思います。 本当に、休脚日の3文字は忘れちゃったのか、いつのまにか今度の週末の予定を組み立てています。困ったものですが・・・・、まだ、2017年も自転車が楽しくてしょうがないようです。
by 大型中年 (2016-12-21 21:52) 

大型中年

SORANEKOさま

いつもコメントありがとうございます。
本当に体重管理は収支バランスであり極めてシンプルです。自転車野郎は何を食っても太らないと何回も聞いていましたが、40の後半まで大デブだった私には適用しない言葉で、やっぱり絞らないとダメという事はよくわかりました。 
これで、ツーリングする大義名分は強固になったわけですが・・・半面、3年前の体形に戻すと、自転車が走れなくなるんじゃないかとも思っています。 
考えてみなくても3年後は、還暦にリーチがかかってしまうので、このままの体形でも問題ないかとも思っているのは正直なところです。しかし、自分に甘い性格なので、どんどん楽にしてしまうのは必定です。結局、自分に厳しくしても、遅かれ早かれお迎えが来てしまうのは間違いないし、積み上げた財産を墓場にも持っていけません。何が正解か全くわかりません(笑)

さて、今年はまだ終わったわけではありませんが、2016年はSORANEKOさんに触発されて、走りまくった時期もありました。 これは、今でも忘れられないのがBRM400を24時間で完走された事です。 これがあったので、9月の信州ツーリングが出来たと思っています。 来年もこの覚悟を持って行きたいのですが、2017年はもう少し肩の力を抜いて走って見たいと思いますが・・・・まだ熱病から醒めないようです。これも困ったものです。(笑)
by 大型中年 (2016-12-21 21:53) 

大型中年

しゅわっちさま

いつもコメントありがとうございます。
トレーニングの方法は全く違うのですが、生意気ですが一番大事なことは、本来あるべき姿にカラダ戻すべきという気持ちであり、これを可能にしてくれたのは人間ドックでした。 やはり-21kg(-24kgではない)を達成できたのは、人間ドックの相談相手に、それこそメチャクチャ言われたのがスタートでした。 やはり数字は冷徹でこれに蓋をして年を取るのは不可能です。 
週末の激運動1っ回だけでは、運動として足りない可能性があるのでわかりましたので、30分早起きしての徒歩通勤は、しばらく続けてみようかなと思っています。 
やはり楽しくなければ続かないので、自分が得意な部分で頑張ってみようかなと思っています。
by 大型中年 (2016-12-21 21:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0