So-net無料ブログ作成
検索選択

再び荒川北部サイクリングルート(その218:横浜~赤羽~熊谷) [タフルート]

GW後半が始まりました。
3日に予定通り、321日のリベンジの荒川サイクリングルート(以下CR)を熊谷まで行きました・・・・。 またしても、弱いながら北西の向かい風でしたが、無事熊谷まで行くことができました。やっと、来週から自分のホームグラウンドを走れそうです。

20140503_荒川CRコース図.JPG
▲横浜~赤羽~熊谷までの120kmのコース図です。獲得標高は180mですが、このコースの特徴は
なんといっても風の影響です。 それでも荒川CRは自転車のメッカです。 おススメのコースです。

1. 自転車に深くかかわるデータとメンタルの関係

27日に東京湾一周のツーリングは、ペースメークの甘さ、向かい風、予定外のコース走破でグタグタな結果となり、取り貯めているExcel200kmと言う数字だけが残っただけとなりました。
先週は決して良い結果にはなりませんでしたが、200kmという数字が起点になったのか、今回の荒川CRはどう走ろうか・・・・作戦を練れたのは事実です。

20140223_0828_観音崎_編集.JPG
▲2月23日観音崎から撮影:今年取り貯めた写真の中でも最も好きな構図です。
千葉県側の残照と、海のスポット光のバランスが素晴らしい。
この写真は狙って撮ったものでなく、いつのまにかとれていた1枚です。

「おいおい、また数字かよ!」と・・・・お嘆きの貴兄、斜め読みしてください。
自転車の話題を会社でする時にも、数字から入る方がすんなり話題が、相手に伝わる傾向はあります。これだけ、数字に踊らされるのは、自転車以外に考えられません。その理由を考えることから、この章は始めます。
恐らく自転車は全くの人力であり、いわば自己責任の世界です。 この責任をきっちり果たすには、自分を時には律することから始めなければなりません。そんな時は、速いか・遅いかだけでなく、疲れ方がどうなのか、その時心拍数はどうだったのか? 有酸素領域で運動していたのか? ケイデンスはどうだったのか・・・・自転車を語る時は、評価方法・切り口方法がたくさんあります。

20140405_0729_小田原長興山.JPG
▲4月5日:小田原長興山の桜です。朝7時30分で、観光客が全くいません。
この桜の横で30分も見ていたのは、思い出です。


この評価の中で、自転車の世界の共通語が「数字」の様な気がします。 この数字を正しく評価して、次に生かすのが、自転車を操る上で重要な習慣となっています。先週・今週と,3000kcalを超えるハードルートを走ってしまいましたが、少し評価してみます。200kmという新しいドアが開き、データの世界も少し広がりました。
でも、依然として疲れ方は、(その211)の荒川
CRが一番だと思っています。下表に、今回走行した荒川CRの結果を一緒に書いてしまいます。

番号

ルート

距離
(km)

乗車時間(Hr)

消費カロリ(kcal)

平均消費カロリ(kcal/h)

平均心拍数(bpm)

向い風
(m/s)

その216

東京湾一周

200.30

8.5

4,570

541

130

6

その211

荒川CR~熊谷

124.80

6.1

3,410

562

133

10

その218

荒川CR~熊谷

131.44

5.4

3,003

554

131

4


私の平常時の消費カロリーは、530kcal/hrで、東京湾一周のときは少し高めですが、まあまあと言ったところでしょうか。 しかし今でも、向かい風10m/sに立ち向かった、その211の荒川CRの方がキツかった。何回も心が折れそうになりましたが、自分の享楽の虫をつぶしながら、熊谷駅まで「とにかく」走りました。結果は、平均消費は562kcal/hrで、平均心拍は133bpmでした。 
それに比べ、今回はYahoo4m/sの向かい風で、少し高めの554kcal/hrであり、消費も3003kcalでしたが、(その211)や、東京湾一周の(その217)とは比較ができないほど楽で、余裕のあるツーリングでした。まあ一回走っているかいないかです。

20140329_0913_菜の花台から富士_編集.JPG
▲3月29日にヤビツ峠菜の花台から撮った富士です。 雪が残っている斜面にのみ太陽の光が
差しています。どこでもある写真のようですが、これも好きなショットです。

それでも数字は正直なもので、横浜~熊谷の120kmを、それぞれ6.1Hr5.4Hrで走っていますが、その差は0.7Hr40分ぐらい。 Totalの消費の差も400kcalですので、1時間換算で570kcalです。
大きく平常値とは違いません。よって、風に叩かれて遅くなった40分が、「天国」と「地獄」の明暗を分けていただけだとわかります。精神的には、非常にキツイツーリングであることは変わりません。ただし、冷静に数字で読み取ると、その211218も、今まで通りの走りをしていたと評価されます。 

向い風の強弱で、あと語れるものは「被害者意識」だけですが、これは受けてしまう以上しょうがないです。でも、このように数字を突き詰めていくと、今回は向い風にヘタることなく、中盤からバンバン飛ばした判断は正解のようでした。 作戦がなければ、また天を呪った向かい風ですが、今回は自分を信じて、「被害者意識」だけはもたないよう走ったのが正解でした。

2. 再び荒川CRを経て熊谷へ

427日は深い疲れで帰宅しましたが、28日と29AMは自転車に触るのも気が引けていましたが、29日午前中に奥さんとウォーキングをしましたが、気持ちの良い春の気温と、清々しい空に、3日の荒川CRの気持ちが高揚してきました。 午後にチェーンの掃除と、各部の増し締め、注油を行っておきます。 

3日の出発は、4:00とします。前回が5:00近かったので、この1時間を午前中に稼げるのは大きい。
荒川CRは、夏は南東の風・冬は季節風の北西の風が吹きます。 3日の気温は熊谷で夏日の27℃なので、南東の追い風を期待したのですが、午前中は、北西の弱風3~4m/sの予報でした。
2日の夜、これを見て少しガックリしましたが、赤羽まで力をためておいて、CRで心拍を140bpmにて、熊谷まで行く作戦としました。
前回は、この向かい風の強ささえ調べなかったのが敗因ですが、CRの場合は吹きさらしのコースなので、風向きは重要な情報です。

2-1.横浜~赤羽(0km~51km)
距離 51.89km 時間 2時間8分 平均速度 24.2km/h 平均心拍 122 最高心拍 150

前回は5時の出発で、たしか多摩サイで夜が明けるタイミングでした。今回も同じように多摩サイで夜が明けるべく4:00出発とします。昨夜は、西の空に木星が美しく輝いておりましたが、3日の東の空には金星が輝いているはずです。 これに、27日は三日月が見えましたが、2日は夕方に見えていました。 月は惑星でないので、1週間の差が大きく出るのですが、この理由を追跡するつもりはありません。でも、自転車に興味を持つようになってから、こんな天体の動きも注目するようになりました。


0425_薄明のMM.JPG
▲4時25分;中央の木の上に宵の明星の金星が輝いています。2日の夜の西の空の木星も綺麗でした。
この時間を走るのは「痛み」さえ感じますが、都会ライダーの自衛手段かもしれません。

3日は、355分に出発します。
大型連休のこの時間ですから、国道1号は大型車両も半分ぐらいでしょうか? いつものように道路の左端を漕ぎます。この時間に漕ぎ出すことが最近当たり前で、自分でも少し「痛み」を感じるときがあります。 そこまですることはないような気がしますが、交通量を避けるためには、こうするしかない都会のライダー故の問題なのかもしれません。
大分県の駐在では、日が出てから、大分川
CR~佐伯市~佐賀関~大分の100km走っても、交通量がないので十分に楽しめました。 
セカンドライフに田舎で暮らすオプションを、一時期本気に考えていましたが、最近はそのオプションも考えることはなくなり、トイレや給湯器リフォームに、奥さんは投資するようになりました。

0550_ガラガラの環七.JPG
▲5時50分:いつも大渋滞の環七の20号とぶつかる前の3車線です。この道がここまで
空いているのは驚き、思わず撮影してしまいました。


一番混む、環七の20号と交差する部分は、広い3車線ですが、まだ5時台であり、殆ど車が走っていません。こんなに空いているのは、正月でもあり得ないことです。 途中休憩を挟んで環七を赤羽に進んでいきますが、途中上り坂・信号の多さで23km/h台に落ちますが、前回と全く同じタイミングで、豊玉ぐらいから車速がぐんぐん上がり、24.0km/h台に復帰します。 

赤羽で荒川CRに合流します。
河川敷なのか、予定通り緩やかに風が上流より吹いてきます。このくらいの風だったらツーリングで嫌と言うほど経験済みなので、下ハンを使えば何でもありません。 このまま熊谷までの70kmCRばかり走ることになるので、補給食と水分だけは準備しておき、休みもそこそこに出発します。

0643_荒川CR赤羽.JPG
▲6時43分:前回より1時間20分ほど早い。荒川CRの出発点は、あくまでも空は高く絶好のコンディション
です。このCRは今回走ってみて良いコースでした。
0645_CR戦闘開始.JPG
▲6時45分:熊谷へのスタートラインです。向かい風はありますが、我慢できない範囲では
ありませんので、気合入れて70kmのスタートです。

2-2.赤羽~熊谷(51km~120km)
距離 69.27km 時間 2時間50分 平均速度 24.3km/h 平均心拍 134 最高心拍 155

前回の東京湾一周は、文章をいっぱい書いてしまいましたので、今回のCRは写真中心にBLOGを進めることとします。

0719_順調な滑り出し.JPG
▲7時19分:荒川CRらしいショットです。30km/hは出せませんが、快調に走らせることができます。
秋ヶ瀬橋までは、車がすれ違うことがで出来るほど広い幅員です。

0719_第2休憩地点.JPG
▲前回と同じところで、2回目の休憩地点としました。ここで大福を補給。
やはりあんこ物は、脂質がないので、サイクリングにピッタリです。

前回のデジャブではありませんが、向かい風の動きが非常に気になります。秋ヶ瀬橋までは下ハンを中心に胸とペダリングしている大腿が干渉する位身を小さくして走行しますが、それでも30km/h台に入れようとすると、たちまち心拍が150に入ります。 ここは26~28km/h台で心拍140台を維持することにします。

0756_CR左岸.JPG
▲7時56分:羽根倉橋から少しCRは複雑になり、河川敷の道路ではありません。
コースのポイントだけYou Tubeの動画を見たり、他のライダーに先行してもらいました。

0801_青い空と水田.JPG
▲8時1分:荒川CRは農道の横も走ります。青い空が美しい。 その開放的な風景に撮影ばかりして、
ペースがなかなか上がりません。


荒川
CRの動画がYou Tubeで見ることができます。 今回これを事前にチェックできたのも大きかったです。熊谷までの70kmCRながら左岸~右岸~左岸を選び、また看板や表示も十分でないので、橋の名前と、分岐部が重要となります。それでも羽根倉橋の先で少し迷いましたが、他のローディーの後ろを走ることで、相変わらず吹いている弱い向かい風と付き合っているだけでOKでした。

0824_ホンダ航空前CR.JPG
▲8時24分:国道16号の入江橋から、CRの右岸に入ります。幅員が少し狭くなりますが、それども
多摩サイとは較にならないほど走りやすい。3~4月でしたら、菜の花がもっと綺麗だったでしょう。

0837_第3休憩地点.JPG
▲8時37分:ここで第3回の休憩とします。 CRばかり走っているので、コンビ二に飛び込むことは出来ません。
ボトルの残量と、自動販売機を気にしだします。ここは緑が深く、森林浴ができます。

0913_桜堤道.JPG
▲9時13分:有名なCRの桜堤道です。さぞかし4月の上旬の桜の季節は見事でしょう。
でも幅員が狭いので、桜の時期は自転車を押して進まなければならない。今は、
ローディーばかりが、高速で走っています。

0929_第4休憩地点.JPG
▲9時29分:吉見運動公園でアイスクリームを補給。ボトルの水ばかり飲んでいたので、甘いものは
全身に染み入るぐらいおいしかった。そろそろ足の売れ残りは減ってきました。ここまで来ると熊谷
まで20kmぐらいでしょうか?

1014_熊谷まで近い.JPG
▲10時14分:この看板を見るとツーリングが終了に近づいています。今度来るときは
冬に河口に向かって走るのも「あり」かもしれません。結構変化があり、楽しいルート
でした。

1014_荒川大橋手前.JPG
▲10時14分:向かい風がなくなり、南東の風に変わってきました。2時間半ぶりに
30km/h以上で走ることができましたが、もうすぐ熊谷の荒川大橋でCR終了です。


前回はあれだけ苦労した熊谷市が、遠くに見えてくるころ、そろそろ足が80%売れてきた感覚でしょうか、「海まで74km」の表示を見るとこのツーリングも終わりに近いことが分かります。
10時半に熊谷に到着。すぐ輪行の準備をします。11
時前の電車で横浜に帰れます。空腹なので駅前でプロテインとカレーパンを補給しておきます。

1030_熊谷駅到着.JPG
▲10時32分:熊谷駅に到着。今回高めの140拍近くキープで走っていたので、疲れていないと言えばウソに
なります。なんやかんや言って120kmのロングライドです。 


1056分の小田原行の湘南ラインは、かなりの混雑で、横浜駅までの1時間40分は立ちっぱなしでした。 横に若い女性連れがいたのですが、汗の臭いを振りまいていないか、少し気にしていました。 (こう考えると、やはり私はおっさんですね、向こうは全く気にしていないのに!)

横浜駅からの最後の
10km弱は、1時間半近くの立ちっぱなしのせいか、ぎこちないペダリングでした。 やっと、いつもの回転運動に戻ったのが、自宅前の最後のヒルクライムでした。 自宅に着いたのは13:30前でした。

このツーリングで、やっと自分のホームグランドに戻れます。
結局、このツーリングも、自分のハードルートの3,000kcalをギリギリ超えてしまいました。 来週は、少し軽めのルートを選ぶべきですが、1年で一番好きな季節です。神奈川西部の、むせ返るような新緑の中を走ってみたいと思っています。

 ・体重データ
体重=71.8kg, 体脂肪率=11.8%, BMI=20.5, 内脂肪=4%

・ツーリングデータ
距離=131.4km 時間=5hr25min、平均速度=24.2km/hEX=10.0, 消費カロリー=3,003kcal, 獲得標高=185m, 最大標高=79m, 最高速度=42.4km/h、平均心拍=131, 最大心拍=161, 平均ケイデンス=74rpm、最高ケイデンス=109rpm

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: