So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車によるダイエット(その70:相模湖~大垂水峠100kmツーリング) [ロードバイクロングライド]

1.ここ3ヶ月の体重の推移

体重は1日の中で1kgは上下するものですが、最近記録をチェックしていて気づいたことがあります。ここ3ヶ月でMAX体重を下記に纏めましょう。


 8
月:MAX 74.0kg826日(金)
 9月:MAX 73.2kg99日(金)
10月:MAX 71.6kg1019日(木)
11月:MAX 71.0kg (12日現在)

8月は震災復興の仕事が本格的に終わり、100kmツーリングに没頭したのが828日より皮切りに連続的に始めています。やはり数字は冷静で正確です。結果的に、ロングライド効果は、-1kg/月で達成しています。
確か前に書いたことがありますが、月-1kg落とすぐらいの緩やかで確実な減量が、最もリバウンドしにくいと何かの本で紹介していました。私も痩せてから2年以上経ちましたが、まだまだリバウンドは頭の片隅にあります。よって8月に74kgまで上がったときは、必死に自転車で埋め合わせしたと言っても過言でないと思います。

今日は、
100km走行後の体重は、下限リミットの70.0kgジャストでした。これ以下の体重減は、自転車活動は止めなければなりません。体重を上げるためにはINPUTを厚くすればいいのですが、小さくなった胃では限度があります。OUTPUT代表の自転車で調整すればいいのですが、走る以上最近は70~80kmの走行距離ではカラダと心が満足しなくなりました。
おそらく(その68)で書いたタイムトライアルのようなママゴトは、気持ちのリフレッシュで企画するのは良いのですが、やっぱり満足しないでしょう。体重のデーターと自転車の距離のバランスをとる今の状況を考えると、ある意味贅沢な状況かもしれません。

2.久しぶりの100kmツーリング

1112日・13日の土日は連続晴れの天気ですが、土日が連続費て晴れるのは5週間ぶりのようです。土曜日は週初めでは降雨確率70%でしたので、日曜日に70~80kmでお茶をにごすことで考えていました。でも金曜日に土曜日は晴れると聞いて迷いました。結果的に(その66)で空気圧不足と渋滞で断念した大垂水峠越えを計画します。

大垂水峠頂上付近.JPG
大垂水の看板です。25年前と峠の雰囲気は同じです。冷静にかつ、がんばって登ったら、
あっという間に380m稼ぎました。大分耶麻渓サイクリングロード入口の大石峠は確か
400mでした。この時はクロスバイクで苦労しました。

 

津久井湖~相模湖~大垂水~高尾の40kmは走ったことがないことと、バイク時代によく通っていた国道20号を自転車で走る期待がありました。

大垂水峠はおそらく
40代の方なら知っていると思いますが、当時ローリング族と言われ、タイトコーナーをバイクで攻めるブームが起き、大きな社会問題となっていました。私も当時バイク乗りでしたが、警察試験場の中型2輪の限定解除ですぐ買った、スズキの古い空冷4気筒で、前輪は化石時代の19インチ、リアは16インチを採用し、1980年基本設計で、峠をガンガン攻めるなど考えもしなかったのですが、国道20号を大月経由で柳沢峠に行くルートは大好きでした。あれから、すでに四半世紀が過ぎました。あれから峠はどう変わったのか見てみたいものです。

 

20111112_大垂水越えルート.JPG
今回のルート。まんなかのピークが大垂水峠です。ピークが前半に来ていないことと、果てしない16号の
渋滞で平均速度は上がりませんでした。
紅葉.JPG
津久井湖の紅葉です。だいぶ色づいていました。青い空とのシルエットが綺麗です、

 

3.ツーリング手記

(その68)ではダンシングを多用し、平均速度を上げましたが今回は封印です。やはり100kmを2週間ぶりに走るので緊張感があります。秋の朝は寒くて夏のような5時台の早起きはつらくて、7時まで寝ていました。食事と愛犬の散歩を終わらせて、着替えと空気入れの作業をやって出発、城山ダムには10:30に着きましたが、いつもの気持の良いお気に入りのベンチで休憩するわけには行かず、そのまま相模湖に向かいます。出発が1時間遅かったことと快晴なので、413号線は行楽客で渋滞しています。今回のルートは、おそらく渋滞が70%~80%は覚悟のルートです。特に国道16号を60km近く往復するのはキツイところです。

相模湖に向かう国道412号の渋滞は消えてきました。やっと何時ものペースに戻りたいところですが、細かいアップダウンがありインナーギヤのまま黙々と耐えます。
途中、水分の補給でコンビニに寄ります。お金を払う時に、気のよさそうな女性店員に、身長と体重を聞かれました。「スリムなので羨ましい・・・」と言われましたが、近所や会社以外の異性に、こんな「ほめ言葉」をもらったのは、おそらくテブだった人生で初めてでしょう。走行中も妙に引きずりました。

国道413号線.JPG
相模湖で撮影。抜けるような青空と静かな湖面です。ここは宮ヶ瀬と違ってローディーも少なくユックリ出来ました。

相模湖休憩場所_1.JPG
相模湖の休憩地で撮影しました。山の深さと津久井湖とは違う湖のスケールに感心しました。
昔バイクで何回か来ていますが、まったく自転車での印象は違います。自宅から50kmは過ぎていました。
 

今回のツーリングはパワーバー#1/#2を持って来ましたが、相模湖で#2を補給しました。#1は運動する前が良いのですが、今回は渋滞と休憩飛ばしがあったので、このような補給となりました。相模湖休憩所では長めに休みましたが、昼食は飛ばしました。高低差380mの大垂水を早く越えたかったのです。

さすがに峠は400m弱の標高ですから、今まで横浜で登った中では最高標高でしょう。たしか大分のクロスバイクでの走行記録で、標高580mの城島高原の峠が最高でした。まだロードバイクに乗り換えてもこの記録を破っていないのです。この高さを破るのは知っている限り、近くではヤビツ峠しかありませんが、やはり長い幹線のアプローチが必要です。
大分では20kmのアプローチでアップヒルに入れます。横浜でこれはできません。この差は大きいです。

 国道20号に入ると、昔と全く雰囲気は変わっていません。ただし明確なのは、「土曜日・日曜日・祭日の昼間は125cc以上進入禁止」(125cc以下ではなく・・・)の看板があり、センターラインの断続的なポールと、例の凸凹舗装塗装がきっちり施工されておりました。

さすがにバイクで走っている人は皆無です。かわりにローディーが幅を拡げています。私が見た限り、20人はいたかと思います。大垂水峠はこのような制裁措置で元の静かな道を取り戻したものの、今問題となっている、大井埠頭と多摩尾根ルートの自転車族による行動と、1980年代に社会問題となったローリング族のメンタリティーは紙一重な気がします。多摩サイでも議論されておりますが、このような進入禁止ルールを決定させる行動では、自転車に本当の市民権は来ないかと思います。本当に悲しい事です。

大垂水の
392mは、ケイデンス80~90回転であっさり陥落です。それでも2~3台のローディーには抜かれました。おそらく練習でしょうか? 途中、彼はまた頂上でU-ターンし高速で下りていました。また登るのでしょう・・・・。事故だけは起こさないようにして下さい。 

大垂水峠からの下りは、路面とカーブもよく高速で降りることができます。よくロードバイクは下りのコーナー取りやブレーキングで記事になっていますが、私はバイクに乗っていたので、このスキルだけは貯金できていたかと思います。
しかしながら、バイクのフレームと自転車のフレームの剛性は全く違います。スポーツ自転車は軽量化が命なので、エンジンを載せているバイクと比べ、すこしフニャフニャの印象です。やはり自転車では、まだ下りでの高速滑降の恐怖感が拭えません。恐怖感を感じたら、スピードを制限するしか有りません。

高尾より町田街道を経て、またもや信号だらけの車で山盛りな国道16号を、自宅まで40km走ります。でもこの日は、幸い向かい風がなかったので苦しめられることなく、予定通り町田につきます。疲れとバテは95kmぐらいまでは皆無でしたが、残り7kmの二俣川を過ぎたあたりから、疲労が突然襲ってきました。焦ってコンビニでオニギリを詰め込みましたが、時遅しです。
最後の詰めはダンシングもせずに、ケイデンスを70~80回転キープして、無事自宅に到着しました。来週は仕事で自転車に乗れませんが、勤労感謝の日は晴れ渡り、紅葉の宮ヶ瀬ダム(その4)を報告できるといいですね。

相模湖休憩場所.JPG
相模湖~大垂水は幹線往復で無味乾燥なツーリングでしたが、なんといっても
綺麗な青空が印象に残るツーリングにしてくれました。

 

・体データー
体重70.0kg, 体脂肪11.9%, BMI 20.00、内脂肪4%

・ツーリングデータ
距離=102.5km 時間=4時間25分、平均速度=23.1km/hEX=10.0、消費カロリー=3.091kCal,
獲得標高=800m, 最大標高差=385m 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

大内英春

はじめまして。茨城県ひたちなか市在住の自転車愛好家です、ブログにあった茨城駐在時の走行記録拝見しました。私も天気と仕事が許す限り、日の出とともに家を出てひたち海浜公園外周道路を走行しています。
 小生自転車歴25年ほどの57歳です。今後も走行ブログ拝見させていただきます。
 大内英春
by 大内英春 (2011-11-18 11:02) 

komatsu_yoshiki

大内さま

コメントありがとうございます。また誤字だらけのBLOGを読んで頂き本当にありがとうございます。
もう茨城の駐在は終わってしまいましたが、ひたちなか海浜公園にはウオーキングとサイクリングで何回か行きましたが、道がよく最高のツーリングルートです。BLOGにも書きましたが、那珂川サイクリングロードをゆったり余裕を持って走れたのが最高の思い出です。これからもツーリングもBLOGも冷静に余裕を持ってパワーアップしたいと思います。これからもよろしくお願いします。
by komatsu_yoshiki (2011-11-18 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。