So-net無料ブログ作成

自転車によるダイエット(その30(初めてロードバイクに跨った日)) [ロードバイク街乗り]

311日に未曽有の災害が起きました。被災された方、また心痛を思うと、BLOGをノンビリ書いていること自体おかしく、ロードバイクは手に入りましたが、少し間を開けて投稿しました。お赦しください。 

2月も終わり3月になっても、季節外れの冬型天気で、朝は底冷えし自転車ロングライドにも食指が出ません。また何故か、いつもと同じ感覚で漕いでいても平均速度が20km/hを割る走行が続き、(理由=「寒いから?」、「サボっているから?」、わかりません?)余り身が入らない中途半端な状態です。体重も毎日測って記録しているせいか、概略誤差範囲に収まってくれていますが、早くロードバイクに乗ってみたい・・・気持ちが強いのが事実です。
ロードバイクの準備については(その29)に書きましたが、サイクルコンピューターだけは1年の記録が詰まっており、ロードバイクにも転用しようかと計画していましたが、今のサイコンは平均速度指示がないこと、また消費カロリーも倍半分違って出る(注意)こと、またケイデンス(ペダル回転数)によるデーターが欲しくなったことが理由で、もったいないですが新規に購入です。今まで使っていたサイコンはたしかに便利ですが、平均速度が出ないので、走行距離と走行時間を頻繁に切り替えて走行中も注視するので、やはり乗車中の、「安全」をとって平均速度が出力するものを選びました。バイクに多額の投資をしている理由で、安価であることは無論、応答速度が早くデーター精度が確実な有線を選びました。NETではケイデンスを一定にする走りを目指せば、自転車への取り組みが変わる・・・・という言葉も印象的でした。結局ネット通販では3000円強で手に入れることができました。

((注意)大分駐在のBLOGで書きましたが、厚労省計算法をベースに自前のEXCELで集計しましたが、キョリ測サイトとほぼ同じような消費カロリーでした。)

3月13日にFELT F85の納車でした。納車したら長く試走してみたいので、できるだけ早く、開店直後に行きました。無論、長距離でないとはいえ尻痛に悩まされる可能性が強く、パッド付き下着で行きました。
ひと通りの説明を店員に受け、支払いを終えロック・ライト・サイコン等の必要な装具を取り付けました。

F85はある意味、無骨で舗装された道路を如何に速く走るか特化した自転車です。そういう意味で、無駄なものが何もなく、表現が悪いのですが、「自転車の範疇」には違い有りませんが効率を極限まで高めた自転車の衣を着た別のノリモノと言う言葉がピッタリ合います。初めて跨ったときハンドルが遠く、「えらいものを買っちまった・・・・」という印象です。13日は、快晴で3月の天候で気持ちの良いやわらかい空気です。早速走り出しました・・・・・いやーびっくりしました。車体はあくまでも軽く(カタログでは9kg切っています。)、漕いだ分だけそのままガツンと前にダイレクトに進む印象が強いと感じました。しかしながら、取り付けたサイコンがまったく表示しないので、再度停車し、サイコンの取説をよく読んでみましたが、センサーの取り付け位置が悪く、少し修正しまし、ケイデンスも速度計も両方きちんと動きました。納車で興奮し取説詳細を読み飛ばしていたのですね・・・・。


納車直後です.JPG 
ランドマークで納車直後のF85の写真です。サドル下部のサイクルロックのゴムバンドが初々しいです。

しかしながら、自転車車体は相当に硬く、タイヤは23mmの高圧チューブで、路面から伝わる振動はダイレクト、こりゃ慣れるまでそれ相当の期間がかかりそうですが、楽しみで買ったわけなので時間の縛りはなく、ゆっくりと慣らす事としましょう。
ダイエットに関しては、「大人のサイクリングビギナー」という本では、平均速度20km/hでは消費は140kCalで、平均速度30km/hでは消費240kCalです。クロスバイクのFertileではやっと20km/hに手が届きますので、おそらくロードバイクのF85では楽勝な数値であり、楽に消費カロリーを稼げるツールにはなります。ただしダイエットという目的で考えた場合、何回か書きましたが、「昼寝」していては達成できません。やはりカラダに負荷をかけるのが当たり前です。ロードバイクで楽してはその趣旨に反します。よって、同じ時間で遠くまで走ることに主眼を置き、40kmまではFertile、それ以上はF85に乗ることにします。ケイデンスは80rpm~90rpmで一定しています。クロスバイクでは70rpm80rpmが普通だと聞いていましたので、少し嬉しかったです。

山下公園.JPG 
写真を撮りたくて山下公園で撮影。正直かっこいいと思います。(まるで、ガキですね)

早々お店を出て、いつものトレーニングルートを金沢八景島に向かいます。漕いだ分だけどんどんダイレクトに車速に繋がる印象で、巡航速度はFertile24~25km/hのところ32~34km/hは当たり前で走行します。総じてクロスバイクとは同じ漕いだ感覚ですが7~8km/h程違います。この違いは大きく、平均速度は20km/hを楽に越せそうです。また、体感してみて、30km/hの速度域では向かい風がより強くなります。(確か、向かい風の荷重は速度の2乗に比例します。)このときフラットバーでは「耐える」しかありませんが、ドロップハンドルの下を握り前傾を強くします。このとき向かい風の負荷は落ち、カラダへの負担が少なくなります。ドロップハンドルは本当に理にかなった構造であり、車体はスチールからアルミやカーボンに代わっても、ドロップハンドルは100年以上継承していることが納得いきます。

13日は、さすがに八景島は休園です。人もまばらでした・・・
金沢八景島.JPG

 でも今まで経験していなかった前傾姿勢で使ったことのない筋肉(膝の上でしょうか)が悲鳴を上げ、途中コンビニ休憩した時、ガクガクでまともに歩けなかったです。また写真のようにサドルが細長く、懸念されていた尻痛が30kmを過ぎてから来ました。尻痛は想定内ですが、筋肉痛は時間をかけるしか有りませんね。この時クロスバイクの過去は捨てることになりそうと感じました。まあ、秋ぐらいには100kmツーリングを計画します。ジックリやりましょう。


問題のサドルです.JPG

サドルは細長い構造です。しばらくPAD付きパンツが必須です。

来週は3連休です。少し走ってみましょう。どこに行ってみるか考えてみましょう。

カラダデーター:体重=71.6kg, 体脂肪率=12.0%, BMI=12.1,内脂肪率=4%,
FELT初ツーリング:距離=42.3km 乗車時間=1時間50分、平均時速=23km/h
                        最高速=41.1km/h、ケイデンス=80~90rpm、消費カロリー=1105kcal


コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。